Hatena::ブログ(Diary)

バイオeカフェ このページをアンテナに追加 RSSフィード

筑波大学 生命環境学群 生物学類 主催のサイエンスカフェです。
毎月中旬の火曜日に筑波大学総合交流会館にて様々な分野の先生方をお招きしてカフェを開催!
参加費100円でドーナッツと飲み物を片手に、テーブルトークなどを交えながら気軽に交流できます
Twitterアカウント @bio_e_cafe を使って進捗状況や次回予告などの情報を発信しています。
 

第113回カフェのお知らせ このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

突然ですが、徳レポと言われるものをご存知でしょうか。
筑波大学生物学類の皆さんなら、きっとご存知でしょう。
そして、皆さん一人一人に熱い思い出があることと思います。

徳レポとは、筑波大学生物学類の1年次に実施されている
基礎生物学実験のうちの一つの実験で
毎年一風変わった課題が課されます。
ちなみに、私が輝きに溢れた「1女」だった時の、徳レポは
「モールとモーターで群れるロボットを作ろう」
というものでした。

こんな「え?」と驚くような徳レポの裏側はどのようなものなのでしょうか。

今回のカフェでは、生命環境系准教授の徳永幸彦先生をお招きして、
「徳レポの舞台裏〜マスター方程式の作り方〜」と題しましてお話をしていただきます。

徳レポを無事提出して達成感に溢れているであろう生物学類1年生の皆さん、
徳レポの刺激を懐かしく感じている皆さん、
徳レポってなにそれ?な皆さん、
全員が楽しめること間違いなしです。

皆さんのお越しをお待ちしています。
(加えて、経験者の皆さんとは、徳レポの思い出を語り合えることも楽しみにしています!)

f:id:BIOeCafe:20170626214027j:image

場所:筑波大学大学会館総合交流会館
日時:2017年7月4日(火)18:30~20:30(開場18:15)
参加費:100円、事前予約不要、途中入退場自由、飲食物持ち込み可

(文責:筑波大学生物学類2年 中川)