Hatena::ブログ(Diary)

天然憂鬱もじゃりす戦記@with朱ペン RSSフィード

2016-07-12 生きるって難しい

メッセでもメールでも、ましてやリアルの数少ない 少なすぎる友達に「モジャが弱ってる」と思われたくないもじゃりすです。おはこんばんちわなら。

 そもそも思ってくれる友人ほど、あまり連絡が取れないのが致命的な…そもそもいつも日常的に弱っているモジャが、更に弱る事があるの?という珍しい症例を目にした生物学者の好奇心を体現したくもある今日このごろです。

 そんなこんなで、ひっそりとハレー彗星的な遭遇率のBlogで就業苦を書き連ねる悲しいもじゃりすです、残念ですorz

 

 何年かもの間に数カ所の職場(出向先)を渡り歩き、いろいろもまれたモジャリスではありましたが、過ぎてみればもじゃ向きのマッチングしやすい職場を抜擢されていたように思います。

 今回、遠く離れた異端の地で任された職場は、もじゃの常識と日常を壊すに余りある、規格通りの職業人を求める職場だったようで…自由と奔放の民もじゃの人は思わず苦しんでいる様な気がします。f:id:Aris:20160719193016g:image

2016-07-11 日記→年記 更新速度は365分の1に進化しました

「現世がアウェー」が合言葉、生まれ持ってのハズレモノ。もじゃりすです、おはこんばんちわなら。

日記が年記になりはや数年。甲信越の米処に生を受け幾星霜…。転勤などない会社に就職したと思っていたのに、気がつけば幾度目かの転勤、合計1000kmほど移動しているらしいことに気が付きました。年を取るわけです。

 大枠としての仕事は変わっていないのに、職場(勤務地)を転々として来たせいで自惚れていたのでしょう…「自分は(少なからずも)仕事ができて、その能力が必要とされるから異動を続けているのだ」と…。そんな楽観的で利己的な勘違いをしてしまっていたのかもしれません。

 今月から生誕地を約1000kmも離れた遠方の勤務先に勤め始めました。人見知りとコミュ症を二条倍して、チキンハートとガラスハートメンタルをトッピングしたようなもじゃ氏に、新しい事務所はいつでも針の筵。

私の知らないところで私への針は確実に研がれているようで、ソレを偶然しってしまったもじゃ氏も立ち居振る舞いと立ち位置について悩んでしまうわけで…。先が思いやられますわ…(´・ω・`)f:id:Aris:20160719192900g:image

2015-10-08

これだから○害は

いつもの通勤電車に遅れそうだった為、いつもとは違う号車に乗車。比較的すいていたのは良かったですが、目の前の女性の頬のファンデ境目がクッキリ。声をかけられるはずもなく、非常に悲しい気持ちになりました。もじゃりすです、おはこんばんちわなら。

今日当たり前になった車内放送「携帯電話はマナーモードに設定いただき、通話はご遠慮ください」首都圏のみならず、ほぼどの路線でも流れているであろう一般的な内容です。

耳タコではありますが、概ね皆さん守られてる印象です。

しかし今回乗り合わせた定年を超えちゃった感のある男性は違いました。携帯電話に怒鳴りながら入場。

「どないなっとんのや、われー?!」

「あぁ!?なんとか言うてみんかい!」

相当なご立腹状態。

聞きたくなくても聞こえてしまった内容からすると、「JRが乗換案内放送をしなかったから、乗り換えが分からなかった。お前が番線などを伝えなかったのが悪い。どう落とし前をつけるんだ」といった模様。

あまりの意味不明さに目眩で倒れそうでした…責任転嫁ってレベルじゃありません。

辟易しながら次の駅で降りたため、どう決着したのかは定かではありませんが、車内が悲惨な空気に包まれたであろうことは想像に固くありません…。

老いも若きも、こうはありたくないと思わせる事件でした。

f:id:Aris:20151009011715p:image

2015-10-03

【悲報】もじゃ氏、休出

おはこんばんちわなら。

土曜日の休日出勤に体力と活力をうばわれているもじゃりすです。出勤しなかったからといって、鋭気全回復というわけでもないので痛し痒しでございます(´・ω・`)

何より土曜日なのに通勤電車の乗客おおすぎます!もっとお家でダラダラしててください!

今日は定時で帰りましょう…

f:id:Aris:20151006183338p:image

2015-09-21 やりきれない

敬老の日シルバーウィーク世間的には5連休らしいですが、私は休日ダイヤの電車に揺られて働かなくてはいけないわけで、なんだかとってもやりきれません。

 でも、連休が続くと仕事ができるか不安になるモジャリスです。おはこんばんチワなら。

[]君はイエスタディをうたえるか?!

漫画や小説は、ドラマや映画と違いエンディングに10年20年かかることがあります。

 子供の頃に読み始めた漫画が社会人になってから完結。や、働き始めた頃読んでいた本が、中堅になった頃架橋を迎える。なんてことは割りとよくある話です。国民的海賊漫画も気がつけば18年ほど、小学生で海賊を目指した少年少女達は社会に羽ばたきメキメキと頭角を表す頃になるわけです。

 もじゃが長年追っていた作品が、先日エンディングを迎えました。さながら某海賊並みに長い年月をかけた作品ですが、既刊は10冊そこそこ。物語の次巻も2年経たない程度のお話でした。

 

 大学卒業後うだつのあがらないフリーター主人公と、自分の世界を作っちゃったヒロイン二人。右に左に傾き揺れ動く人間模様と、現れる恋敵にやきもきする作品でした。

 編集部(作者)的には「ハッピーエンド」だったらしい本作を読んだもじゃの、率直な感想は「やりきれない」でした。あの世代の恋愛がそういう形を迎えるのがよく分かるだけにやりきれない思いがあります。

 憧れを昇華できなかった主人公と、はじめの一歩を忘れられなかった同級生ヒロイン。

 兄の幻影を重ねられた自分に葛藤する恋敵と、自らの道を守ったGoingMyWayヒロイン。

 一人をすきでいるという強い思いの弱さと、想い続ける重さに揺れ動いた気がします。f:id:Aris:20151006183337p:image

2015-09-03

まんじゅう怖い

知っていたはずなのに、覚えていない。

自分が確実に「忘れている」事を自覚するのは相当な衝撃で、オモイダセナイコトニ恐怖します。

鳥頭なもじゃが今更何を、と思われそうなもじゃりすです。おはこんばんちわなら。

[]人の味覚は千差万別

ここ最近、他人の苦手食材によく出くわします。

煮干し

椎茸

大根おろし

カニ味噌

もじゃは好き嫌いがなく、挙がった食材はむしろ好きな部類にあたるので、いまいち分かってなかったりしますが。

こどもに嫌われがちな人参やピーマンを始め、アレルギー的にNGな甲殻類など、世の中には「苦手な食べ物」が結構頻繁に隠れていますよね。

食べ物の好き嫌いは、小さい時の食生活もさることながら、大人になってから「お酒を愉しむ」日によっても左右されるような気がします。

この生臭さに冷酒で旨みに(*´∀`)、

このエグミには熱燗がっ(*´∀`*)

このサラダに白ワインが(*゜∀゜)

などなど一見苦手な食べ物も、お酒を合わせるとウィークポイントが一転美味しさに変わります。

お酒を起点に、苦手食材の美味しさに気づいて逆に好きになってしまう事もしばしば。

もじゃも例に違わす、この流れで子供の頃苦手だったレバーが好きになり、今ではお酒に関係なく食べるほどです。

今夜のお酒のお供に、『ちょっと苦手なもの』合わせてみてはいかがでしょう( ´∀`)

f:id:Aris:20151006183336p:image

2015-09-01

備忘録

おはこんばんちわなら。年単位で更新しない事でお馴染み、もじゃりす戦記です。

現在の勤務地に配転してから更新頻度が激減しましたね。元々少なかったですけどね!

そんな訳で、見る間に脳の記憶容量がすり減ってしまい、記憶する間もなく忘却の焼却炉に放り投げる毎日です。悲しい事です(´・ω・`)

え?もともと無かった?いえ、知らないですね…。

それはさておき、今回は備忘録。記憶の日記帳

やたらと鼻血を流しやすいもじゃは、割といろんなところを血の海にします。主に自宅を中心に…。血が足りません('A`)y-~

そんなある日、仕事中に鼻血を出してしまい、さぁ大変。

その時は気づかなかったのですが、わりと大量に出血してしまい、ティッシュでの吸血が間に合わず廊下にまで血痕が残ってしまいました。

鼻血も収まり、一段落して廊下を歩いていると、保険医さんを含めた数人が人だかり…。コワイッ:(;゛゜'ω゜'):

そんなこわい所に「私の鼻血ですから安心してください」と言うこともできず、完全スルーを決めた為、保険医さんや掃除人さんに悪いことをしましたがお許しください。

f:id:Aris:20151006183335p:image