Hatena::ブログ(Diary)

バイオeカフェ このページをアンテナに追加 RSSフィード

筑波大学 生命環境学群 生物学類 主催のサイエンスカフェです。
毎月中旬の火曜日に筑波大学総合交流会館にて様々な分野の先生方をお招きしてカフェを開催!
参加費100円でドーナッツと飲み物を片手に、テーブルトークなどを交えながら気軽に交流できます
Twitterアカウント @bio_e_cafe を使って進捗状況や次回予告などの情報を発信しています。
 

第112回カフェのお知らせ このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

暖かくなってきましたね。
ゴールデンウィーク最終日は、如何お過ごしでしょうか。
出来ることならずっとこの休みが続いて欲しいと思ってしまいます。

さて、第112回カフェの紹介をさせていただきます。
今回のカフェでは、「形質転換植物のデザイン〜悪環境でも育つユーカリを作る〜」と題しまして
筑波大学生命環境科系助教の小口太一先生にお話ししていただきます。

今後人口の増加によってますます深刻になっていくであろう食料問題ですが、
その解決には、塩害などによって耕作が難しくなってしまった農地や
寒冷地の土地を利用していくことが必要になります。
悪環境でも育つユーカリは、このような問題を解決するかもしれません。

また、今回のカフェは国際植物の日参加企画となっています。
国際植物の日は、世界中の人たちと一緒に植物の大切さを見直し
様々な分野における植物科学の重要性をあらためて考えていくことを目標として作られました。

今回のカフェは、「植物って面白い、すごい」と感じること間違いなしです!!
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

f:id:BIOeCafe:20170507173356j:image

場所:筑波大学大学会館多目的ホール
日時:2017年5月9日(火)18:30~20:30(開場18:15)
参加費:100円、事前予約不要、途中入退場自由、飲食物持ち込み可

(文責:筑波大学生物学類2年 中川)