Hatena::ブログ(Diary)

アラッポ・カーロの備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-05-18(日)

ポール・マッカートニー公演中止とニュースの伝わり方

先日17日の土曜日にポール・マッカートニーの日本公演のチケットを入手していた私は、久しぶりの都内でのイベントということもあり、開園時間である17:30までちょうど代々木公園で行われていたタイフェスを楽しんでおりました。

このタイフェスと言うのは最近非常に人気のあるイベントでアジア系の各国ごとに飲食物や特産品などを屋台で販売するイベントです。この日もものすごい人で溢れかえっていました。ただでさえ休日は混んでいる原宿駅はこのイベントのせいもあって、入場規制となるくらいな混みようでした。 

そんなイベントでエスニック料理を楽しんでポールの開園待つつもりでした。途中、食べたものなどをSNSへアップするときに、噂ベースで公演の中止というツイートを目にしました。たぶん3時前であったように思います。また、またデマだろうと思う反面非常に心配になりポールの公式サイト等をそれから頻繁チェックするようにしながら、会場である国立競技場へ向かいました。すると向かっているいる途中に公式に中止のお知らせがLINE上でありました。これが午後4時過ぎくらいでした。

やはり、ツイッター等の情報は公式な情報よりもかなり早いようですね。同日に発生したASUKAの逮捕も正式ニュースよりやはりTwitterに流れるの方が早かったようです。

このように、情報を早く入手することもできるのですが、デマも同じように多いのも特徴ですね。SNSでも情報の玉石混交の見分ける力はこれから必須のスキルとなってゆくことでしょう。数年前のアグネス・ラム死亡の誤報のように心あるファンの繋がりで誤報を訂正してゆくような自浄作用もあることも特徴であるように思います。

2012-05-26(土) はれ

吉祥寺「いせや」昼呑み

久しぶりに「いせや」です。もう少し行っているかなと思ったら、下記の参加以来なので1年以上ぶりなのですね。去年のまさに震災時の企画がボツになって以来です。

2010-11-13 Twitter「いせや」オフ会2回目参加

しかも、来月にはこのお店改装工事ということで、今回お店の改装前の貴重なお店の写真を記録しておきます。

このダクトw
https://lh5.googleusercontent.com/-pmxFkGUhu2U/T8DjLoweExI/AAAAAAAANsg/-6grn2qXnS4/w339-h452-k/IMG_2898.JPG

https://lh5.googleusercontent.com/-eqEw-McOMok/T8DjMbG_tiI/AAAAAAAANsk/d3RtP7B6cbE/w85-h113-n-k/IMG_2899.JPG

https://lh3.googleusercontent.com/-Mh6Wbgkekz0/T8DjNMrKFoI/AAAAAAAANss/XYLq5jLiJJ4/w151-h113-n-k/IMG_2900.JPG

https://lh5.googleusercontent.com/-MG_eUeioe7c/T8DjQDBoBDI/AAAAAAAANs4/dB7W744abwg/w151-h113-n-k/IMG_2901.JPG

https://lh3.googleusercontent.com/-r-uJOdFwt4c/T8DjSgr8guI/AAAAAAAANtI/qKEg8-eFrUM/w196-h147-n-k/IMG_2902.JPG

https://lh4.googleusercontent.com/-tPsZ32_5D88/T8DjRqXhz9I/AAAAAAAANs8/vJtl6pSGrwI/w197-h147-n-k/IMG_2903.JPG

換気扇が機能していない。
https://lh5.googleusercontent.com/-p0YtLm7IkfE/T8DjUVx7GAI/AAAAAAAANtQ/C3bWxIT-ubA/w232-h174-n-k/IMG_2904.JPG

いつもは1階のここなのですが
https://lh5.googleusercontent.com/-WHjqBBRw8OA/T8DjVhBOLXI/AAAAAAAANtY/BoGbVAyuHhw/w232-h174-n-k/IMG_2905.JPG

2階席は初めてです。
https://lh5.googleusercontent.com/-XrxDo8vd9Ig/T8DjYOiovLI/AAAAAAAANtk/Nm6_eGP4yaE/w131-h174-n-k/IMG_2908.JPG

https://lh4.googleusercontent.com/-bhorbH_CSvI/T8DjcGF7FeI/AAAAAAAANt8/XGazq4kk67Q/w244-h183-n-k/IMG_2911.JPG

2階からの看板
https://lh3.googleusercontent.com/-Dh_J_ZKX48Q/T8DjX9bXvmI/AAAAAAAANtg/IheVaxGrdlk/w131-h174-n-k/IMG_2907.JPG

乾杯
https://lh3.googleusercontent.com/-R9CYIe7F_Mk/T8DjdPbq2cI/AAAAAAAANuI/DZB9wTgFE7E/w144-h191-n-k/IMG_2912.JPG

名物シューマイ
https://lh6.googleusercontent.com/-IusoRa1xhHc/T8DjZGVN7qI/AAAAAAAANts/3J3kgb_Z2Vs/w244-h183-n-k/IMG_2909.JPG

ガツ、これもうまい。
https://lh4.googleusercontent.com/-c1w-zCjPxig/T8Djb2wQiLI/AAAAAAAANt4/NP1M2RueUqI/w244-h183-n-k/IMG_2910.JPG

トイレの窓から望む公園側の風景
https://lh3.googleusercontent.com/-QEIvLSwRZ6Q/T8Djmyqrc8I/AAAAAAAANuQ/m5bmln5uIQc/w144-h191-n-k/IMG_2913.JPG

2011-12-19(月) はれ

つべからひとつかみ(Holiday version) -鈴木さえ子 - I wish it could be Christmas everyday in the UK

本日、毎週配信を楽しみにしている「けんぞう&けんそうのHELLooニューウェイヴ」 でもクリスマスソング特集でした。いよいよクリスマス直前週の盛り上がりですね。このUSTは単なるクリスマス・ソング特集でなく、後半みんなでものまね動画を観てわいわい団欒するという楽しい企画でした。

そこで、本日はかかりませんでしたけど、ニューウェイヴの流れのなかで、私の大好きな曲のひとつを選んでみました。

大好きな鈴木さえ子のなかでも、もっと好きな曲。この曲から自分のなかで眠っていたクリスマス・ソング好き魂に火がついて80年代後半に幾つかクリスマス・アルバムを漁ったのでした。

鈴木さえ子さんは、その後、ケロロ軍曹においても、クリスマス・ソングを提供しているのでした。

  • 鈴木さえ子 - I wish it could be Christmas everyday
    こちらは、デビューアルバム「I wish it could be Christmas everyday」のバージョン。
    D
  • 鈴木さえ子 - I wish it could be Christmas everyday in the UK
    こちらは、「STUDIO ROMANTIC」に収録版、歌詞が違いますね
    D

  • Wizzard - I Wish It Could Be Christmas Everyday
    アイディアもの元ネタになったであろうWizzardの曲の方を後から知りました。やっぱりWizzardいいですね。アルバム入手すべしです。
    D
  • Jul med Smurfene - I Wish It Could Be Christmas Everyday
    スマーフによる虫声ばんで、クリスマスらしいです。
    D


I WISH IT COULD BE CHRISTMAS EVERYDAY(紙ジャケット仕様)
アーチスト: 鈴木さえ子
発売元: ブリッジ
価格: ¥ 2,410 (8% OFF)
発売日: 2007/05/28
売上ランキング: 154808

2011-10-24(月) はれ

仕事ひと区切りで 秋の夜長を UST 三昧

velvetsunBC「ぐらもくらぶ秋の特別編『ニッポンモダンタイムスCD製作中瀬川昌久先生公開イン タビュー』」

この配信はの存在は全く事前に知りませんでした、開始直前にフォロワーさんのツイートで気がいた時には、会社退社寸前(今週から新プロジェクト体制でとりあえずで定時退社なのでした)。帰りの車の中でiPhoneで音声を聴きながらかえり、夕飯も聴きながらで前半部分終了。後半からはPCの前でじっくり聴くことが出来ました。

録画:http://ustre.am/:1dROC

瀬川昌久先生、あらためて素晴らしさを認識。貴重なお話の数々でした。やはり先生の本は必読ですね。買わなきゃ。それから今回のニッポンモダンタイムスCD関連まともに買うと出費がきつそうです。でも、この手の企画ものCDは後から入手はさらに難しくなりがちなので悩ましいですね。この番組で瀬川さんのキャラクターの一面がよく分かりました。ミュージシャンとしてでなく、我々のような聴く立場としてのコメントが好感をもてました。また、教授のスコラ批判や堀内敬三氏批判(戦時中にジャズを理解している側から具体的な演奏方法などの制約を作り完全にジャズを禁止状態にした)など興味深い発言も。堀内敬三さんは自分の中では大変興味を持っていてこれから探って行きたい人物であるだけに、ある意味貴重な貴重な情報でした。

番組中のTLもなかなか興味深い情報に溢れてました。そこで、例よってトゥギャりました。http://togetter.com/li/204934

レココレ創刊号寄稿文「戦前の日本人ジャズ・シンガーたち

スコラ批判「ワンダフルワールド通信 No.67

たまたまですが、放送中の戦前ジャズリバイバルのきっかけ的話題の部分で私のツイートが読まれました^^

  • 「もしもし亀よ」 コロムビア・ナカノ・リズム・シスターズ
    素晴らしいコーラス&アレンジ。ほかにもたくさん素敵な歌が紹介されました。
    D

日本ジャズの誕生
発売元: 青土社
価格: ¥ 2,310
発売日: 2008/12/20
売上ランキング: 309938


けんぞう&けんそうのHELLooニューウェイヴ

ほぼ30周年を迎える、ロック進化の革命、ニューウェイヴ・ムーブメントを愛でる「ニューウェイヴほぼ30周年祭り」公式ユースト番組。セミレギュラー(を目指す)

先週から始まっていたのですね、サエキさんとけんそうさんの番組。今回は野宮真貴さんがゲスト出演されて、今回、発売となる「portable rockのビギニングス」のリマスタ盤に関してのプロモーション。東京タワーズの野球DJ・中嶋勇二さんやDJ:グルーヴあんちゃんの登場でゆるく番組は流れていったのでした。以前毎回楽しみにしていたポッドキャストが無くなった今、セミレギュラー化されると毎週の楽しみが増えますね。

放送時にTL(自動タグ付け設定な無かったので明示的にタグつけている方分のみ)

http://togetter.com/li/204960

こういう放送見てしまうと、既に持っているアルバムのリマスタとか買いたくなってしまいますね。いいプロモーションになっているのではないでしょうか。私的には、今回はこれを購入はいろいろな箱ラッシュの中厳しいかもしれません(でもいつかは)。

ビギニングス+5
アーチスト: ポータブル・ロック
発売元: SOLID RECORDS
価格: ¥ 2,625
発売日: 2011/10/19
売上ランキング: 7936

2011-05-12(木) あめ

「SONOTAの鞭」第一話 チップマンクス・ムシ声

先日の火曜日途中からですが、「SONOTAの鞭」のムシ声特集を聴くことが出来ました。大変面白かったの一部ですがメモしておきます。

5月10日(火)19:00-21:00

MANUALOFERRORS Presents 「SONOTAの沼」改め「SONOTAの鞭」第一話

MC:常盤響 x 山口優

そもそも、私がチップマンクスものを好きになったのは、TBS版のゴーゴー・ナイアガラでかかったチップマンクス物のこの曲からでした。

  • Sheb Wooley - Purple People Eater
    邦題「ロックを踊る宇宙人」。ロカビリー清野太郎さんによるカヴァーも良いのであります。80年初頭この曲でガツンと来てからこの手の曲に目がないのです。
    D
  • 帰ってきたヨッパライ フォーククルセイダーズ
    もちろん小さい時にこの曲の洗礼を受けているのですが。
    D

このようにカタコトやムシ声を異常に好むのはなぜなのだろうと考えてしまいます。多数派ではないでしょうが、同様な趣味の方もネット上では多いようなのでなにかある種の人達にとってはたまらない何かがあるのでしょうね。そして今日もそれを追い求めてゆくのでありました。ところで、この「ムシ声」という呼び方は上記のゴーゴーゴーゴー・ナイアガラの頃はこのような呼び方はありませんでしたが、最近ネット上でチップマンクス物を「ムシ声」と呼んでいるを良く見かけました。確かにそんな呼び方も似合うなと思っていたところTwitterでフォローもさせていただいている、みんとりさん([twitter:@Mint_lee])、こと、岡村みどりさんが名付け親であると「SONOTAの鞭」配信時のツイートでしました。さすが目の付け所が違います。

ムシ声といってもいろいろタイプ存在するようです。テープの回転を変化させる方法やハーモナーザー、ヘリウムガスなどが用いられるらしいです。そういえば、パーティ・グッズとして一時ヘリウムガスって流行りましたね。大量にヘリウムガス使ってカラオケしてみたくなりました。ミントリさんも出てきたことなので、Raymond Scott の虫ごえフィーチャーアルバム「 Raymond Scott "The Secret 7"The Unexpected」の音源でもと思ったのですが探せませんでした。

  • David Seville and The Chipmunks - Witch Doctor
    元祖チップマンクス。「The Alvin Show」初期の物。
    D

  • David Seville and The Chipmunks - Chitty Chitty Bang Bang
    素晴らしい&可愛い。
    D
  • The Nutty Squirrels: Salt Peanuts
    こちらはリス物。ムシ声ジャズですね。
    D

  • Fish Heads - Barnes and Barnes
    こちらはマイク・ロジャース氏のストレンジ・ミュージックコーナーでヘビーローテーションでした。
    D
  • ギャラクシー 未知との遭遇
    動画ないけど、日本語歌詞の未知との遭遇
  • Singing Beavers 陽気なビーヴァー
    日本ではビーヴァーものの方がウケが良いのか?
  • Chapi Chapo (Francois de Roubaix)
    フランスのパペットアニメのややおしゃれなムシ声。
    D

メモしながら聴いていたわけでないので、この他にも楽しそうなムシ声音楽が沢山紹介されていたのですが思い出せません。他にも加山雄三のムシ声クリスマスソング(クリスマスものにムシ声って多いのですよね、なぜか。)が有りました。またの機会を楽しみにすることにします。お手頃なのがあったら買おうかな。

manual of errors SONOTA チップマンクス・ムシ声 Chipmunks