3D小説 岡田アユミ

2013-05-05

Chips - no.24「海を描く男」


 海を描き続けている男がいる。
 雨天を除けば毎日、決まって正午から午後5時まで、同じ場所で同じ海を描き続ける。

 彼は画家ではない。
 ただ、とある理由で、海辺にいたいだけなのだ。

 ところである夜、彼は夜道で、一人の少女にぶつかった。
 少女は青年に引っ張られ、早々にどこかへ立ち去ってしまった。
 海の絵がアスファルトの上に散らばり、彼はそれを集めた。
 その途中、ある「拾い物」をした。
(Chips - no.27「彼の理由」に続く)


back←



.

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証