No Meat, No Life.

2010-10-23

2010年10月15日 ジャンボ 本郷店

オープン前のレセプションとオープン初日に行って以来ご無沙汰になっていた本郷店に久しぶりに突撃。

オープン時は篠崎本店とそっくりな印象を受けたが、数ヶ月経ってどうなっているか。

若大将の南原さんのお任せで、怒涛の極上Meat攻撃に遭遇した。

上タン

ザクザクとした食感は、この厚さから生まれる賜物であろう。

素晴らしいスタートダッシュ!

中毒度 3

f:id:BMS12:20100305090714j:image

ハツ

ムッチリとした食感のハツ。

この歯応えがいいね

中毒度 3

f:id:BMS12:20100305090956j:image

握り

ネタのトモサンカクがちょっと薄すぎで、シャリが温かすぎて、バランスがあまり良くない。

中毒度 2

f:id:BMS12:20100305090843j:image

野原焼き

篠崎本店同様素晴らしい肉質。

割り下に負けないしっかりした赤身の旨みがある。

中毒度 5

f:id:BMS12:20100305091048j:image

サガリ

篠崎本店のサガリの2倍はありそうな厚さで登場。

肉汁を閉じ込め、食べる直前にハサミでカット。

ん〜、これは濃厚な肉汁が押し流されそう(笑)

中毒度 4

f:id:BMS12:20100305092011j:image

f:id:BMS12:20100305092848j:image

ランプ

肉の味がしっかりしていて、赤身自体もすごく柔らか。

シンシンと並んで、ジャンボの門番的存在か。

中毒度 4

f:id:BMS12:20100305093346j:image

ササミ

蕩けるというよりほどける食感。

脂のジューシー感も完璧。

中毒度 3

f:id:BMS12:20100305093723j:image

シャバ臓焼き

肉厚のホルモン類と甘辛いタレのマッチングは犯罪的。

セーブしつつ食べていた白米を間食してしまった。。。

中毒度 4

f:id:BMS12:20100305094135j:image

ザブトン

ランプとシンシンがジャンボの門番だとすれば、ミスジとザブトンはボスキャラだろうか。

珍しく塩味で変化球

強めの塩ダレも、ザブトンの甘〜い脂で程よい。

中毒度 4

f:id:BMS12:20100305094303j:image

ヒレ

厚めのヒレを半分にカットし、最初はモミダレだけで、残り半分はモミダレにガーリックバターを乗せて。

ヒレの中では端っこに近い部位だったので、しっかりした食感があり、肉の味も濃い。

ガーリックバターだと肉の味が消えてしまうかも。

中毒度 4

f:id:BMS12:20100305094604j:image

トモサンカ

軽く炙ってからパクリ。

蕩ける食感と甘みのバランスは一番かも。

中毒度 4

f:id:BMS12:20100305100143j:image

ミスジ

うっとりするような見事な姿。

絶妙な薄切りカットで、ミスジ特有の食感と旨みが活きる。

中毒度 5

f:id:BMS12:20100305100335j:image

チャーシュー

〆に選んだのはカレーチャーシュー丼。

このチャーシューは異常な旨さ。

中毒度 3

f:id:BMS12:20100305102331j:image

今回久しぶりの本郷店であったが、肉質は篠崎本店の良さをそのまま残し、カットや味付けで篠崎本店と違った試みがあるのが非常に面白い。

篠崎本店との違いは、ただの『変化』ではなく『進化』であろう。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/BMS12/20101023/1287826254