Hatena::ブログ(Diary)

アラッポ・カーロの備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-09-12(水) はれ

The Sylte Sisters - Cinderella Jones

けさ、涙のジュークボックスのバージョン違いを聴いていたら、また、この「Girls Collection」シリーズから曲を聴きたくなってしらべました。

2012-04-06 Don’t Play No. 9 (涙のジューク・ボックス)-Kitty Ford

本日はスタイルサイルト・シスターズの「シンデレラ・ジョーンズ」です。この曲もいろいろな方に歌われていますね。1963年アメリカン・ポップスの黄金期の作品です。先日の大瀧師匠のアメリカン・ポップス伝の直後の時代ですね。心なし、この曲にもバディ・ホリーなどの影響が見られるように思います。

この曲の作者は、「レモンのキッス」でもおなじみのディック・マイニング(Dick Manning)の作詞・作曲です。みナみカズみさんの訳詞で日本人によるカヴァーバージョン(ゴクミのバージョンも)もあるらしいのですが、まだ未聴ですので機会があれば聴いてみたいです。

さらに、このタイトルの「シンデレラ・ジョーンズ」ですが、これって「婿探し千万弗」という邦題が付いている1946年公開の映画のタイトルでもあるのですね。観たことはないのですが、ミュージカル・コメディぽい作品らしいです。

  • The Sylte Sisters - Cinderella Jones
    「Girls Collection」シリーズに収録されているのがこの曲。
    D
  • Lill-Babs - Cinderella Jones
    ビートルズとも共演したスエーデンの歌姫リル·バブスのバージョン。
    D

2012-08-02(木) はれ

I Don’t What To Be Your Baby Anymore(涙はこれっきり)-Popsicles

久しぶりに、「Girls Collection」というガール・グループのオムニバスアルバムからの1曲です。ほんとこのオムニバスすてきな曲ばかりなのです。この曲もすごくお気に入りな一曲です。このリズムにカスタネット、ナイアガラというかスペクターサウンド的ですが、それもそのはずフィレス・レーベルの重要な作家夫婦エリー・グリニッチ&ジェフ・バリーのエリー・グリニッチの作品ではありませんか。サウンドはもちろん、良いのですが。作家として意識していたエリー・グリニッチのアイドル時代もよいですね。でもこのPopsiclesに関する情報が少ないのですよね。エリー・グリニッチのサイトのバイオグラフィーでも触れられていないし謎です。

  • Popsicles - I DON'T WANT TO BE YOUR BABY ANYMORE (Ellie Greenwich)

    D

でも、こんな暑い夏の日は、こんな甘いアイスキャンディなポップス聴きたいですね。

  • Ellie Greenwich - Call Me His

    D
  • Be My Baby 1973 = Ellie Greenwich
    うわ〜この動画、作った本人によるビー・マイ・ベイビーですね。ワルツアレンジですばらしいです。
    D
  • Ellie Greenwich,Northern Soul.

    D

なお、元夫妻でのフィレスレーベル時代ことは下記にいちど書きましたのでよろしければ。

2010-10-07(木) スペクター・サウンド関係者シリーズ 〜エリー・グリニッチ&ジェフ・バリー〜

Do-Wah-Diddy: Words and Music by Ellie Greenwich and Jeff Barry
アーチスト: Various Artists
発売元: Ace
価格: ¥ 1,790
発売日: 2008/10/14
売上ランキング: 45464

Da Doo Ron Ron-More from the Elie Greenwich & Jeff
アーチスト: Da Doo Ron Ron-More From the Elie Greenwich & Jeff
発売元: Ace Records UK
価格: ¥ 1,559 (1% OFF)
発売日: 2012/05/08
売上ランキング: 27762

コンポーズ・プロデュース・アンド・シング(紙ジャケット仕様)
アーチスト: エリー・グリニッジ
発売元: EMIミュージック・ジャパン
発売日: 2006/06/21
売上ランキング: 285182

2012-06-20(水) はれ 暑い〜

Lookin’ For Boys-Pin-Ups

今日は、なんと、ブライアン・ウィルソン氏のお誕生日だそうです。そんなビーチ・ボーイズの影響も見られる、ガールズポップな曲です。このシリーズにありがちな、本国ではあまりヒットしなかったた曲シリーズでもありますね。

  • Lookin’ For Boys-Pin-Ups

    D

ガールズ曲スタイルとしてはエンジェルスの楽曲に似ていますね。Composerは、ボブ・フェルドマン、ジェリー・ゴールドスタイン、ジリチャード・ゴッタラーの3人です。この曲も、エンジェルスのために書いたのに、却下された曲だそうです。

  • The Angels : My Boyfriend's Back
    同じ作家によるエンジェルズの類似曲。
    D

エンジェルズといえば、日本にも同名のガール・グループがいますが、ピンナップスも同じく日本にも同名グループが存在しますね。

  • エンジェルス - グッド バイ

    D
  • ピンナップス / プラスティック・ムーン
    近田春夫先生プロデュース。って近田さんの曲だし
    D

2012-06-18(月) はれ

Dusty-Rag Dolls

前回に引き続き、1964年のガールズ・ポップです。このラグ・ドールズによるこの曲じつに可愛いですね。ほんとオモチャみたいね曲ですね。

  • Dusty-Rag Dolls

    D

この動画にも映っている、メンバーはミッキー・ハリス、ジーン・トーマス、スーザン・ルイスの3人です。サウンドはFour Seasons なんですね。プロデュースは、Four Seasons と同じくBob Crewe です。

  • Four Seasons - Rag Doll (Original)

    D

この曲が、ラグ・ドールズの元ネタですね。

  • Rag Dolls - PUT A RING ON MY FINGER (1965)

    D

Songs of a Rag Doll
アーチスト: Miss Li
発売元: Ais
価格: ¥ 1,755 (15% OFF)
発売日: 2007/10/23
売上ランキング: 231367

Rag Doll
アーチスト: Four Seasons
発売元: Curb Records
レーベル: Curb Records
発売日: 1995/02/28
売上ランキング: 257276

2012-06-06(水) あめのちくもり

The Doolang-Andrea Carroll

ガール・グループのオムニバスアルバムからの1曲です。この曲も当時ヒットしなかった、隠れたガールズ・ポップスの名曲。いい曲なので、今になっていろいろ研究されているようで、ネット上にもちらほら情報があるようです。作家陣もこの年代のオールディーズでは有名なH. Greenfield & H. Millerのコンビであり、歌い出しの「 Doolang Doolang ♫」の部分は The Chiffonsの「He's So Fine」をベースにしていて、凄くキャッチーでいかにもガールズポップの王道ですね。そしてこのコーラスそのChiffonsが担当しているらしです。

参考:「ANDREA CARROLL-THE DOOLANG/THIS TIME TOMORROW


  • Andrea Carroll - The Doolang (1964)
    H. Greenfield & H. Miller。
    D
  • The Chiffons - He's So Fine 1963
    Ronald Mack。いまでは、「My Sweet Lord」の原曲ということになってしまった曲ですね。
    D

これらの曲の「Doolang」や、おなじくガールズ・グループCRYSTALS 「Da Doo Ron Ron」などの言葉もいかにも楽しそうでこの手のポップスには書かせませんよね。

というわけで、その他の「Doo Lang」ソングを少し集めてみました。

  • Adrienne Poster - Shang A Doo Lang
    可愛いですね。女優さんのようですね。
    D
  • Electric Light Orchestra: Telephone Line
    そうか、電話の音のことなのかw
    D
  • Gerard Joling - Doo lang, doo lang
    ドゥー・ワップの流れなのですよね。
    D
  • Aneka - Ooh shooby doo doo lang 1982
    この方は、80年代に例の「Japanese Boy」を歌ったアネカ姉さんではありませんか
    D