Hatena::ブログ(Diary)

アラッポ・カーロの備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-06-30(月)

ロームミュージックファンデーション SPレコード復刻CD集

以前にスピーチしたように、昔から持っているアナログのレコードに加えて当時買えなかったレコードを少しずつ収集しています。その興味の延長でSP盤の音源などにも興味が湧いてきています。自分では再生するプレーヤーもないためアナログでは新たに購入することが更に難しいSP盤です。ここでアナログレコードさえ知らない最近の方のためにSP盤について簡単に説明すると、いわゆるCDより以前に発売されていたアナログレコードより以前(1950年代以前)にレコード主流であったものです。回転数が78回転のレコードです、素材も非常に割れやすいものが利用されており現在では中古市場でもかなりの好事家に対象となっております。そんなSP盤の貴重な音源を復刻してCD集として発売されているものを図書館で借りてきました。1セットでCD6枚組みであり1万円近くするので一般のひとは手軽に手を出せないような商品です。一番の目的はジャズのヴィブラフォン奏者であり作曲家としても大好きなの平岡精二さん伯父にあたる世界的木琴奏者の平岡養一さんが戦前にアメリカにてレコーディングされた音源でした。他にも与謝野晶子自身による源氏物語の朗読であるとか興味深い音源満載です。

このような資料的価値の高い音源を図書館で扱ってくれるのは文化的にも非常に意味があることですね。こういった貴重な音源を聴くだけであれば、国会図書館にゆけばある程度視聴はできるのですが、ダビングなどは基本的にNGなので近所でなければ手軽に通えないですよね。

そこで、このようなCD集の存在は大変貴重であると思います。最近ではCDは全く売れなく4桁いけば大ヒットという現状ではこのようなセットはおそらく数千セット悪くすれば百セット程度の売上であると想像できます。

なので、このCD集を企画発売しているのは一般企業でなく公益財団法人ロームミュージックファンデーションという、公益財団法人だったのですね、ここはこういった音源の発売だけでなく、音楽活動に対する助成金奨学金制度の活動もおこなっています。

ロームと言うと半導体メーカーでり知る人ぞ知る京都の会社なのですが、一般の知名度の割に業績の良い会社なのですね。前職では仕事でお世話になりました。そういった会社が別法人の形態をとってはいますがこのような地味な文化的助成活動に力を入れているのも素晴らしことであると思いました。

D

2014-05-18(日)

ポール・マッカートニー公演中止とニュースの伝わり方

先日17日の土曜日にポール・マッカートニーの日本公演のチケットを入手していた私は、久しぶりの都内でのイベントということもあり、開園時間である17:30までちょうど代々木公園で行われていたタイフェスを楽しんでおりました。

このタイフェスと言うのは最近非常に人気のあるイベントでアジア系の各国ごとに飲食物や特産品などを屋台で販売するイベントです。この日もものすごい人で溢れかえっていました。ただでさえ休日は混んでいる原宿駅はこのイベントのせいもあって、入場規制となるくらいな混みようでした。 

そんなイベントでエスニック料理を楽しんでポールの開園待つつもりでした。途中、食べたものなどをSNSへアップするときに、噂ベースで公演の中止というツイートを目にしました。たぶん3時前であったように思います。また、またデマだろうと思う反面非常に心配になりポールの公式サイト等をそれから頻繁チェックするようにしながら、会場である国立競技場へ向かいました。すると向かっているいる途中に公式に中止のお知らせがLINE上でありました。これが午後4時過ぎくらいでした。

やはり、ツイッター等の情報は公式な情報よりもかなり早いようですね。同日に発生したASUKAの逮捕も正式ニュースよりやはりTwitterに流れるの方が早かったようです。

このように、情報を早く入手することもできるのですが、デマも同じように多いのも特徴ですね。SNSでも情報の玉石混交の見分ける力はこれから必須のスキルとなってゆくことでしょう。数年前のアグネス・ラム死亡の誤報のように心あるファンの繋がりで誤報を訂正してゆくような自浄作用もあることも特徴であるように思います。

2014-03-27(木)

仕事とメリー・ポピンズ

先日、久しぶりにディズニー映画を観ました。と言っても、松たか子の歌唱が評判の良い「アナと雪の女王」でなく、けっこう地味ですぐ打ち切りになりそうな「ウォルト・ディズニーの約束」の方でした。

内容は、ディズニー映画「メリー・ポピンズ」の制作秘話的なお話です。開園当初のディズニーランドの風景やウォルトのデスク、私も子供の頃大好きだったテレビ「ディズニーランド」でのウォルト・ディズニーのホスト役シーンでウォルトが妖精の粉をかかられるシーンの再現など、ディズニー好きにはたまらない内容でした。この映画単体でというよりやはり映画「メリー・ポピンズ」と合わせて一つ的ななのです。原題も「Saving MR. BANKS」であり、「メリー・ポピンズ」に出てきたお父さんバンクスさんの救済とでもいう内容です。「メリー・ポピンズ」の原作者の「メリー・ポピンズ」に重ねる自分の父親への思いと重なります。そうテーマは「メリー・ポピンズ」が持っている仕事や家族に対する向かい方そのものなのです。ウォルトの名言にあるように「男は仕事のために家族を犠牲にしてはならない。」という思いがあふれています。この映画を観てあらためて「メリー・ポピンズ」が持っていた「社会の厳しさ」、「困難の乗り越え方」、「仕事のやりがい」、「人生で大切なもの」を改めて考えさせられました。まさに「どんな仕事も、楽しくやる方法があるのよ!そのコツを見つければ仕事はゲームに!」「苦い薬も、ひとさじの砂糖があれば簡単に飲めるように、やりたくない事だって、考え方ひとつで楽しく変わる♪」

みなさんも、日々の仕事の中に「砂糖」を見つけてはいかがでしょうか?

2013-12-18(水)

プログラミングの学習は誰もが必要であるか?

先日12月9日にコンピュータサイエンス教育週間 (Computer Science Education Week: CSEdWeek)が始まり米国のオバマ大統領がキックオフスピーチを行いました。そこで、オバマ大統領が「携帯電話で遊ぶだけではなく、プログラムしよう」と訴えました。

この背景には、現在アメリカでは、コンピューターの利用増加に伴い、プログラミングに携わる人材のニーズが年々、増えているのに対して、人材不足が指摘されており、 プログラミングを教育にどう取り入れるか議論が活発になっています。

実際、アメリカにおいてもプログラミングができる人材の不足は問題となっていて、その事が国力にも影響するからということでこのような活動が盛んになってきているのでしょう。(プログラミング教育の重要性をアピールする動画の大阪弁バージョンです。

Code.orgは、「プログラミングとコンピュータ科学を、アメリカ人がこれらに対してこれまで持っていたイメージを変えて、大衆化すること。」をミッションとしています。

What most schools don't teach 大阪弁バージョン

http://www.youtube.com/watch?v=v6Iq2c5QU18

しかしながら、この大統領のスピーチは多くの一般人からやや批判的に受け入れられているようです。その多くの論調は車を運転するのに「エンジンのエンジンの構造を学ぶ必要があるのか」的な論調です。もっとも、日本の運転免許取得にはエンジンの基本概念など学科教習を含んでいるように実際にエンジニアでなくても基本概念は理解しておく必要はあるのではないかと考えます。

この運動は我々の業界的にどのような影響があるかを考えるてみましょう。当然、業界全体としては優秀な”プログラミングができる”エンジニアが増える可能性は喜ばしいことです。それはプログラミングに向いていないエンジニアが多く存在する条項を改善し素晴らしシステムを構築する上では非常に素晴らしいことでしょう。しかし、その裏には現在プログラミングを行っているエンジニアの大多数は優秀でないエンジニアが多い実態も表しているのです。教育により裾野を広げることにより少しでもまともなエンジニアを増やそうといった活動とも思えます。

また、学校などでのカリキュラムに組み事の難しさはありますね、実際先ほどの活動などもまずは教師の教育からという状況らしいです。すぐにアメリカの後追いする日本においても小中学校でプログラミングを勉強させるとすると英語教育のように学校のカリキュラム化すること自体プログラミング嫌いを増やしかねないか心配です。

プログラミング能力があるかどうか別としてプログラミング経験のある私達にできることを考えてみました。現在の我々ユーザーは利用技術はある程度パソコンの普及で成熟してきたと思われますがプログラミング技術的発想に裏付けされた考え方に拒否反応やついてこれない方々たくさんいるます。これらのユーザーにプログラミング経験に基づいたコンサルティングをおこなうことこそ我々のミッションなのではないでしょうか?会社としての余力があれば地域貢献として地域の子供たちにプログラミング教室でも開きたいくらいですね。

最後に関連情報を上げておきます。ブロック玩具で有名なLEGOですが、数年前に倒産に危機にあったそうです。それが今では世界2位のおもちゃ会社に返り咲いたのですその理由の一つとして教育用にも利用されているロボット教材としても有名なマインドストームです。これはある意味プログラミング教育をビジネス化した一つの例でしょう。

2013-11-11(月)

「80年代の逆襲『宮沢章夫の戦後ニッポンカルチャー論』」

先日の土曜日にNHK Eテレで「80年代の逆襲『宮沢章夫の戦後ニッポンカルチャー論』」という番組が放送されました。ネットでYMOの細野晴臣さんが重大証言をすることで話題だったので観てみました。

この番組では80年代に竹中直人さんや大竹まことさんなどがいた「ラジカル・ガジベリビンバ・システム」で有名な劇作家の宮沢章夫さんが現在のクールジャパンにつながるような80年代に対すサブカルチャー論を展開していました。主な内容は、80年台は大きく「テクノ」「お笑い」「おたく」のキワードによって時代の雰囲気を説明されました。

この3つのキワードに共通するものは身体性否定であったります。テクノおける汗をかいての実演奏を超えてグルーヴをもとめたり、お笑いに於いても、ハゲやチビなどへの身体的特徴を引合にした道化による笑いよりも面白見方や考え方を提示するような笑い、そしてアニメやマンガなどに価値を見出すまさに身体性を否定した世界おたくの誕生などが80年代のカルチャーを代表するようなキーワードと説明されていました。

私自身は、20代の一番こういったカルチャーに影響を受ける時期が80年代でした。

90年代2000年代とある意味バブルで浮かれた80年代はなかったことのように蓋をされていた傾向があります、90年代以降は不景気ということも有り、めまぐるしく変わったのはIT分野だけで、音楽などの文化面ではあまり劇的な変化なかったように思えます。そんな中で80年代的軽薄な文化は封印されてきたわけですが、Perfumeやきゃりーぱみゅぱみゅの海外人気代表されるようないい意味で変化を求める軽快さというか新しい物を求め続けるキュートさが求められてきているように思えます。

80年代の上げ底的な文化は一時期否定されましたが、四半世紀経たいま改めて80年代を考察することにより、より大きな変革が起こる兆しが出てきているような気がします。それは、我々リアルに80年代を過ごしてきたもののリーダーシップでなく、80年代を経験していない人の中からこれまでとは80年代的な価値観でこれからの時代を作っていくとにあるように思えました。