3D小説 岡田アユミ

2013-05-03

Scene12 1/3


 モップについて語ろう。
 彼は白いポメラニアンだ。でもその毛並みは茶色く汚れていた。世の中の汚いところをみんな拭き取っていくように、腹の長い毛を地面にこすりつけて歩く犬だった。

 モップに出会ったのは、私が11歳になった日だ。
 午後4時。よく覚えている。
 近所の公園で泣いていた時のことだ。うつむいた私の視界に、白い毛玉が、とぼとぼと入ってきた。モップはポメラニアンの中でも屈指の毛の長さを誇る犬だった。
 彼は何か探し物をしているようにみえた。大切なものがどうしてもみつからず、疲れ果てながらそれでもまだ探し続けているように、うつむいてゆっくり歩いていた。
 モップが足元で立ち止まる。それから、私の顔を見上げた。犬の目はいつだって悲しげにみえる。モップの目も悲しげだった。
 ――僕じゃないですよね?
 と、モップが言ったような気がした。
 ――貴女は誰かを待っているようだけど、それは僕じゃないですよね?
 ポメラニアンの心情なんて、私にはわからない。きっとその言葉は私が勝手に作ったものだ。モップの姿と、私の心から、身勝手に生まれたものだ。
 でも、
 ――ううん。私はたぶん、君を待ってたんだよ。
 と、内心で応えた。

 もちろん私が待っていたのは、モップではない。
 でも、あの時の私が誰を待っていたのか、私自身にもわかっていなかった。


back← 全編 →next
back← 岡田 →next



















. 

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証