No Meat, No Life.

2010-09-13

2010年9月1日 赤坂 みすじ

"よろにく2号店"として、最近焼肉好きの間で注目を集めているのが"みすじ"である。

焼肉の日(8月29日)オープンと言われていたが、現在のところ、なかなか一般オープンはしていないようである。

今回はVANNEさんにお願いして、一足早く"みすじ"を体験させてもらった。

レバ刺し

薄切りタイプで、臭みはないが、甘みもちょっと感じにくい。

食感が良いだけに、甘みが加われば満点。

f:id:BMS12:20100120095227j:image

牛刺し

見事な巻きの刺身である。

舌の上で蕩け、牛刺しにありがちな舌に残るしつこさがない。

何枚でも食べれそう。

f:id:BMS12:20100120095250j:image

センマイ刺し

見るからに鮮度が良さそうなセンマイであったが、見た目以上にシャキシャキとした食感が非常に心地良い。

味付けもさすがで、オーダー必須のアイテム。

黒皮を剥いた白センマイとの食べ比べ等できたら面白い。

f:id:BMS12:20100120095439j:image

ユッケ

"よろにく"ゆずりのぶつ切りのユッケ

というか、今回だけか分からないが、若干"みすじ"の方が粗いカットかもしれない。

しかし、これが非常に旨い。

旨みのしっかりした上質なお肉を甘みの強めなタレで食べる贅沢。

f:id:BMS12:20100120095813j:image

シャトーブリアン

3番位のシャトーブリアンだが、厚みがあって迫力がある。

"よろにく"で食べる雌の5番の口当たりとはさすがに違うが、それでも肉繊維の繊細さが抜群で、赤身の旨さはしっかりしている。

これだけ旨いMeatでありながら、値段を聞いて驚愕した。

有り得ない程の安さなのだ。

お代わりする人続出かも。

f:id:BMS12:20100120101403j:image

ハツ

"よろにく"とほぼ同じで、安定した旨さ。

f:id:BMS12:20100120103536j:image

タン

贅沢なカットで見てるだけでそそられる。

"よろにく"と比べてしまうと見劣りするが、他のお店で食べるタンと比べると数段上のレベル。

タン好きな方には、ぜひここで本物のタンを食べてみて欲しい。

f:id:BMS12:20100120103520j:image

f:id:BMS12:20100120103942j:image

ミノ

薄切りのミノだが、ミノの食感を活かす最高のカットかも。

抜かりなし。

f:id:BMS12:20100120103527j:image

並じゃない赤身

不思議なネーミングだが、食べてみれば食感で正体に気づくはず。

この赤身は間違いなくヒレ。

確かに並じゃない。

f:id:BMS12:20100120105039j:image

並ロース

これが並!?

見事な肩芯が登場。

旨みはまずまずだが、食感が特に素晴らしい。

考えられないCPに度肝を抜かれた。

f:id:BMS12:20100120105314j:image

並ミスジ

赤身の強いミスジは塩ダレが良くあっている。

焼き加減が難しいが、絶妙に焼き上がった時の旨さはかなりのもの。

f:id:BMS12:20100120110015j:image

特選ハラミ

"よろにく"のハラミよりもジューシー感が強い。

肉繊維を断ち切る食感を楽しむと言うより、とめどなく溢れる肉汁に溺れよう。

f:id:BMS12:20100120110007j:image

シビレ

ぷるぷるとした食感と濃厚な甘みが押し寄せる。

臭みも皆無で、目の覚める旨さ。

f:id:BMS12:20100120110026j:image

湯引きシビレ

湯引きで下処理がしてあるシビレ。

湯引きしてあるので、クセがなく食べやすい。

が、個人的には生の方が食感が好きかな。

f:id:BMS12:20100120110033j:image

特上赤身

こちらは見事な薄切りタレのシャトーブリアン

"よろにく"でいうところのツチノコに近い。

とにかく食感の良さは突出していて、タレとの相性も言うこと無し。

f:id:BMS12:20100120112354j:image

上ミスジ

これぞジャンボ系の真髄。

肉質、カット、味付けの3拍子が揃っている。

f:id:BMS12:20100120112412j:image

特上ロース

細かなサシが満遍なく入った肩芯。

サシの融点が低いだけでなく、赤身部分の柔らかさも半端じゃない。

旨みも抜群で、間違いなく満点。

f:id:BMS12:20100120113339j:image

シルクロース

"よろにく"でお馴染みの薄切りタレのサーロイン

一口ご飯を巻いて食べれば、至福の世界へ。

満遍なく焼くのではなく、レアな部分とミディアムの部分を織り交ぜて焼き上げると、さらにワンランク上の旨さに。

f:id:BMS12:20100120113525j:image

肩芯

エアーズロックを彷彿させる厚切り。

見た目のサシからは想像できないさっぱりとした感じで、ポン酢で食べても旨みが負けてない。

f:id:BMS12:20100120113927j:image

コプチャン

皮の歯切れが若干悪いが、脂とタレの甘みはベストマッチ。

f:id:BMS12:20100120114708j:image

"よろにく"の良さを残しつつ、焼肉の新たな可能性を求めてスタートした"みすじ"。

旨さで考えれば赤坂で並ぶお店は見当たらない。

値段で考えても見当たらない。

赤坂の焼肉勢力図が一瞬で塗り替えられてしまった。

げんげん 2010/09/17 14:19 あの時は偶然でしたね。にしても、食べましたねー、いろいろと。赤坂はグンと肉レベルがあがりましたね。

BMS12BMS12 2010/09/18 02:12 >げんさん
あの時は偶然でビックリしました。
職場から近い場所に良いお店が増えるのは本当に嬉しいですね。
近々また焼きましょう!

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/BMS12/20100913/1284389653