Hatena::ブログ(Diary)

バイオeカフェ このページをアンテナに追加 RSSフィード

筑波大学 生命環境学群 生物学類 主催のサイエンスカフェです。
毎月中旬の火曜日に筑波大学総合交流会館にて様々な分野の先生方をお招きしてカフェを開催!
参加費100円でドーナッツと飲み物を片手に、テーブルトークなどを交えながら気軽に交流できます
Twitterアカウント @bio_e_cafe を使って進捗状況や次回予告などの情報を発信しています。
 

第110回カフェのお知らせ

本日は、筑波大学の卒業式でした。
卒業生の皆様、ご卒業おめでとうございます。
皆様の益々のご活躍をお祈り申し上げます。

「一月往ぬる二月逃げる三月去る」と言いますが
月日が経つのは本当に早いもので、
長いはずの大学生の春休みも残りわずかとなってしまいました。
春休みが終わると、新入生が入学してきますね。
我々バイオeカフェのスタッフ一同、
新入生の皆さんのご入学を心待ちにしているとともに、
カフェで一緒にお話しできることを楽しみにしております。

また、バイオeカフェではスタッフも募集しています。
面白そうだなと思われた方はぜひ一度カフェに遊びに来てください。

さて、ここで第110回カフェの紹介をさせていただきます。
今回は、筑波大学生命環学系脳神経情報学分野准教授千葉親文先生をお招きし、
「イモリ−その究極の再生術とは−」と題しましてお話しをしていただきます。

再生医療の原点に位置付けられるイモリですが、
イモリは再生のために多能性や、幹細胞を必要としません。
彼らの型破りな再生能力は一体どこから来たのでしょうか。
イモリの再生術の秘密を知れば、新しい再生医療の姿を見ることができるかもしれません。
生物学が描く再生医療の未来について一緒にお話ししませんか。

f:id:BIOeCafe:20170411153702p:image

場所:筑波大学第2エリア小食堂
日時:2017年4月13日(木)18:30~20:30(開場18:15)
参加費:100円、事前予約不要、途中入退場自由、飲食物持ち込み可

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

(文責:筑波大学生物学類1年 中川)

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/BIOeCafe/20170324/1490355560