人生に疲れた男のblog

2015-02-18

[]過去の自分の発言を読み直して驚く

過去の自分「○○は○○であるべし!」

今の自分「いや、その考えはおかしい」

過去の自分「えっ」

今の自分「えっ」


凄い、Steamが「ノベルゲームはゲームにあらず」と言っていた当時、自分は"エロゲーSteamに来なくていい発言"をしていたのか。なんて無責任な事を言ってしまったんだ・・・。おそらく、今一番日本でSteamに来てるノベルゲームにブヒブヒしてる奴は誰なのかと。


まあValve自体もそんなもの無かった発言を連発しているような所だし、いいか。

Valveそんなもの無かったリスト

  • 明日、明後日、来週、一週間後、一か月後(通称Valveタイム)
  • 「ノベルゲームはデジタルブック」→4年後、ノベルゲーム革命へ
  • XboxL4D2Modマップの有料配信
  • 初代Portalの簡易マップエディタ(ただし2で実装)
  • PS3はあらゆる面において厄災」→「PS3とPCは1つの幸せな家族だ!」 →「PS3...?」
  • Half-Life 3

2014-11-17

[]転載するのはいいとしても、自分が作ったかのように主張するのはどうなのかと

アップロード元が消えたからミラーしたとか、引用元表記したうえで転載するとかなら全くかまわないんだけど、さも自分が作ったかのようにツイートして他人に紹介したり動作確認行わせようとするのはどうなんだろうね。

人柱募集(´Д`)」なんて勝手にReadmeに記載して、問題が発生したらソースコードもなし・どういう原理で動いているのかもわからないのにどうやって修正するつもりだったのかと。

パクッた本人にバレずに済むと思ってたのかと。本人が見なくても、他人が見てたら伝えてくるって可能性もあるのに。

相手のblogのコメント欄に苦情書いたら消してくれたけど、苦情書いたコメントまで一緒に消されたのでパックてた事が身内にバレたらメンツが立たないから消したと認識しておく。


つーか、ちょっと調べたら持ってもいない他のゲームでblogの画像までパクってたりするのか。

とりあえず、Steamアカウントをブロックしておいたけど、この記事見ていたらもう二度とこのblog見ないでほしい。

2014-04-27

[]ニコニコ超会議3へ・そして日本の変態技術の結晶「超すけすけゴーグルくん」を体験してきた

f:id:BCC:20140427081857j:image:w480

本当は行く予定はなかったのだが、ねとらぼの体験記事が気になったのとOculus Riftを初めて経験してみるために、幕張メッセで開催されているニコニコ超会議に行ってみた。朝7時半から並んで10時に開演、会場に入れたのは10時半頃。来場者数は12万人らしいけど、体感的にはジャンプフェスタ以上に人が多かったように感じる。本当に移動に苦労した。

f:id:BCC:20140427160835j:image:w480

まずはお目当てのアニメブースにある「To LOVEる ダークネス ラッキースケベ体験コーナー」。朝のうちは並んでいる人数も少なく、待機列に入って次の順番でコーナーに入ることができた。

8人一組となって円を書くようにOculus Riftとイスが置かれた個室に案内され、Oculusを装着するとリトの部屋と思われる場所に立っているヤミちゃんがいる。画面の中央には円が書かれており、プログラムが開始すると・・・なんと!その円に覆い被さっているヤミちゃんのバトルドレスが透け始めるのである!

おいおい、俺は何かの犯罪に加担してしまったんじゃないか、と一瞬後悔の念の感じるが案の定一瞬でそんなことを忘れ、目の前のポル産VRにニヤニヤしっぱなしだった。Oculus Riftを被って口元がニヤケてるその絵は完全に変質者だったのがすぐ想像つくだろう。一分間の間に8人合わせてヤミちゃんの服を透かすのだが、もちろん全員胸か尻しか見てなかったのは言うまでもない。残念ながら(?)ヤミちゃんは水色の水着を着用しており、乳首やおまんまんは拝めないようになっている。まあ、現状でも十分犯罪チックなのでこれ以上は望めないだろう。

このプログラムの開発はPSVita「To LOVEる ダークネス バトルエクスタシー」のフリューとドワンゴが行ったようだが、協力にユニティ・テクノロジーズ・ジャパンの名前があった。

もしかしたら日本支社と本社でこんなやりとりがあったんだろうな。

ユニティ本社「ほう、Unityを使ってVR用のデモを作ることになったのか。やはり女の子が目の前でダンスするやつか?」

日本支社「はい、視点が合わさると女の子の服が透けるんです」

本社「えっ」

日本支社「女の子の服が透けるんです」

本社「えっ」

まさか、こんな使われ方をするとは思わなかっただろう。

本当はこれ目的だけで来たのだが、せっかくここまで来たのだから他のブースも見てみることにした。

まずはMicrosoftブース。Xbox 360、Windowsタブレット、Xbox Oneのプレイアブルが出展されていたが、とりあえずXbox OneのForza 5、タイタンフォール、Killer Instinctをプレイ。どのタイトルも英語版をそのまま持ってきてるだけで不親切杉、Killer Instinctに関してはその場にいたスタッフにも言ったが自分も含めてコマンド表がないので操作方法が分からず、CPUに一方的にボコボコにされて面白さを伝える前に理不尽さしか感じなかった。またどのタイトルに関してもいくらテクスチャやエフェクトが綺麗でも、解像度自体が低いのとアンチエイリアスが満足にかかっていないのでジャギーやチラツキが目立って次世代機感が全然無かった。Forza 5とかAIが自車に向かって体当たり覚悟で無理やり突っ込んでくるような凶暴な運転で、車体の映り込みやサイドミラーのフレームレートが低いように感じたのも気になった。

ゲーム関係の展示をしてるのに、ブースのディスプレイでは中小企業向けのWindowsCMを流していたりして、広報のドヘタクソっぷりばかりが目立つ。

お次は通りかかった政治ブース、自民党は痛宣伝カーを出したりして親しみやすさを出そうとしているが、他の政党は完全に政治が〜政策が〜経済が〜っていうのが多くて完全に素通りしてしまう内容。それも大事だが、若者に政治に対して興味(政党を支持してくれる)をもってもらうなら、まずはきっかけってのが大事じゃないか?イメージ戦略に関しては圧倒的に自民党が上手。

ただし、客の入りは自民党と民主党なら差があるとはいえ大差とは言いがたい状態だと思う。というのも視聴するスペースが通路に限られているので、人が多いように見えてよく見ると自民党ブースの目の前にいる人は素通りしてるのが多いのが分かる。去年だったかアフィブログがやっていた印象操作はその通りだと思う。

あと、自民党コーナーに軍服来てる人が来てる!一部で騒いでるけど、コスプレエリア近くだったから色々とコスプレしてる人が多くてFPSゲーム系のコスプレやSWAT部隊なんて当たり前のようにいたし、主張したいことを選挙カーの上からみんなに向かって訴えるって企画だったので「自民の児童ポルノ法はおかしい!規制されるべきものだけ規制するべきだ!」って主張して司会役が微妙な雰囲気に包まれてたり結構カオスな状態になってたと記憶してる。もちろん、このblogの記事も信用せず実際にその場にいて見てから判断したほうがいい。来年も超会議あるだろうから来てみたら?

お次はまるなげひろば。そのままの名前だがニコニコらしいし、全年齢対象オンリーのコミケ(行ったこと無いけど)といった感じ。今回見てきたブースの中で一番面白かったかも。

ここでもOculus Riftを使った展示があったが、乗馬体験というものがあり、これが本当に乗馬したかのようで凄かった。今は亡きナショナルの乗馬器具と扇風機を一緒に組み合わせたものだが、乗馬している光景が目の前に広がり、馬が実際に歩を進めるたびに風が吹き視点も実際の体も揺れ、坂道を下る際はスピードがつき視点を地面が迫ってくるような感覚で本当に馬の高さに乗ってるんじゃないか、落ちたら怪我するんじゃないかと心配になったほど。乗り終わった後、実際に乗馬酔いになって足元がふらついてしまった。


そして、再びTo LOVEるダークネスコーナーへと戻ってきたのだが、待機列を見てみるとあの方々が並んでいるのが見えた。何度か通っても、さらに自分も再び2回ほど待機列に並んでみてもいたので、どうやら会場にきてから延々と超すけすけループくんを行っていたのだろう。実際に話しかけて確認しようかと思ったけど、ずうずうしいかと思ったのでやめておいた。

f:id:BCC:20140427164913j:image:w480

2014-03-05

[]外国人に日本語教える

外国人に日本語を教えるにはどうすればいいのだろうか?

この前の日本に興味がある中国人が日本語習いたいとのことで、安易な気持ちで日本語を教えてみることにしたんだけど・・・

やべぇな、日本語舐めてたは(今更!?)

つーかそもそもどうやって日本語教えればいいんだ!「月が綺麗ですね」とかありきたりな文章を「I love you」とか意味を一緒に書いたり、単純に単語の意味を教えていこうかと思ったけど、あっという間に普段日常生活で使えそうな言葉が思いつかなくなるね。しかもこれ教えたからといって、実際の日常では言葉の言い回しが微妙に変わるし。


あの世紀の傑作「Go! Go! Nippon! ~My First Trip to Japan~」でもやらせておこうかと既に薦めて開発させているけど、そういえばあれ日本語表記はできても、ふりがなとローマ字表記をできなかったんだな。単語調べようにも読みで詰まるっていう。「その言葉どうやって読むの?」って質問されて初めて気づいたは(また今更!?)


あと「ひらがなとカタカナ表記の違いは?」って聞かれて色々と考えさせられたよ。今まで意識してこなかったもん。カタカナ表記は外来語(和製英語含む)でよく使うのはわかるけど、なんで「従業員」と「スタッフ」・「駐車場」と「パーキング」・「お店」と「ショップ」・日本語表記があるのにカタカナ表記をする日本語があるねん。これだけじゃなく「は」と「わ」の使い分け、語尾のつけ方による意味の違いも教えていかなきゃならない。


確かにSteamで外人とチャットしてみて割とアニメで日本に興味持ってくれる人はいるのは分かるけど、住んでいて日本人である自分自身がなかなか相手に日本について解説できないもどかしさが改めて思い知らされる。

2014-02-03

[]なんか知らんが台湾からアクセス数が急増

2日前に書いた例の記事になんか知らんけど台湾からのアクセスが急増している。アクセス元を辿ると、Steam関連が書かれたゲームサイトのコミュニティに辿りついたけど、どこにもそれらしきリンクが見つからない。

くそっ!「海外の出来事なんて気にする方がアホらし」とかカッコつけて言っちゃったけど、外からの目が気になって気になってしょうがない!

もしかして「BCCの野郎にTo LOVEる最高!って言えばゲームもらえるぞ!」とか逆に「うわー、萌え豚野郎が俺たちまで侵食しにくるぞー!早めにブロックしておけー!」とか宣伝されてるのかな。

2013-12-23

[]外人「日本は素晴らしい作品を生み出せるんだから、制作環境も素晴らしいんだよね?」

Steamでアニオタの中国人とフレンドになったのだが、少々困った質問をされてしまった。

どうやらその中国人、日12時間以上も勉強か仕事に費やす中国での生活に嫌気が差してアニメ大国の日本でアニメ関係の仕事をしたいとの事なのだが、どう考えてもアニメ関係の仕事はそのくらいかそれ以上にキツイ仕事となるのが目に見えてる。

仕方ないので「アニメの仕事は給料安いし激務だよ」と返答しておいたけど、今度は「それじゃあ、何でそんな環境なのに日本のアニメは素晴らしい作品ばかりが生みあがるの?」と質問されてしまった。素晴らしい作品が生みあがるのだから、さぞや制作環境も素晴らしいのだろうという当然の考えだろう。だが、現実は違う。言葉につまって「アニメ関係の仕事をしたことがないので、詳しいことは知らない」と更に返答しておいたけど「一部、中国や韓国の下請けに投げてるんだよ」って言っておけばよかったかな。


漫画・アニメ・ゲームだけの話ではなく、コンテンツと呼ばれる物全般に「日本はこれからコンテンツ大国になります」とお偉いさんが豪語したとき、外人から「ならば何故大半の日本人は作り手になりたがらないのですか?」と質問されたらどう回答するのかな?実際に外人から直接質問されてみて思った。

2012-04-15

[]情報と言う名の凶器

ネットからの情報で非常にストレスが溜まっていく。とりあえずRSSリーダーに登録しておいたまとめ系blogは削除、Googleの検索対象からTwitterとトゥギャザーを除外するように設定。ゲームやPC関係を除いて、もう一般的なニュースを配信しているサイトも見たくない。

いやーネット使って10年近く経って今更わかったことだが、テレビと同様の糞メディアだわ。つーか優れたメディアなんてこの世に存在しないね。結局操っている人間が「自分の情報こそ正しい」と思っている限りは、一方的な情報をたれ流すという根本的な部分が何一つ変わらないわ。

「マスコミは自分たちの都合の良い情報しか流さない」「ネットこそ事実」みたいに過信しているが、お前らのやっていることは自分にとって都合の良い情報"だけ"を拾い上げて、自分とは違う価値観の人間がネット上に居たら攻撃してるだけじゃないか。

普段からマスゴミマスゴミ言っている人たちに限って、事実がはっきりする前にそのマスゴミの報道からの情報を鵜呑みにしてネット上に拡散し、更に憎悪を膨張させていく。

相手は他の人間に対して嫌味を言っているつもりなんだろうが、俺も当事者に近い人間だから非常に不快である。

自分が発信した情報が他人を傷つける凶器になるって自覚した方がいいよ。俺もネットで何百回とやってきちゃったんだけど。