AkicanBlog

トップページ
雑  記
モバイル
ライフハック
ソフトウェア
HSPスクリプト
リンク

2009-10-11

Microsoftの 公式 メモリ開放ソフト empty.exe

 メモリ開放ソフトといえばWin9xの頃に大変お世話になったソフトのジャンルではありますが,WindowsXPになってからは搭載できるメモリの量が飛躍的にアップしたり,あまりにも余裕すぎてメモリをHDDのように記憶領域として扱う人も出てきました。

ですか,よくよく考えてみると,搭載可能メモリはたしかに増大したけど,アプリケーションの消費メモリも半端なく増大しているのです。

 特にfirefoxなどタブブラウザアプリケーションはやばい。タブをかなり起動させていくと,みるみるうちにメモリが消費され,気づく頃には100MBなんて消費したりする。しかも,タブを消したにも関わらず,OSに使わなくなったメモリあるよーとお知らせするといったことはしない場合がある。これはアプリケーションのヒープ領域にメモリを確保しているため,らしい。

WindowsXPにもメモリ開放ソフトを使ったほうがいい

 本当はいやなんだが,仕方ないのかもしれない。近年では小型パソコンのシェアが伸び続けている。ちょっと裏がありすぎる100円パソコンの存在もあるからだけど,それに伴いメモリ1Gなんてパソコンも少なくない。今この記事を書いている筆者のパソコンでさえ1Gのメモリでfirefoxでタブを10個20個も起動させている。

 また,EeePC等のSSDが記憶領域として使われている小型パソコンは仮想メモリが0MBに設定されている場合があるので,リムーバブルディスクSDカード等)を仮想メモリに割り当てる必要がある。XP環境でSDカード仮想メモリに設定しようとすると,なぜか仮想メモリファイルがC:\に設置されてしまうバグ?があるみたいです。この場合市販のeBoostrなどを使うといいかもしれません)そうしないと,メモリ開放ソフトはエラーで強制修了してしまうので注意。リムーバブルが無いかといって,仮想メモリSSDにしてしまうと,SSDの断片化や寿命がはやまるので,やめたほうがいい。


ちょっと前置きが長くなりすぎたので

最強安全メモリ開放ソフト(マイクロソフト

http://nagabuchi.jugem.jp/?eid=162

昨日,こんな記事を見つけた。メモリ開放ソフトといえば,もう最近ではベクターのメモリ開放ソフトのカテゴリを見ても,なんだか時代の流れを感じてしまう。

でも,このソフトはそんな時代の流れをまったく感じさせない。そう,このソフトは,Windows XP,Vista専用なのだ。多分2000も使えるとおもうけど,Win9x系が使えないのである。

私は,メモリ開放といえばWin9xという個人的な偏見を持っていたに過ぎないのか,時代が進んだのか,XPなんてもう古いからメモリ開放ソフトつかっとけよというのか,メモリ開放ソフト自体がニュータイプに進化したのか・・・。


とりあえずありがたく使わせていただきます。



スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

2005-2011 Akicansoft.