3D小説 岡田アユミ

2013-05-02

Scene5 23:30〜 3/3


「緊急事態ですよ。トレインマンが出たんです」
 大久保が、電話の向こうに叫んでいる。
「ええ、そうです。銃を持ってて。女の子が狙われたんですよ」
 さすがに走り続ける体力もなくなった。
 2人、並んで歩く。先ほど転んだ時の痛みが、まだ腰の辺りに残っている。
「大事件でしょう? とにかく保護してください。今、交番に向かってます。――いえ、最寄りはなんだか、先回りが不安で。新神戸の方の交番です」
 そうだったのか。トレインマンに交番付近を見張られるなんて、考えもしなかった。そもそも自分がどこに向かっているのかさえ考えていなかった。
 ただ、あの場所から離れたかっただけだ。トレインマンがじっと留まっているわけもないのに。
 大久保は意外に冷静だ。そう考えてから、思い当たった。
 電話を切った大久保に告げる。
「ちょっと、遠回りしすぎじゃない?」
 新神戸の交番は、こっちじゃない。もっと北の方だ。
「あ、うん」
 大久保は慌てた様子で、何度か頭を掻いた。
「悪い。間違えた」
 不安が胸をよぎったが、それを飲み下す。
 大久保は普通の大学生で、普通のコンビニ店員だ。もちろんトレインマンは怖いし、混乱だってしているだろう。
 なのに私の、命の恩人だ。それはきっと、とても凄いことだ。私には多分、友達が殺人鬼に襲われていても、助けられない。
 私は初めて、大久保を尊敬した。
 同級生の男の子を尊敬するのは、10年ぶりだ。


back← 全編 →next
back← 岡田 →next



















. 

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証