3D小説 岡田アユミ

2013-05-03

Scene17 1/2


 そのよく晴れた日曜日、私はモップの元に向かっていた。タッパーには残り物のパンと、冷蔵庫から取ってきたハムが入っている。
 あんまり空が青くて、なんだかとてつもなく素敵なものが落ちてきそうな予感がして、アマリリスを口ずさみながら公園に入った。
 モップは黒崎くんの犬小屋に頭をつっこんで眠っていた。ただ眠っているように見えた。
「モップー」
 と私は呼びかける。
「元気にやっているかね? ごはんだよ、モップ」
 犬小屋の前にしゃがみ込む。
 モップは人懐っこい犬だ。それに、最近は私を「餌をくれる人」と認識しているようだった。声をかけると嬉しげな声を上げながら飛び出してくる。なのに。
 今日は様子が、違っていた。
 犬小屋に頭を突っ込んだまま、か細い声で一度、鳴いただけだった。
「どうしたの? モップ」
 私はその、茶色く汚れた毛に触れる。
 熱い。体毛と肌の向こう、モップの血液が、慌ただしく脈打っているのがわかった。全力疾走をした後みたいに。
 さすがに、私も理解した。
 モップは病気にかかったのだ。
 昨日まであんなに元気そうだったのに、どうして?
 訳がわからなかった。こんなこと、起こるはずないと思った。目の前で起こっていることなにのに。どこまでもありふれた現実なのに、まったく非現実的なことに思えた。
「モップ、モップ」
 私は名前を呼びながら、モップを抱きしめる。タッパーが地面に落ちて、大きくバウンドする。
「モップ」
 どうしよう?
 私はとにかく、モップを抱きしめる。
 どうしよう? どうしよう?
 まったく、頭が回らなかった。慰めるようにモップが、小さな声で、また鳴いた。
「モップ、大丈夫? モップ」
 大丈夫なわけがない。わかってる。泣きたい。
 強く目を閉じた、その時だ。
「よう。どうしたんだ? 泣き虫」
 黒崎くんが、すぐ隣に立っていた。


back← 全編 →next
back← 岡田 →next



















.