Hatena::ブログ(Diary)

アラッポ・カーロの備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-11-13(日) はれ

アオイホノオ 6,7

主人公まさに同じ年代で同じ時間を共有しているマンガの6巻と7巻です。空間だけが大阪と郊外と東京郊外という違いがありますが。ストーリーの方はあいかわらず恥ずかしくも熱いお年頃な主人公「焔燃」君もあいかわらず。ほんとこんな青春期なんですよね。また、同じ時代、同じ興味を持っていた主人公ですが、さすが漫画家を目指している主人公の観点は当時ただのマンガ&アニメファンである私とは違って面白いですね。当時からマンガ評論的なもの好きで読んではいましたが、この漫画視点はまさに自分がその世界に進んでゆこうとしているゆえの、先行してデビューしている新人漫画家に対する「やられた」感がなるほどと思いました。

自分などは、似たうような視点でも当時「凄いよね」とか「よくてきてる」や「よくこのパロディやってくれた」ていどの感想の部分に「やられた」的なみかたでみなさん凄ものを生み出していたのですね。(まあ、自分も将来に向けて勉強していたけど、ここまでのことは無かったですね。)

例によって、ガイナックス関連のお話も満載なのです。当時、リアルタイムで彼らの存在はSFファンの中では有名でしたが、意外と細かいところとか知らなかったりなので、単純にそうだったのか的な楽しみもあります。今回7巻にて、岡田斗司夫氏登場となりましたが、さすが登場から凄いキャラですね。実家がどのような商売で大儲けしてボンボンであったとか初めて知りました。

さて、今回の巻での懐かし出来事を少し取り上げましょう。(今回は私の琴線ふれる出来事はすくなかったかもです。この6,7巻時期は、音楽的大きく揺れていたかもです。この漫画では触れられていませんが、ジョン・レノン暗殺やロンバケ発売時期ですからね)

1980年主な出来事

漫才ブーム

◯王選手引退

◯警視庁新庁舎となる

◯「Dr.スランプ」連載開始

◯金属バット事件

この他本編ではモスクワオリンピック不参加や山口百恵引退が上げられていますが、ジョン・レノン暗殺と三平師匠が亡くなったことは入れて欲しかったですね。この辺がそれぞれの想いで微妙に違うのですね。公開アニメ作品の説明が充実していたのはこの作品上あたりまえですが。でも劇場で観たのって「地球へ」だけだったです。

大友克洋作品

童夢でブレイクする直前の大友作品に関して触れられているわけですが、もう少しまえに話題になっていたような記憶があるのですけど、ちょっとあやふやです。やはり、今までのマンガ流れからするとかなり特別な存在であることが伺えますね。当時作品ほぼリアルタイムで読んでましたが、多分理解しきれていなかったような気がします。今読み返すと、あの頃のマンガで取り扱っているネタに改めて反応できることありそうです。ガレージから発掘してこようかな(でも、書斎がいっぱいでこれ以上書籍はもちこめないのです)。

原秀則

じつは当時から全く未チェックな作家さんでした。ラブコメは大好きで、この本でも度々でてくる、あだち充高橋留美子作品は当時から大好きだったのですけどね。そして当時、わたしは主人公よりも少女漫画を読んでいました。この本にも書いてありましたが、当時少女漫画と少年漫画を並列的に読んでいるマンガファンはけっこういたと思います。高校の同級生レベルで、アニメやマンガのオタでないレベルの男子でも、「伊賀のカバ丸」や「いらかの波」と読んでましたよ。


アオイホノオ 6 (ゲッサン少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
発売元: 小学館
価格: ¥ 560
発売日: 2011/06/10
発売日: 2011/06/10

アオイホノオ 7 (ゲッサン少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
発売元: 小学館
価格: ¥ 560
発売日: 2011/11/11
発売日: 2011/11/11

2011-09-12(月) はれ 中秋の名月

POLKA DOTS AND MOONBEAMS いろいろ

本日は中秋の名月ということで、関東ではお月様もよく見ることがでしました(ちょっと霞がかってるけどね)。Blip上でも月にちなんだ曲のオンパレード。ルナティックな気分で月に酔いしれたと言うかんじです。心なしか、体調にも異変が(というのは大げさですが)。

そこで、かねてより収集していた、「POLKA DOTS AND MOONBEAMS」のリストを公開いたしましょう。まだ収集は途中段階ではありますが。この曲大好きなので、以前にも書いているかと思って検索してみましたがありませんでした。一部TweetやBlipしていただけのようです。

この曲、じつはナイアガラからの旅の果てで知った曲なのでした。ジャズボーカル曲としては当然スタンダードな曲ですが、私が知ったのはなぜかナイアガラからだったのですね。

  • FUN×4 大瀧 詠一
    この曲からの過去へ探訪のはじまり、たのしいですよ。楽しい曲ですよね。ボーイミーツガールもののワクワク感。随所に隠されたナイアガラな隠し味。その中のひとつがこ「POLKA DOTS AND MOONBEAMS」と言う曲です。メインテーマはこの曲でしょう。
    D

  • Polka Dots & Moonbeams - Johnny Desmond & Ray McKinley GM Orchestra
    作詞:Johnny Burke 、作曲:Music by James(Jimmy) Van Heusen。
    D
  • Frank Sinatra - Polka Dots And Moonbeams -
    やはり一番売れたのはシナトラ版らしいです。
    D

歌詞はこんな感じです。やっぱりFUN×4 の世界ですよね。

A country dance was being held in a garden

I felt a bump and heard an "Oh, beg your pardon"

Suddenly I saw polka dots and moonbeams

All around a pug-nosed dream

The music started and was I the perplexed one

I held my breath and said "May I have the next one?"

In my frightened arms, polka dots and moonbeams

Sparkled on a pug-nosed dream

There were questions in the eyes of other dancers

As we floated over the floor

There were questions but my heart knew all the answers

And perhaps a few things more

Now in a cottage built of lilacs and laughter

I know the meaning of the words "Ever after"

And I'll always see polka dots and moonbeams

When I kiss the pug-nosed dream

この手のテーマ大滝さんの曲に多いような気がしますが、まあ、普通は私も含めて、みんなダンスパーティでモテないよね。でもそんな世界が素敵です。月夜のダンスパーティですね。"May I have the next one?"は「散歩しない?」に連動してるんか。水玉ドレスに月光はイメージだけど、パグ鼻ってなんだろう(笑)。

  • Paul Peterson "Polka Dots and Moonbeams"
    ナイアガラ的にはこの辺が原点なのでしょうね。ジャズのスタンダートも完全にバブルガムポップになってますね。改めてこのバーションすごくいい感じです。
    D
  • Polka Dots And Moonbeams - The Bill Evans Trio
    ジャズアレンジ王道。やはり、メロディーが秀逸なんでしょうね。
    D

このほかにも素晴らし曲がたくさんです。以前より少しずつ集めていつかはネタにと思っていたのですが、ムーンビームスの今夜、書くことに致しました。まだまだ、探索の途中なのでまたなにか面白い発見ありましたら付け加えたいと思います。

Polka Dots And Moonbeams List

(また埋込み方忘れちゃった、出来るはずなんだけどね)

2011-08-22(月) あめのちくもり

スピーチバルーン

ナイアガラです(笑)。1981年「ロングバケーション」発売当時大学1年生でした、前年色々なことがあり、かなり内向的な学生生活をを過ごしていた私が、かなり聴きこんだアルバムが「ロングバケーション」であたわけですが、当時なぜか、寝ていたときに観た夢日記のような物を書いていた時期があり、そのノートのあるページに「スピーチバルーン」の歌詞をマンガにしたメモを書いた記憶があります。そのノート完全に抹殺したのですが今にして思うと保存しておいても面白かったかもです。当時から絵も文章も得意でない理系学生がそんなことをやっているのは、かなり、中二病的な学生ですね。ノートを抹殺してしまったのでうろ覚えなのですが、「スピーチバルーン」のこと描いたなというのは記憶に残っています。

まあ、松本隆さんの歌詞はもともとビジュアルなのでその印象が強かったのでしょう。かいた絵は当然船と埠頭の車です(笑)。

という、ナイアガラな初期衝動を思い起こした日でした。年代的にはロンバケ以前のナイアガラをもっとよく知っていても良い世代なのですが、70年代ナイアガラはCMスペシャルとナイアガラ音頭を断片的に知る程度でした。もっと早く目覚めてればよかったと思ってます(そういうのが多いのです)。私が、ナイアガラのそれもノベルティタイプでないものを素直に取り上げることは少ないのですが、きょうはそんな事を思い出したのでこの曲を。真面目な曲はなんか照れくさいですね。

  • スピーチバルーン
    ロンバケ以前にもこの基本アイディアは出来上がっていたわけですが、オリジナルメロディは故郷岩手の海岸で浮かんだそうです。このメロディは1968年大瀧さん自身初のオリジナルメロディと言われています。このメロディはファーストアルバム用に録音されたこともあったりといろいろと本来収まるべきところをさまよっていたメロディなのですね。
    D
  • スラップスティック / デッキ・チェア
    作詞:森雪之丞、作曲:大瀧詠一、編曲:飛澤宏元。ロンバケ以前に大瀧さんが提供した曲。この手の自作再構成パターンが多いのです。松本ワールドになる前に既にトロピカル路線な歌詞なのですね。考えてみれば、アニメファンとナイアガラの接点でもあったのですね。(私自身声優さんには興味ありませんでしたが)
    D


  • Peter Paul & Mary - Puff the Magic Dragon
    元ネタのひとつであるとされます。(ナイアガラにとって元ネタをあげることの意味はあまりないのですけどね)シンプルなメロディがストレート心にしみるの良さが同じですね。
    D
  • Bread / If
    サウンド面でのひとつの要素ですね。このアレンジいいですね。Bread というバンドもソフトロックなバンドとして注目です。
    D
  • IF / bread&butter
    IFといえば、同じブレッドである、ブレッド&バターのカヴァーも透明感合ってすてきですね。
    D



スラップスティック CD-BOX (初回限定生産盤DVD付)
アーチスト: スラップスティック
発売元: ポニーキャニオン
発売日: 2006/03/15
売上ランキング: 299684

2011-04-20(水) はれ

つべから一掴み - ゴメンネ I LOVE YOU / 高田 瞳

本日、長男用のPC(彼が自分の小遣いで購入)が発注していたドスブイパラダイスより届きました。彼はけっこうPCに詳しいので勝手に自分で設定するだろうと思ってたら、さすがに普段やらないOSのインストール作業は自信がないらしく、私が帰ってくるまで待っていたようでした。自分のPCにだから全部自分にやらせようと思いましたが、見ているだけでは危なっかしかったので結局手伝ってしまいました。ショップブランドのOSなしモデルだったので、なんとかOSとデバイスドライバ周りの設定を終えたのであとは自分で設定出来ることでしょう。久しぶりの親子のでの会話楽しませていただきました。

そこで(かなり強引な展開ですが)親子歌手しかもややマイナーといえば、忘れていたオールディーズ歌謡の名曲を歌っていた、高田瞳さんでしょう。お姉さまは高田美和さん、そしてお父上はあの高田浩吉さんです。彼女のオールディーズ歌謡の名曲がリリースされた時期同じくしてタモリのオールナイトニッポンにおいて「思想のない歌」で父上の「白鷺三味線」が大ブレイク中でした。

鈴木・微熱少年・茂さんアレンジが素晴らしい。ボーカルはお父様とはやや違い危うい感じがまた良いです。イントロアレンジや間奏のサックスがいかにもといった感じ。

  • ゴメンネ I LOVE YOU / 高田 瞳
    作詞:岡田冨美子、作編曲;鈴木茂。
    D
  • 白鷺三味線 / 高田浩吉
    作詞:西条八十、作曲;上原げんと。タモリさんの「思想のない歌」にはかなり影響受けました。
    D

2011-03-31(木) はれ

西城秀樹 「ポップンガール・ヒデキ」

私がナイアガラーを失格な理由。そう、そうれは、このアルバムを持っていないからです。CD再発もされていないこのアルバム。ハッキリ言って欲しいです。このアルバムが発売された81年当時既に大瀧師匠大好きでしたが、このアルバムまでは未チェックでした。その後数年後この存在を知ったのですが中古レコまで探すこともなく現在にいたってます。今となってはぜひ揃えたい1曲ですね。

新御三家のなかでは、イマイチ惹かれることの無かった秀樹なのですが、このところ再評価中なのであります。一番のきかっけはレコ部でかかったこの曲。レコ部はめでたく1周年を迎えた分けですが、私が最初にレコ部を聴いた2010年04月17日の配信でかかったのを覚えていす。

  • 眠れぬ夜
    作詞・作曲:小田和正 編曲:船山基紀。
    D

ご存知、オフコースのヒット曲です。当時私はオフコース的な物が大嫌いでしたのでほとんど聞いていなかったのですが、さすがにこのヒット曲はいやでもラジオで耳にしていました。その秀樹バージョンですが、正直オフコースより好きです。

前ふりこの程度にしましてのこの曲はタイトルの「ポップンガール・ヒデキ」のLP欲しいメモえす。一言、作家陣がすごい。私が非常に濃く影響を受けたお二人の方の名前を見ることが出来ます。お二人とも実はシンプルなロックンロールが非常に得意な作家ですよね。そんな楽しいポップンロールなアルバムなのでしょうね。大瀧&近田作品といえば、これより数年前に発売された「スラップスティック」関係のアルバムがありますがこちらはこの「スラップスティック CD-BOX」によってやっと入手できました。また、横浜銀蝿もポップなロックンロールは得意ですし聴いてみたいです。

SIDE A

  • サマーナイト・レディー
    作詞:竜真知子 作曲・編曲:水谷公生。シングル『セクシーガール』B面収録曲
  • ミッドナイト・ストリート
    作詞・作曲:横浜銀蠅 編曲:若草恵。
  • リトルガール
    作詞:竜真知子 作曲・編曲:水谷公生
    アルバム全体がこのようなオールディー風なコンセプトなのでしょうね。ポップンロールシリーズはこのガールシリーズでもあります。 D
  • アメイジング・ガール
    作詞・作曲:近田春夫 編曲:大谷和夫
  • スウィート・ソウル・アクション
    作詞・作曲:近田春夫 編曲:大谷和夫

SIDE B

  • スポーツ・ガール
    作詞:松本隆 作曲:大滝詠一 編曲:鈴木茂
  • ロンサム・シティー
    作詞:松本隆 作曲:大滝詠一 編曲:鈴木茂。
    アレンジの茂さんいいですね。
    D
  • 夏の妹
    作詞:康珍化 作曲:和泉常寛 編曲:大谷和夫
  • POP'N ROLL SPRING
    作詞:伊達歩 作曲:鹿島豪也 編曲:佐藤準。シングル『リトルガール』B面収録曲
  • サマー・ガール
    作詞:竜真知子 作曲:水谷公生 編曲:船山基紀
ポップンガール・ヒデキ

ポップンガール・ヒデキを検索していたら、むぎ茶さまがずいぶん前に特集されていたではありませんか、さすがです。たしかその時もこのアルバム欲しいとかコメントしたような気がするのですが、未だにもっておりません。昨日にひきつづきネタがかぶってしまいました。

むぎ茶の昭和懐メロ&CMソング大特集:西条秀樹 ロンサム・シティー/ リトル・ガール ポップン・ガール(アルバム)

おまけ:

ポップンガール・ヒデキ検定』などは、いかかでしょうか?