3D小説 岡田アユミ

2013-05-04

Scene22 ??:??〜


 夢を見ていた。

 あの公園。
 モップが足元にじゃれてくる。
 黒崎くんは笑っている。
 約束が叶って、私たちは毎日、並んで公園を歩く。
 暖かい夢だ。光に満ちた夢だ。
 でも、何か違和感があった。

 ――ああ、そうだ。
 彼があのペンダントをしていない。
 そのことに気づいた瞬間、モップが消えた。
 黒崎くんもいなくなっていた。
 代わりにそこに立っていたのは、キャップを被り、銃口をこちらに向けた男だった。


back← 全編 →next
back← 岡田 →next



















.