Hatena::ブログ(Diary)

アラッポ・カーロの備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-03-11(月)

つちやかおり - 哀愁のオリエント急行 <<ふたたび>>

先日あらためてGo!Go!Niagaraレスリー・ゴーア特集を聴きました。

Go!Go!Niagara Lesley Gore #1/4

Go!Go!Niagara Lesley Gore #2/4

Go!Go!Niagara Lesley Gore #3/4

Go!Go!Niagara Lesley Gore #4/4

師匠いちおしのレスリー・ゴーア、あらためていいですね。ほんといい曲ばかりだし。そんな中で「恋と涙の17才」を聴いたら、下記の自分投稿に書いてますが、おそらく一番自分がナイアガラーでありオールディーズ大好きな頃のアイドルの名盤「哀愁のオリエント急行」をまたまた思い出しましたですよ。

2011-06-05(日) つちやかおり - 哀愁のオリエント急行

そこで、以前とはまた別の観点でこのアルバムを振り返ってみましょう。勘の良い方はすぐに想像付くと思いますが、このアルバムでカバーされているオールディーズの元ネタをここにメモしておきます。

  • すてきなメモリー
    Brooks Arthur-Alan Lorbar[1963]

    ジョニー・ソマーズ盤、最高ですね。この曲同じジョニー・ソマーズものだけでも様々な盤があるようですね。 D
  • すてきなメモリー
    Brooks Arthur-Alan Lorbar、日本語詞:みナみカズみ
    でもました、本人カタコトもの、大好きです。カタコト具合も程よいし。それに訳詞はあのみナみカズみさんですしね。
    D
  • シュガータウンは恋の町
    Lee Hazlewood[1967]
    ナンシー・シナトラ盤もよいですね。彼女だけでも特集組みたくなる方ですよね。また、この動画演出が面白い。奥さまは魔女的なSEいりなオープニング。
    D
  • 恋と涙の17才
    J.Madara-D.White[1965]
    この曲を冒頭に書いたGo!Go!Niagaraで聴いたことがこれを書くきっかけでした。しかしこの邦題も素晴らしいですね。こういったタイトルが流行りだったのですね。弘田三枝子さんのカバーがかなりヒットしたらしいですね。日本では「 It's My Party」よりもヒットしたらしいです。
    D
  • 悲しみの兵士
    Jean Renard-Frank Gerald[1970]
    この並びのオールディーズの中では音が新しいしですね。そう、シルビー・バルタンのフレンチポップスですね。
    D
  • Good-bye Jimmy Good-bye
    Jack Vaughan[1957]
    ケーシィ・リンデン美しいですね。この曲調も日本ウケするパターンですね。私も大好きです。 D

おまけ:

  • Kim Wilde - You Keep Me Hangin' On
    この曲、同じ80年代の曲で「哀愁のオリエント急行」のアレンジの元ネタであるとネット上で言われてますが、この曲のリリースの方が後ですね。キム・ワイルド懐かしいですね、土屋昌巳さんプロデュースで曲出してましたね。
    D

ホントこのアルバム選曲がいいですわ〜

The Essential Collection
アーチスト: Lesley Gore
メーカー: Polygram UK
価格: ¥ 1,095
発売日: 1999/04/02
売上ランキング: 94870

2012-10-10(水) はれ

NAMI SHIMADA / SUN SHOWER (LARRY LEVAN REMIX) からいろいいろ

昨日 PIRATE RADIO 『 第143回 「LIVE MIX@BAR PIRATES 8/25 2012/」DJ KEN-SKE編。』の最後の曲が80年代アイドル島田奈美さんの「SUN SHOWER」のダンスリミックスが流れました。この曲はニューヨーク・ハウスのDJ、プロデューサーであるラリー・レヴァンによるリミックスでした。島田奈美さんに関しては80年代にファンであり過去にこの日記でも触れているのですが「島田奈美さんのシングル救出」90年代以降音楽疎い私は、リミックスの存在を知りませんでした。91年当時けっこう有名であったのでしょうか?91年ならまだ完全に音楽関係の情報を遮断してしまった時期でも無いのですけどね、クラブ系ミュージックはあまり得意でないので気が付かなかったのでしょうね。

いろいろなバージョンがあるようです。

  • NAMI SHIMADA / SUN SHOWER (LARRY LEVAN REMIX)

    D
  • Sun Shower (Larry Levan's Vocal Mix) Nami Shimada

    D
  • SUN SHOWER (Original Ver.)

    D
  • Soichi Terada & Nami Shimada - Sunshower
    もともとはこの寺田創一さんのMIXからのようですね。寺田創一さんはほぼ私と同年代のエンジニアよりのミュージシャンのようで、ゲームミュージックとかを多く手がけているようです。サルゲッチュなどの音楽で息子といっしょにお世話になっていたとはなにか縁を感じます。さらに、寺田創一さんはいろいろ気になりで繋がりそうですよ、島田奈美さんをはじめ、金沢明子(ナイアガラ繋がり)やウルトラマン、そして大好きなYMCKに最近では、Moon Riders (太陽の下の18才)のリミックスをてがけているとはです。さらに、最近気になりの樋口康雄の鉄腕アトム誕生トリビュートにも参加しているではありませんか。寺田創一さん繋がりだけでも別エントリーできそうですね。
    D
  • Nami Shimada - Sunshower (Instrumental)

    D
  • Ape Escape Soundtrack - Cryptic Relics
    いや〜懐かしい、息子といっしょに遊びましたよこれは。
    D
  • AKIKO KANAZAWA & SOICHI TERADA - Tokyo Ondo (Heisei Mix)
    これも凄い、イエローーサブマリン音頭の金沢明子さん。
    D
  • Soichi Terada - Grand Senshuraku - Sumo Jungle Far East Recording
    この辺も面白いですね、中には横井庄一さんの声をサンプリングした作品など興味は尽きないです。
    D







サルゲッチュ・オリジサル・サウンドトラック
アーチスト: サルゲッチュ
発売元: Far East Recording
価格: ¥ 2,000
発売日: 2011/02/15
売上ランキング: 6479



島田奈美 ゴールデン☆ベスト
アーチスト: 島田奈美
発売元: 日本コロムビア
価格: ¥ 1,727 (14% OFF)
発売日: 2011/05/18
売上ランキング: 117153

2012-05-16(水) はれ

キャッツ★アイVSキューピット コンプリート・コレクション

こんなものすごいコンピレーションアルバムが発売されていたとは驚きです。ピンクレディの異常な人気にあやかった歌手の典型なこの二組のコンビですが、リアルタイムにその存在を知っていたものとしては20年以上が経過してこのようなしかも、そのB級ユニットが2in1となってベスト盤が発売されるとは誰も予想していませんでしたでしょうね。

とくに、キューピットの方は当時でもしている人はほとんどいなかったはずですよ。70年代B級ディスコ調な曲が多くて、80年代のアイドルオタの間でも伝説のユニット扱いなのでした。

  • アバンチュール / キャッツ★アイ
    作詞:麻生香太郎、作・編曲:馬飼野康二。当然、曲はほとんどヒットしませんでしたが、グラビア等ではピンクレディよりもニーズがあったのではないでしょうかね。まあ、そこそこの人気はありました。
    D
  • めっきり冷たくなりました / キャッツ★アイ
    作詞:伊藤アキラ、作曲:森雪之丞。サウンド的にはキャンディーズフォロワーな感じですね。
    D
  • 愛のデュエット / キューピット
    作詞:J.FARRAR、作詞:中里綴。作曲:J.FARRAR、編曲:エジソン。映画「グリース」の挿入歌でオリビアが歌っていた「愛のデュエット」の日本語カバーですね。
    D
  • 愛のデュエット / 森昌子・左とん平
    関連検索ですご動画見つけました。
    D
  • Grease- You're the one that I want
    オリジナルももちろんよいですね。映画観たくなりました。
    D




キャッツ★アイVSキューピット コンプリート・コレクション
アーチスト: キューピット キャッツ★アイ
発売元: テイチク
発売日: 2003/09/25
売上ランキング: 467570

2012-05-14(月) はれ

つべからひとつかみ - 熊谷真実 - グロリア

マー姉ちゃんこと熊谷真実の歌なのですが、これは加藤和彦氏の女優への提供曲シリーズでもあるのですようね。しかし、80年代初頭の時期としてはめずらしく、作詞が安井かずみさんでなく、三浦徳子さんなのですね。曲調はいわゆるこれまた女優への提供曲、岡崎友紀さんの「ドゥー・ユー・リメンバー・ミー」路線のフィル・スペクター風オールディーズですね。そしてこの曲、テレビ番組「先生お・み・ご・と!」の主題歌らしいのですが、この番組、まったく記憶にございません。けっこう観ていいたテレビ版「翔んだカップル」の時間帯の番組らしいのですけどねぇ。

  • 熊谷真実 - グロリア
    作詞:三浦徳子、作曲:加藤和彦、編曲:清水信之。サウンド的にはブリティッシュな、いかにもトノバンの好きそうな感じのポップスですし。熊谷真実さんの声も歴代ミカ・バンドボーカル路線にも通じるような声質ですね。
    D
  • アイドルを探せLa Plus Belle Pour Aller Dancer /シルヴィ・バルタン
    作詞 :Charles Aznavour、作曲:Georges Garvarentz。出だしのサウンドはこれですね。やはりストレートに好きです。
    D
  • The Beatles - And I Love Her
    作詞・作曲:Lennon・McCartney。そしてサビはこちら。
    D
  • Them - Gloria
    作詞・作曲 : Van Morrison)。そして極めつけは、タイトルそのものも引用されているこの曲。ヴァン・モリソンの在籍のゼム的なブリティッシュ・ビートですね。
    D

さすが、トノバン、ブリティッシュ趣味にして良い感じにアイドル・ソングになってます。

2011-12-11(日) はれ

いちごの片思い(Tonight You Belong To Me) Patience & Prudence など

先日、Patience & Prudence 版の「いちごの片思い(Tonight You Belong To Me)」を聴いてすっかり参ってしまいました。元来のアイドル好きの血が騒ぐ一品ですね。「いちごの片思い(Tonight You Belong To Me)」というと、ナンシー・シナトラのイメージで固定されてしまっていたので新鮮でした。このPatience & Prudence姉妹ですが意外と日本語情報が少なくてあまり詳細理解しきれていないのです。

Mark McIntyre was an orchestra leader, pianist, and songwriter who accompanied Frank Sinatra on piano during the 1940s.[1] In the summer of 1956, he brought his daughters, 11-year-old Prudence and 14-year-old Patience,[2] into the Liberty Records studio in Los Angeles, California. They made a demonstration recording of the song, "Tonight You Belong to Me," which had been a hit for Gene Austin in 1927, and was written by Billy Rose and Lee David. Liberty signed them and immediately released a recording of the girls singing the song as a commercial single, (with the B-side, "A Smile and a Ribbon," a composition with music by Mark McIntyre) and by September the song reached #4 on the Billboard charts[1] and #28 in the UK Singles Chart,[3] and was the biggest selling record put out by Liberty for two years. It sold over one million copies and reached gold record status.[4]

Patience and Prudence

14歳と11歳の姉妹ということで、アイドルと言うより童謡カテゴリにいれても良いかもですね。彼女のお父様がキーマンだったのでしょうか、その繋がりは後に日本において「いちごの片思い」を大ヒットさせたナンシー・シナトラとしてそのお父様フランク・シナトラに人脈繋がりですか。「いちごの片思い」の輪が形成されています。

Liberty Records (also the home of rocker Eddie Cochran) signed "Patience and Prudence" and rushed the tune into distribution. The bouncy song became a hit, charting at #4 in September of 1956 and became Liberty's biggest selling record for two years. Their follow-up single, "Gonna Get Along Without Ya Now" charted at #11 at the end of '56. The B-side, "The Money Tree," also charted. But alas, Patience and Prudence enjoyed no further chart success when six additional singles released between 1957-59 failed to chart. Since the 1950's was basically a 45rpm market, it is no surprise that there was no Patience and Prudence album. Here is a little trivia for you folks- the Patience and Prudence version of "Tonight You Belong To Me" was the #34 song for all of 1956, in addition to placing at #428 among the top 5,000 songs of the rock era (1955-94).

The Patience and Prudence story

基本的には一発屋(One-Hit-Wonder)だったのですね。なので情報も少ないわけですが、残された曲は最高です。ところで、一発屋というよりこのワン・ヒット・ワンダーという呼び方が気に入りました。また、この「いちごの片思い」のように楽曲だけが国を超えて歌い継がれてたりするのですね。今回は追求できませんでしたが、彼女たちの曲では「Gonna Get Along without Ya Now」のカヴァーもいろいろと面白そうです。

いちごの片思い(Tonight You Belong To Me)いろいろ

作詞 Billy Rose 作曲 Lee David.

  • Patience and Prudence - Tonight You Belong To Me

    D
  • Gene Austin - Tonight You Belong To Me (1927)
    1927年のオリジナルは、あの私のこれまた大好きな「私の青空」のジーン・オースティンなのでした。このころの曲もその後のポップスの核なるようなメロディが生み出されているのですね。この曲がガールポップのスタンダードになるとはです。
    D
  • イチゴの片想い / ナンシー・シナトラ(1963)
    日本においてはもっともポピュラーなバージョン(大瀧師匠も大好きな)。
    http://www.youtube.com/watch?v=qOuPchUUqkQ&movie:small
  • Janet Klein / Tonight You Belong To Me
    このジャネット・クラインという方も以前よりかなり気になりな方なのですがそのままです。このカバーも素晴らしいこの曲にはウクレレアレンジ似合いますね。YouTube上でもウクレレアレンジが非常に多いです。ちょっと調べただけでもいろいろと面白いことが発掘。ジョージ・ハリスンもファンだったとか。
    D
  • Beautiful scene from "The Jerk" [1979]
    映画「The Jerk(天国から落ちた男)」のシーンがウクレレアレンジイメージなのでしょうか。今ひとつ時系列的な裏はとれていないのですがそんな感じです。観たことはない映画なのですが、なんとなくいいシーンですね。
    D
  • ベニシスターズ / イチゴの片思い
    自分の記憶ではもっと日本人歌手によるカヴァーが多いかと思ったのですが今ひとつ思い出せません。ものすごく可愛いアイドルによるバージョンが有ったのですけどね、どのアイドルであるか思い出せません。思い出したら追記しておきます。追記:もちろん大瀧御大のシリア・ポール版もあるのですが日本語版ではないのですよね。そしてこの曲聴いたらなぜか渡辺満里奈ちゃんを聴きたくなったと思ったら彼女の「ばっちりキスしましょ」が完全なカヴァーでした。しかも凄く可愛いバージョンです。動画はないようですね。
    D

その他にもたくさんカヴァーがあるようです、しかも比較的最近のものも多いようです。

Tonight You Belong To Me プレイリスト


Patience And Prudenceそのほか

ベスト盤に収録されているその他の曲も魅力的です。いつかわ入手なアルバムと思ってます。

  • Patience And Prudence - Gonna Get Along Without Ya Now

    D
  • patience & prudence: dreamers bay

    D
  • Patience and Prudence - APPLES ON THE LILAC TREE

    D
  • Golly Oh Gee-Patience & Prudence

    D
  • Patience and Prudence-The Money Tree Liberty Records

    D
  • Patience & Prudence - Heavenly Angel

    D
  • Patience and Prudence (wih Mike Clifford) - Should I

    D
  • patience & prudence / a smile and a ribbon

    D

繋がりキーワード

  • 姉妹
    「〇〇シスターズ」というのは重要なキーワードですね。ベニ・シスターズ、おかわりシスターズ、スウィングル・シスターズ、レノン・シスターズ、アンドリュー・シスターズ、岩崎姉妹、安田姉妹などなど、ザ・ピーナッツ、ザ・リリーズも姉妹枠のなかのツインズというさらなる詳細カテゴリーですね。
    まだ漏れがあるようですが共通な何かが見えて来ませんか。
  • 童謡
  • IDOL
  • ジーン・オースティン(Gene Austin )
    好きな曲のオリジナルにおて「私の青空」と「いちごの片思い」この人で繋がとはです。
  • Janet Klein
    気になりな方

Best of Patience & Prudence
アーチスト: Patience & Prudence
発売元: Collector's Choice
価格: ¥ 1,487
発売日: 2004/07/13
売上ランキング: 196266