3D小説 岡田アユミ

2013-05-04

Scene10 01:50〜 2/4-????


 しばらくメールをいじっていた。
 でも、どこにも送信できない。圏外だから当然だ。
 さすがにもう諦めよう、そう決意した時だった。
 手の中の、スマートフォンが震えた。
 錯覚だ、と思った。電波も届かないところに、私はいるのだから。でも理性とは反対に、身体は素早く反応していた。モニターを覗き込む。
 そこには、確かに。
 新しいメールが、届いていた。
 知らないアドレス。――「少年ロケット」でもない。
 本文は――

 岡田さん、驚かせてごめんね。
 でも、一つだけ教えて欲しいんだ。君たちを助けるために。
 黒崎の連絡先は知らないかい?

 え。
 私と彼のことを、知っているの?
 どうして。一体、誰なんだ。小学校の頃の、同級生かな?
 ――黒崎くん。
 意識は、自動的に彼のことを思い出していた。
 黒崎くん。
 彼の連絡先は、わからない。
 彼が引っ越ししてからも長い間、手紙のやり取りを続けていたのに。
 高校2年生のある日、ばったりとそれが途絶えてしまった。
 ――黒崎、くん。
 もしも、ここに彼がいたら。
 そう考えてしまう。
 ――もしかしたら、この人なら、黒崎くんのことを知っているのかも!
 思い当り、ともかく返信してみるが、やっぱりエラー。圏外なのに、一方的にメールが届くことなんてあり得るのだろうか。
 ため息をついて、私は目の前のドアを見つめる。とにかく進むしかないのだ、どれだけドアの向こうが怖ろしくても。ここに留まっていても、何も変わらない。
 手を伸ばす。胸が大きな音をたてる。怖い。心臓が痛くて、吐き気さえ覚える。息を止めて、ノブを回す。ドアはこんなにも簡単に開く。
 先は暗い部屋だ。

 誰も、いないようだ。
 息を吐き出す。肌が妙に汗ばんでいた。
 ゆっくり、辺りを見回した。広い。リビングだろうか。ソファー、テーブル。テーブルの上には文庫本が1冊。どこかの書店のものだろう、濃いブラウンに、ポップな街のイラストが描かれたカバーがかかっている。
 窓を探したが、それはなかった。部屋の奥、パソコンラックにデスクトップPCが置かれている。モニターは暗いが、電源のボタンは緑色に光っていた。左手の方に、ドアがある。また、――また、あれを開けるのか? 嫌だ。心底、怖い。
 ふと気づいた。
 PCなら、インターネットに繋がっているんじゃないか? スマートフォンが圏外でも、有線なら、あるいは。
 私はPCに駆け寄る。
 緑色の電源ボタンを押す。
 モニターが明かりを放つ。
 そこには、奇妙な画像が映っていた。
 世界地図、のようだ。その上に迷路が書き込まれている。あまり丁寧なものではない。雑な線だ。
 ともかくエンターキーを押してみた。小さなウィンドウが、画面の中心に表示される。

 このコンピュータはロックされています。
 パスワードを入力してください。

 パスワード?
 先ほどのメールを思い出す。
 黒崎くん、の方ではない。彼が関係しているはずない。その前の、長い数列の方だ。
 ――もちろん、パスワードがメールで届くはずなんて、ないけど。
 とりあえず打ち込む。
 エンターキーを押すと、ウィンドウの文字が変わった。

 ERROR!

 違った、のか。
 PCから、ビィ、ビィと耳障りな音が響いた。息が詰まる。電源ボタンを押すが反応しない。なんなの? 立ち上がろうとして、デスクで強く腰を打つ。勢いよくまたチェアに座り込む。
 モニターに正方形のウィンドウが開いていく。いくつも、いくつも、重なり合って。まず見えたのは私の顔だった。それから、私の背後、私の耳、私の左手――
 無数のウィンドウに、無数の私が映る。私が動くと、モニターの私も動く。今、この場面を撮られているのだ、と理解した。あらゆる角度から、あらゆる私を。辺りを見回す。モニターの私も首を振る。だがカメラは見つからない。
 ビィ、ビィとうるさい音はまだ鳴り続けている。私の画像には、判子を押すように、同じ赤い文字が張りつけられていく。

 WANTED!
 WANTED! WANTED! WANTED!

 何かとんでもない失敗をしでかしたのだと、ようやく気づいた。
 混乱する。視界がぼやけた。涙が滲む。
 ポケットで何かが震えた。スマートフォン。電波がないじゃ、なかったのか? 慌てて引っ張り出す。やはり、左上には圏外の文字。
 なのに1通のメールが届いていた。差出人はまた「少年ロケット」だ。
 メールには、妙に陽気に。

 そうなんだよなーっ!
 この2人は、高校2年から、連絡とれてないんだよなーっ!
 で、最後に顔を見たのは小5でさー。
 なーんか、「あいつだ!」ってわかるものがあるといいんだけどなーっ!

 そう、書かれていた。
 意味がわからない。きっと誰かの悪ふざけだ。
 視線を戻すと、モニターには、また新しいウィンドウが現れていた。
 白く、小さなウィンドウ。そこに無機質な文字が並んでいる。

 おめでとうございます。
 あなたは次の一面記事に選ばれました。

 ゆっくりと、時間をかけて、その短い文章を読だ。
 読んでから意味を理解するまで、さらに時間がかかった。
 あまりに遅すぎるけれど、ようやくわかった。
 ――きっともう、トレインマンからは逃げられない。
 悔しくて、私は強く、目を閉じた。

Bad end - no.1「修正すべきシーン」


back←



















.

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/AyumiOKADA/20130504/p21