Hatena::ブログ(Diary)

アラッポ・カーロの備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-05-04(金) くもり

オキナワへ帰ろう

やっぱり弥生ではなく縄文系の血をひくアラッポとしては、沖縄行きたいです。自分のルーツ探しとかしてみたりで、専門家ではないけどなんとなくでいろいろ調べたことがありました。自分姓と同じ地名が九州と東北に発見したり。自分の身体的特色が色黒で毛深い(くまですからね)とか。さまざま要因から自分は弥生人でなく縄文人であると勝手に思っています。そんなわけで、まだ数回しか行ったことのない沖縄ですがいつもそこに帰りたいような気持です。

なぜ、沖縄気分かというと、またまた「村上ソングズ」を読みかえして、またまた、ライ・クーダーが気になりなのでした。このひと、本格的聴き込んでいないのになぜかいつも気になりなので、こんど本格的聴きこみたいです。

前回はそのつながり&最近のマイブームであるジャズとの関係なお話でした。『ライ・クーダー「JAZZ」

今回は、その沖縄そのものです。

  • Going back to Okinawa / Ry Cooder
    いろんなタイプの音楽をやっていてやや器用貧乏なイメージあるような
    D
  • Ry Cooder Going Back To Okinawa
    喜納昌吉とチャンプルースといっしょのライブだけあって沖縄成分が増加している。
    D
  • Shoukichi Kina and Ry Cooder - Haisai Ojisan
    やっぱこの曲凄いな。自分の10代から20代へかけてのルーツのなかに確実この辺の沖縄成分あるよね
    D

やっぱり先日のNHK-FMの沖縄三昧もっとちゃんと聞けばよかったです。「お富さん」に代表するような歌謡曲における沖縄音楽の影響とかもっとまとめたいですね。このテーマかなり深いものがあるのです。

  • オキナワへ帰ろう
    じつはライ・クーダーよりもこちらが先に聴いていたりするのです。
    D
  • Jackson 5 - I'm going back to indiana
    もっとも「オキナワへ帰ろう」はこの曲のカヴァーですけどね。さすが日本のジャクソン5ですね。
    D

こうして、和洋が(あくまでも聴く側のなかでですが)循環しているのですね。面白いですね。



Get rhythm (1987) / Vinyl record [Vinyl-LP]
アーチスト: Ry Cooder
発売元: Import
発売日: 2000/01/01
売上ランキング: 209114


FINGER5 COMPLETE CD BOX
アーチスト: フィンガー5
発売元: SOLID RECORDS
発売日: 2007/08/25
売上ランキング: 234249

2011-10-03(月) はれ

つべからひとつかみ - MIWAKO SAITO + HYSTERICS - 恋のダイヤル 6700

かつて、タンゴ・ヨーロッパなるガールズバンドが存在しました。『笑ってる場合ですよ!』とかにも出演している人気バンドでした。そのメンバーである斉藤美和子さんのソロ時代がまた、大好きでありまして。そのころの代表作ともいうべき「恋のダイヤル 6700」です。もともと、フィンガー5のオリジナルから好きでしたので、かなりハマりました。

  • MIWAKO SAITO + HYSTERICS - 恋のダイヤル 6700
    アレンジといい、英語でバージョンで歌っているのカッコイイです。当時、この曲何度聴いたことでしょう。ゲストボーカルのD-DAYの川喜多美子さんとのかけあいもカッコイイです。カラオケで、フィンガー5版の「恋のダイヤル 6700」を選択し、この英語歌詞バージョンで歌ったりしたものでした。当時、インディーズの12インチシングル盤でしたが、89年にはベスト盤CD「タイムミシン」にも収録されています。この曲は音源持っているとはいえ、この動画のアップ主の「kool5」さんには毎度感謝です。
    D

このバージョンがベストなのですが、オリジナルといくつかのカヴァーも上げておきましょう。

  • 恋のダイヤル6700 フィンガー5
    いやいや、オリジナルのグルーヴも最高ですね。実際、この歌リアル小学校卒業の頃とリンクしておりまして、卒業の予餞会でクラスメートが歌っていました。また、小6にしては子供だったと思うのですけど、6700へいたずら電話などしてしまいました。当時、この電話番号の家は大変だったでしょうね。
    D

  • Dream5 / 恋のダイヤル6700
    一番最近のカヴァーとなるのでしょうか、NHKの番組「天才てれびくん」からの音楽ユニットらしいけど、放送では観たことがありません。うちの子達はこの番組けっこう観ていたようですが、子供が歌うという点では正しいカヴァーですね。音がエイベックスでメチャ新しいけど、今の子にも受けるのでしょうかね。
    D
  • SS - 恋のダイヤル6700 (cover / 1979)
    みんなカヴァーしたくなる曲なんですね、確かに、80年前後この手のアレンジするバンド多かったかもですね。電撃的東京などの影響もあるのかな。私とほぼ同年代のハードコアパンクバンド、関西系はINUアーント・サリー以外はあまり知りませんでしたけど、ありましね、こういうの。
    D


  • Dailymotion Hirata Yuka Koi no dial 6700 a Music video
    このへんになると完全に把握しきれていませんが、アイドル物にはこのノリが似合いますね。
    D
  • [JAPAN PART] 2nd Single - Koi no dial 6700
    詳細不明だけどK-POPアイドルによるカタコトなのか。
    D