さぼてんの会話

2010-04-29 マンゴー!

休日、

後輩の子と仕事をした後、


新宿

高野フルーツパーラーに

パフェを食べに行く。


宮崎マンゴーパフェは、

3000円もするので高過ぎて

食べらなかったけれど、


ふつうのマンゴパフェを食べた。

f:id:AyuKo:20100429200721j:image


ヨーグルトアイスの

さわやかな酸味と相まって



うますぎるやろー

harunaharuna 2010/07/27 16:17 あゆー。元気?
パフェおいしそう。。。食べたい。。。
赤坂は変わりありませんでしょうか?笑
まぁ良くも悪くも変わってないと思うけど。。。
身体壊さないようにね!!

2010-04-25 ほったらかし温泉

山を降りる前に、

途中の集落を散策した。


春の景色が広がっている。


f:id:AyuKo:20100425110258j:image



f:id:AyuKo:20100425110648j:image



f:id:AyuKo:20100425111248j:image



f:id:AyuKo:20100425112002j:image



f:id:AyuKo:20100425112301j:image



f:id:AyuKo:20100425114224j:image



f:id:AyuKo:20100425115600j:image



f:id:AyuKo:20100425115408j:image



2時間ほど歩き回り、

春の山の風景を堪能した後、


ほったらかし温泉の麓へ移動する。


初めて、

ろくろを廻して、

陶芸をした。


ろくろは、

集中して指先に力を入れないと、

以外に回転が速くて

持っていかれてしまうが、


力を込めすぎると、

すぐにぐにゃりと、

土が曲がってしまう。


扱いにくい性格だと思った。


夕方、

富士山を眺めながら

ほったらかし温泉に体を浮かべる。


f:id:AyuKo:20100425165624j:image


きちんと遊び倒すと、

月曜日がんばろうと思える。

2010-04-24 十谷上湯温泉

山梨の山奥にある秘湯、

十谷温泉で一泊する。


晴天。

山間から広がる青空と薫風。


絶好のお出かけ日和である。


町を抜け、

集落を抜けると、


ようやく一軒宿が見えてくる。

源氏の湯」である。

f:id:AyuKo:20100425102754j:image


f:id:AyuKo:20100425104813j:image


宿の前には悠々と川が流れており、


f:id:AyuKo:20100425104046j:image


宿からつり橋を渡って

露天風呂へ行く。


源泉は31度と、

たいへんぬるい温泉

加温した露天と二つあり、

交互に入ることで、

より効果が高まるそうだ。


着いてすぐ、

夕方の光が緑を照らす中、

露天風呂に浸かりながら、

一緒に入ったおばちゃんたちと

くっちゃべり、


山のもてなし料理をいただいた後も、

露天風呂につかった。


他の人がいなかったので、

ぷかぷか温泉に浮かびながら、

星と月を仰ぎ見た。


耳に入るのは

滝と風の音だけ、

たまに目を閉じて、

心休めた。


生まれる前は、

こんな感じだったんかなと。

2010-04-18 レンピッカ

休日の渋谷は疲れる。


それでも見たかった

タマラ・ド・レンピッカ展である。


マドンナも愛したという

彼女の画は、


華やかで、

攻撃的で、

ビビッドで、

セクシーで、


描かれている女性の

細く切れた強い眼が

とても印象的だった。


女性が強くあることが、

男性的な変化としてあるのではなく、

女性の色っぽさを増す形で存在していて、

とても魅力的に見えるのだ。


映画ジャンヌダルクを思い出す。

ジャンヌ・ダルク [DVD]

ジャンヌ・ダルク [DVD]


さらに面白かったのは、

その後、画の雰囲気が

変化していること。


華やかさから一転、

宗教的なモチーフを描くようになり、

画のトーンも静寂へと変わっていくのだ。


それは、

彼女の私生活の変化の表れであり、


女性の一生は、

常に、周囲の何ものかに、

感受性高く影響を受けながら、

取り込みながら、


しなやかに進むのだなあと、

思った。

2010-04-11 ソラニン

ひさしぶりに

映画館に足を運んだ。


浅野いにお原作、

宮崎あおい主演、

ソラニン

D


池袋へ行くと、

満員で、


場所を新宿に移し、

ぎりぎり入ることが出来た。


実写化されたら、

若干、萎える感じかなと

思っていたら、


そんなこともなく、

役者に叫ばれると、

ぐっとくる。


登場人物たちを、

少し遠く思う自分に、


26歳であることを痛感する。


一緒に見に行った人間は、

ど真中だと言った。



踏み絵のような

ストーリーだと思った。