Hatena::ブログ(Diary)

Set the controls for the heart of the sun

 | 

2017-07-26

続々 Mac Book Pro (Emacs Yatex Pictprint)

00:06

いい加減限界にきているのでもろもろデータ移行。

1. MacTeX2017をインストール http://tug.org/mactex/
2. Emacsインストール  $ brew install --with-cocoa emacs --env=std
3. スペルチェッカをインストール   $ brew install aspell --lang=en
   aspell.conf に以下を書く。

   lang en_GB

4. JTeX62c10をダウンロード http://www.math.sci.osaka-u.ac.jp/~koiso/JTeX.html
   上記URLは移行されるらしい:http://imi.kyushu-u.ac.jp/~nkoiso/ 
  Pictprinter をアプリケーションフォルダにコピー
    Computer Modern フォント:http://www.ring.gr.jp/pub/text/CTAN/systems/mac/textures/fonts/Computer_Modern_PostScript/cmps-macintosh.hqx
    ↑の展開したディレクトリにあるすべてのファイルを/Library/Fonts/にコピー.ディレクトリの中身は取り出してコピー.
    AMSfont:http://www.ring.gr.jp/pub/text/CTAN/systems/mac/textures/fonts/AMS.PS.fonts.sea.hqx
    ↑展開したディレクトリのうち、AMS/PS screen fonts、AMS/PS Metrics、AMS PS outlines フォルダの中のファイルを/Library/Fonts/にコピー.
5. リリース版のYaTeXダウンロード: https://www.yatex.org/
    yatex1.77ディレクトリを ~/.emacs.d/site-lisp/ にコピー 
  pictprinterをYaTeXで使うために、yatexprc.elを編集。
    emacsで編集する場合、ファイルがread-onlyになっているので Ctr+x, Ctr+q で書き込み可にする。
    850,851行目
      (defvar YaTeX-dvi2-command-ext-alist
        ‘((“[agx]dvi\\|dviout” . “.dvi”)
    の下に
            (“PictPrinter\\|dviout” . “.dvi”)
  を追加。 
6. .emacsファイルを作る(昔先生のMac Book Airを設定したときの記録をコピペ)
;;;時計を表示                                                                                    
(setq display-time-day-and-date t)
(display-time)

;;;直前/直後の括弧に対応する括弧を光らせる                                                       
(show-paren-mode)

;;; mark領域に色付け(好みで有効に)                                                             
(setq transient-mark-mode t)

;;; タブ幅(setq tab-width 4)                                                                     

;;; インデント                                                                                   
(global-set-key "\C-m" 'newline-and-indent)
(global-set-key "\C-j" 'newline)

;;; タブに関するコマンド                                                                         
(setq indent-tabs-mode t)

;;;行番号表示(lispファイル読み込み                                                              
(autoload 'setnu-mode "setnu" nil t)
(global-set-key [f6] 'setnu-mode)

;;aspellの使用を宣言                                                                             
(setq-default ispell-program-name "aspell")

;; yatexの設定                                                                                   
(setq auto-mode-alist
            (cons (cons "\\.tex$" 'yatex-mode) auto-mode-alist))
(autoload 'yatex-mode "yatex" "Yet Another LaTeX mode" t)
(setq load-path (cons (expand-file-name "/usr/local/Cellar/emacssite-lisp/yatex") load-path));homebrewインストールしたものを使う場合
(setq tex-command "/usr/texbin/platex -kanji=euc"                                                                      
     dvi2-command "open -a PictPrinter")
(setq YaTeX-kanji-code 3) ; (setq YaTeX-kanji-code nil)の方がいいかもしれない。 
;;kanji-code 1 shift-jis                                                                                                 
;;kanji-code 2 iso2022jp                                                                                                 
;;kanji-code 3 euc-jp                                                                                                    
;;kanji-code 4 utf-8 


7. 行番号表示
以下のサイトからsetnu.elをダウロードしてemacsのsite-lispディレクトリにコピー。あと、.emacsに以下の記述を追加。
http://www.damtp.cam.ac.uk/user/sje30/emacs/ell.html

;;ロードパスにhomebrewインストールしたemacsのsite-lispディレクトリを追加
(setq load-path
      (append
        (list (expand-file-name "/Users/username/.emacs.d/site-lisp/")) load-path))

8. 図の変換用にImageMagickインストール
$ brew install

9. システム設定→キーボード→入力
  ¥の入力でバックスラッシュ、に変更

10. Emacs上でCtr+spaceでマークセットができないので、ショートカットの設定を変更
 システム環境設定→キーボードショートカット→入力ソースにて、
 前の入力を選択のところを「⌘スペース」の方ではCommand+Option+スペースを押下。
 入力メニューの〜のところで「⌘⌥スペース」の方ではCommand+スペースを押下。

PDFのビュワーにAcrobat Readerを指定してターミナルからコマンド起動しようとしたけど、昔みたくopen -a acroread と打たなくても、open **.pdfで起動できるのね・・・。エイリアスする必要が無くなってた(前から?)。

 |