3D小説 岡田アユミ

2013-05-04

Scene23 10:30〜 5/5


 しばらく、彼女の話に圧倒されていた。
 でも、やがて疑問がわき上がる。
 まただ。「どうして」。でも気になった。
「どうして、こんな話を、私にするんですか?」
 必要ない。むしろ彼女には不利なはずだ。
 きっと私は、これから警察へ行って。
 今、聞いた話も、全部伝える。
「教えて欲しいのよ」
 彼女は言った。
「昨日の夜。なぜ貴女は、あのパスワードを知っていたの? あの、PCのパスワード。私だって知らないのに」
 尋ねられても、困る。
 なぜわかったのか、わからないのだ。私にも。
 彼女は僅かに、テーブルに身を乗り出した。
「ねぇ、お願い。教えて。貴女は何を知っているの?」
「わからないんです」
 正直に答える。
「知らないアドレスから、メールが届いて。そこに書いていた通りに打ち込んだだけです」
 彼女は不満げだ。
「誰がそんなことするっていうのよ?」
 わからない。そんなの。わかるわけない。
 神さまのいたずらだとしか思えない。
「正直に教えて。あいつの何を知っているの? あいつは、きっと――」
 その時。
 リビングに、携帯電話の着信音が鳴り響いた。


back← 全編 →next
back← 岡田 →next



















.