Hatena::ブログ(Diary)

バイオeカフェ このページをアンテナに追加 RSSフィード

筑波大学 生命環境学群 生物学類 主催のサイエンスカフェです。
毎月中旬の火曜日に筑波大学総合交流会館にて様々な分野の先生方をお招きしてカフェを開催!
参加費100円でドーナッツと飲み物を片手に、テーブルトークなどを交えながら気軽に交流できます
Twitterアカウント @bio_e_cafe を使って進捗状況や次回予告などの情報を発信しています。
 

第54回 バイオeカフェ予告


 いよいよ筑波大学学園祭、'紫峰祭’まであと一週間になりました!
 たくさんの人が筑波大学に遊びに来てくれるといいですね❤


f:id:BIOeCafe:20110930133631j:image:w360:left  

 学園祭では、バイオeカフェももちろん企画を出します★
 第54回バイオeカフェ(特別版)として『いきものばっかり〜生物学類ってなにやってるの〜』というテーマで、生物学類の先生4人をお招きしてそれぞれの先生方の研究分野をお話していただくtalking boothや生物を実際に見ていただけるanimal corner、生物に親しんでもらえるcraft corner生物学類生の日常を知っていただけるposter corner、そしてちょっとした休憩にdrink cornerなど多数のイベントを用意しています。

 まず、talking boothでは、4つの分野(遺伝学、植物生理学、動物生理学、発生学)から時間帯を分けて30分程のお話をしていただく予定です。タイムテーブル及びテーマは以下のような予定となっています。
  10:00〜10:30 澤村京一 先生
    「遺伝子によって決まること、決まらないこと」
  11:00〜11:30 岩井宏暁 先生
    「植物細胞壁について」
  13:00〜13:30 千葉親文 先生
    「井守の再生について」
   14:00〜14:30 齋籐康典 先生    
    「自己・非自己認識について」
どれも違った分野で、興味深い内容となっています。これらのお話に合わせて、animal cornerでは、遺伝学のモデル生物として有名なショウジョウバエの変異体や海の生物、クロイソカイメンとその幼生の固定標本を実際に観察することができます。みなさん、楽しみにしていてくださいね*



f:id:BIOeCafe:20110930133633j:image:w360:right

 また、バイオeカフェとして初めてcraft corenerを設けました。このコーナーではDNAビーズストラップやカブトムシ、そして動物細胞、ちょっとマニアックですがT2ファージなど多数のクラフトを作成することができます。小学生のお子さんから体験していただけるので、気軽に足を運んでみてくださいね!!


 学園祭まであと1週間、皆さんが来て楽しんでいただける、そして生物について少しでも興味を持っていただけるカフェを作ることを目標に、バイオeカフェstaffは買出しから装飾、ポスター作製等日々奮闘中です//
 バイオeカフェstaffは当日水色のスタッフパーカーを着る予定なので、何か分からないこと・困ったことがあったら気軽に声をかけてくださいね。


 さらに学園祭後の10/19(火)10/18(火)にもバイオeカフェを開催する予定です。そちらの方にも是非ご参加ください。


 たくさんの方のご来場をお待ちしております。

 


【文責:筑波大学生物学類 B2 齋藤史織】

 

学園祭の次の学園祭の次の 2011/10/06 13:29 バイオeカフェですが10月19日は火曜日じゃなくて水曜日です。火曜日なのかな水曜日なのかな?

BIOeCafeBIOeCafe 2011/10/10 11:34 ご指摘ありがとうございます。
18日の火曜日が正しい日付です。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/BIOeCafe/20110930/1317357519