人生に疲れた男のblog

2016-03-09

[]Steamネプテューヌシリーズがミッドウィークセールを実施中、もちろん日本は・・・

Steamストアページ - Hyperdimension Neptunia Franchise

f:id:BCC:20160309094701p:image:w480

久々のおま絵である。

"日本製"のゲームが"日本で発売されているゲーム雑誌"のインタビューの中で"日本語"で「Steamで英語版を出します」と公に答えられ、Steamで出たと思ったら手違いだったということで何の説明もなしにいきなりおま国となり、ミッドウィークでシリーズで大々的にセールを出したと思えば、日本からはトップページしか見えないのである。

tanimato1614tanimato1614 2016/03/09 21:47 日本の会社であるコンパイルハートが製作した「ネプテューヌ」シリーズは、言わずもがな純日本産でありますが、Steamでは日本人には買わせない意味不明な仕様に怒るどころか呆れますね。
利益度外視の、この方針の原因は何なのでしょうね?
国内のコンシューマ界隈の事情やらがあるのか、例えばソニーとの契約で、そのようになっているのかもしれませんね。
身内同士で身を寄せ合い、閉鎖的になってばかりでは何も変わりませんがね。
確か日本ファルコムが、Steamで日本語版を出さない理由を仰っていましたね。単純に売れないからと言っていたような。市場を育てるべき会社が、人間がこのような発言をするのですから、国内メーカーのPC市場に対する態度は分かりきったものです。最近では、スクエニやカプコン、コエテクが僅かながらPC市場に力を入れてきているようですが、全体的に見ればまだまだですね。
割れとか何とか言い訳する前に、まずは行動を起こしてほしいですね。売れる製品は売れるのです。マインクラフトはいい例ですね。艦これは基本無料のゲームですが、お金を出さずともしっかりと遊べます。にも関わらず、多くの利益を生み出しています。ミクロな話をすれば、18禁ゲーム、所謂美少女ゲームでは、個人製作の「奴隷との生活」は、約1億円まで売り上げたと言われています。まさに発想、アイデアの勝利ですね。
乱文長文申し訳ありませんが、何を言いたいのかを申しますと、自ら市場を放棄して且つウダウダ言い訳垂れ流して、意味もなく身内同士で固まっている排他的な国内メーカーにはらわた煮えくり返っていることです。
昨今のPC市場を見れば、売り上げやら割れやらは言い訳にはなりません。売れる製品は売れると証明されています。ゲーム市場が右肩下がりなのは、単純に国内メーカーの力不足です。市場を育てるのはメーカーの役目、売り上げ不足の原因はユーザーではありません。メーカーがきちんと市場に尽力すれば、我々ユーザーもそれに応えるものです。

GONGON 2016/03/10 05:11 >tanimato1614
長文ながら、最後まで読ませる力がありますね
自分も全面的に同意です

世界を見ても日本が異常に「おま国」が多いのが理解に苦しみます
今の日本企業の衰退が分かる気がしますね
閉鎖的な考えは、結局自滅しかないと

全然違う話です全然違う話です 2016/03/15 11:25 http://systemshock.com/
遂に来ましたな
3も出ますし非常に楽しみです

おま国嫌いおま国嫌い 2016/03/16 00:15 おま国ゲームを見つけたら、Steamストアで「おま国」「おま語」「おま言語」等のタグをつけていくことにしました。小さなことから始めよー。

BCCBCC 2016/03/16 10:26 現在のSteamのタグは英語圏で基準となるタグを決めて、それを各言語に翻訳して貼り付けられるというシステムが導入されているので日本ローカルのタグをつけても意味ないです。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証