3D小説 岡田アユミ

2013-05-04

Scene23 10:30〜 1/5


 黒崎くん。
 彼の名前を呟いて、目を覚ます。
 ぼやけた視界で考えた。
 今、彼はどこにいるのだろう?
 何をしているんだろう?
 どうして私は、彼のことを、何も知らないのだろう?

 高校の2年生まで、私たちはずっと手紙のやり取りをしていた。
 手紙でも彼は、ちょっとぶっきらぼうで。もちろん、優しくて。いつも誠実に、私の相談に乗ってくれた。
 なのに、高校2年生のある日、突然、彼からの手紙は途絶えた。
 心配で、私は毎日のように手紙を書いて。
 でもそれらはすべて、「宛て先に尋ねあたりません」の赤い判が押されて戻ってきた。

 手紙は長い間、私たちの、唯一の繋がりだった。
 でもその繋がりは、ふいに損なわれた。
 彼には私の苗字が変わったことさえ、まだ伝えられていない。


back← 全編 →next
back← 岡田 →next


















.