3D小説 岡田アユミ

2013-05-03

Scene17 2/2


 黒崎くんは、まず犬小屋を破壊した。
「何を――」
 しているの?
 そう尋ねる前に、意図がわかった。
 彼は犬小屋をまた、ただの段ボールに戻して、底にタオルを敷き詰めた。
「ほら、モップを」
「うん」
 モップを段ボールの中に横たわらせる。彼はそれを抱きかかえて、走り出した。
 慌てて後を追う。
「どこにいくの?」
「病院だよ。もちろん」
 そうか。そうだ、もちろん。
「でも、お金、あるの?」
「あるわけねぇよ」
「いいの?」
「行けばわかるだろ。なんとかなるさ」
「なんとかって」
「獣医がいるところに行くんだぞ? 病気の犬がいてさ、なんにもしない獣医なんているか?」
 それは――
「お前が獣医なら、助けるだろ。決まってる」
 もちろん、助ける。決まっている。
 黒崎くんは足が速い。でも、なんとかついていけた。彼はモップが揺れないよう注意して走っているからだと気づく。
 助かれ、助かれ。一歩ごとに、そう願いながら走る。
 口には出していなかったはずだ。なのに、彼は言った。
「助かるさ。もちろん」
「どうして?」
「ようやくなんだ」
 後ろ姿じゃ、黒崎くんの表情は見えない。
「ずっと、腹が減ってたんだ。次の飯は、美味いんだよ」
 意味がわからなかった。
「助かるに決まってるんだ」
 でも、彼の言葉に、救われた。

 動物病院に到着した時、モップは目を閉じて。
 ささやかで浅い呼吸を繰り返していた。


back← 全編 →next
back← 岡田 →next



















. 

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証