3D小説 岡田アユミ

2013-05-05

Scene32 13:00〜 2/2-fullheart 2/2


 何もわからなかった。
 なぜハートのペンダントが2つ揃ってここにあるのかも。
 どうして私が、心の底から安心して、あの銃口に背を向けていられるのかも。
 わからないまま、正しい形に繋がった、ペンダントを手に取る。
 10年前から首に下げていた、あの黒い欠片だけじゃない、完全なハートはずっしりと重かった。両手で握りしめる。
 そして、ふいに理解した。

 だ。
 触れて、伝わる、この世界でもっともリアルなもの。暖かな温度のような何かを、手のひらに感じる。
 私はそれを知っている。名前を思い出せないけれど。
 愛情に似ている。友情に似ている。祈りに似ている。涙に似ている。モップにも、もちろん黒崎くんにも似ている。
 熱のような、名前の思い出せない、でも確かに知っている感情が伝わる。ハートから、手のひらを通り、私を駆け巡る。
 だからだ。ふいに理解した。
 誰かが。
 きっとたくさんの誰かが、奇跡を当然にしてくれた。
 思いもよらない幸福が、ただの当たり前になるように、ここまで運んでくれた。
 誰かがハートを、届けてくれた。





 かたん。と、背後で音がした。
 振り返る。
 キャップ帽を被った彼が、両手をだらりと下ろしていた。
 足元に拳銃が転がって、きっとどこでもない方向に、銃口を向けていた。
 彼は、その目深に被ったキャップ帽から、ようやく瞳を覗かせて。
 茫然と、私の手の中のハートを眺めていた。

 深い黒の、まっすぐな。
 それは、大好きな彼の瞳だった。


back← 全編 →next
back← 岡田 →next



















.