ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

じゃがめブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-10-24

東京ガスCM 家族の絆シリーズが涙腺を刺激し続ける件

東京ガスCMということで、関東ローカルなのでしょうか。

まいどまいど、眼球の後ろ側の涙が出るツボを押してくれる名CMだと思うのでご紹介。一分半のぬくもりをどうぞ。

どう書いても陳腐しかならなかったので、コメントは無しで。

東京ガスCM 家族の絆山菜の味編

D

東京ガスCM 家族の絆・お父さんのチャーハン

D

東京ガスCM 家族の絆・お弁当メール

D

おまけ お弁当を食べながら

D

家に帰ると温かいご飯が出てくること、ともすると当たり前のように感じてしまうものです。作ってくれた人の気持ちを忘れてしまうことだって少なく有りません。

食べ物を通じて人と繋がっているということ、感謝を伝えること。たまには考える時間をもちたいものですね。

あなた「ありがとう」って、言ってますか?


sorarisu0088sorarisu0088 2010/10/24 18:38 (´;ω;`)涙腺崩壊しただろ!どうしてくれるんじゃ!ヽ(`Д´)ノプンプン

Asmodeus-DBAsmodeus-DB 2010/10/24 19:18 >sorarisu0088 さん
それは申し訳ないことをしました。
では気分を変えて、こちらをご覧になってみてはいかがでしょうか。
http://www.youtube.com/watch?v=sJVPzSJ3vQ8
http://www.youtube.com/watch?v=q_YUtEcbUPo

通行人通行人 2010/10/24 20:09 ありがとう。
 とっても良かったです。ローカルCMですよね。
うちでは見られないです。

テレビでは見られないけど、YouTubeなら・・・。
CMを見ることに違和感がないのもびっくりしました。

curestcurest 2010/10/24 22:23 TV普段みないから、泣いた;;

regicatregicat 2010/10/25 00:55 家族シリーズには入らないのかもしれないけど、同じ東京ガスの「涼厨」もかなりきます;;ラストが……
http://www.youtube.com/watch?v=RKNWy9xp6Lc

cup10cup10 2010/10/25 21:12 やべ、マジ泣いたわ、1分30秒すげーよ
特に、お父さんのチャーハンがやばかった。

Asmodeus-DBAsmodeus-DB 2010/10/26 06:50 >通行人 さん
東京ガスのCMなんで、たぶん東京ローカルだと思います。
人生の一幕を切り取ってみせてその傍らに商品を置く、という魅せ方がCMを上手く意識させないのかも知れませんね。
1分半なのも良いのかも知れません。15秒CMだと、どうしても商品説明の割合が大きくなってしまいますし。

>curest さん
泣けますよねえ。
こういうのが泣ける年齢になってしまったんだなあ、とそこでもまた涙が。

>regicat さん
涼厨のCM、良いですね。ありがとうございます。
私的には、メモを採るときの姿勢が師匠と弟子で同じなのもまた涙を誘いました。

>cup10 さん
チャーハン、来るものがありますね。
クライマックスの「うまいか?」のタイミングで曲が泣かせにかかってくるのがズルいな、と思いますw

偽善偽善 2010/12/27 12:32 は?何が泣けるか意味わからんし。

rosecaramelrosecaramel 2011/01/15 23:53 私も涼厨のCMで泣きました。私が見たのはTV朝日の「食彩の王国」のCMでしたので、他でも流して欲しいと東京ガスにメールしたら返事が来ました。あれは長すぎるので、時間上どうしても「食彩〜」でしか流せないって。他のCMはショートとロングがあるけど、妥協しないんだなーって思いました。
いいCMだと思います。お弁当も泣けますね。

東 2011/04/17 01:47 私はお弁当の話しか見たことなかったので、こんなに種類あるとは…しかもどれも…、泣けますね(汗)

本当に涙腺崩壊です。

とても素晴らしいもの拝見させていただきました。
ありがとうございます^^

サイトに感謝サイトに感謝 2011/05/21 15:15 妙に心動かされるCMで、ググッてこのサイトへたどり着きました。

なんとも「弁当」っていう奴には弱いんですよ。6年間も「弁当」を作り続けてくれた母親、お礼を言ってなかった事、CM見ていて気づきました。

もうボケてしまって、感謝しても分からないだろうけど。
「ちゃんと感謝しとけよ」と息子には言っておかなければね。
「愛とは自分の時間を削り相手に捧げること」という事が分かる年になるのは、子供を持ってからですね。

私が弁当つくってあげようか?>> 偽善さん

関西人関西人 2012/06/20 14:24 見事に崩壊しました。
東芝電球のCMも恐らくお好みではないかと思います。
私はそちらも涙腺やられました。
関西のテレビでも目にした記憶があるので、もしかしたら大阪ガスでも同じ映像を使っていたのかもしれません。

つかさつかさ 2012/11/27 22:40 東京ガスのCMで検索したら、こちらに辿り着きましたので、コメントさせて頂きます。

皆さんは感動したとか涙腺が…とかのコメントが多いとは思いますが、敢えて、私は逆の意見です。

製作側の(感動させようとする)意図が見え見えで、鼻に付くというか、奇を衒い過ぎの感じがします。

東京ガスだけに、臭いCMの様な気がします。

たけおたけお 2012/11/29 00:46 大多数の人が感動すると言ってる中で、自分はそうは思わないという意見を持つことは悪いことではない
しかし、世間からズレてることは間違いないのであまり胸を張れることでもない

ハリー・ライムハリー・ライム 2013/10/05 21:17 http://harrylime3rdman.blogspot.jp/2011/08/cm.html

東京ガスのサイト(こちら)に過去のCMのアーカイブがあります。

ガス・パッチョのようにくだらない(すみません)シリーズもありますが、「家族の絆」が私の好きなシリーズです。

「家族の絆・お弁当メール」は、悔しいけれど、見るたびに目に涙が浮かんでしまいます。たった数10秒なのに、どうしてこんなに心に響くのでしょうね。何でも分析するのが好きなタイプの私ですが、このCMについては、素直に見ては、毎回泣いています(笑)。

配信終了のサイトにある「家族の絆・お父さんのチャーハン」もよかった。こちらも毎回泣いてしまうタイプでした。

「家族の絆・山菜の味篇」についても、他界した祖母を思い出すからでしょうか、毎回、心が動きます。家族の絆シリーズでも、私が一番好きなCMです。


子どもの頃田舎のおばあちゃんの家で食べた山菜の煮付けがとてもおいしくて、「なにこれ、おいしい」って言ったら、それから、毎年、おばあちゃんがそれを作ってくれる。でも、ある夏、おばあちゃんが、自分に向かって「どなたですか?」と言う日が来てしまう。自分のことがよくわからなくなってしまったおばあちゃんと一緒に、その山菜を料理する、と言うようなストーリーでした。

「家族」というものが得意ではない自分が、どうしてこんなに家族の絆シリーズに心を動かされるのか、不思議です。

家族の絆編ではないですが、「涼厨・師匠の声編」は、家族の絆編と比べるとしっかり商品を売り込む正しい(?)CMなので、その分、感動は薄いです。それでも短い時間に、きちんとストーリーのあるよいCMです。

中嶋朋子が子どもと一緒に、親子で食事を作るだけのCMがあります。タイトルが分からないのですが。これもとてもよいCMです。母親が息子を見つめる様子が、とても愛にあふれていて、とてもいい。

とくに、中嶋朋子の子どもに向けたナレーションがすごく良いのです。

君と一緒に、料理を作る時間が大好きです。
君が真剣な顔をして、食材と向き合っている。
体の五感全部を使って、料理を作る楽しさを感じている。
包丁をちゃんと持ち、炎を使って、料理を作っている。
じゅーじゅー、ことこと・・・炒める音、できあがる匂い。
それは、普通のことだけど、とっても大切なこと。
君が生きていくために、必要なこと。
料理を作ることは、生きる基本を教えてくれます。
炎は人をはぐくむエネルギー。

これは、詩としても、十分に成立していますね。
ガスの宣伝をしっかりしながら、しかし、CMとして完成度が高い。
CMとしてのクオリティーの高い一本です。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証