No Meat, No Life.

2011-04-26

2011年4月5日 和牛焼肉 KIM

f:id:BMS12:20100824100348j:image

都内の焼肉マニアの一人が名古屋に転勤ということで、未訪問だという"KIM"を転勤前に案内することに。

当日はなんと、ヒレ祭りが開催された。

白センマイ刺し

酢味噌よりも三杯酢というのが、実にセンマイ刺しにあっている。

食感からも鮮度の高さがうかがえる。

f:id:BMS12:20100824083658j:image

ユッケ

赤身のコクとサシの甘みが共存していて、なんとも贅沢なお肉をユッケに使っている。

一緒に食べる野菜やタレとの相性も抜群。

f:id:BMS12:20100824083706j:image

タン刺し

ザクザクとした歯応えと、柔らかな甘みがじんわり。

生のタンでここまで旨みが強いとは驚愕。

f:id:BMS12:20100824083728j:image

ハラミ刺し

ハラミ刺しは若干臭みを感じる事があるが、このハラミ刺しは臭みなど全くなし。

ハラミ本来の旨みが凝縮。

f:id:BMS12:20100824083739j:image

トモサンカク刺し

一口食べて頬が緩んで笑顔になってしまう。

直球勝負の旨さ。

f:id:BMS12:20100824083750j:image

レバの軍艦巻

レバの食感に海苔の食感がアクセントになっている。

甘みがちょっと弱いかな。

f:id:BMS12:20100824084609j:image

ヒレと新じゃがのブイヨン煮込み

柔らかでホロホロと崩れるヒレに、新じゃがのほのかな甘みがぴったり。

こんな煮込みで毎日ご飯が食べたい。

最高に旨いぞ!

f:id:BMS12:20100824083921j:image

ハラミ

ハラミの一番太い部分を塊で焼き上げる。

しっかりした歯応えと共に、熱々の肉汁が一気に溢れる。

噛み締める毎に感じる旨みがハラミの醍醐味だろう。

f:id:BMS12:20100824085736j:image

カイノミ

ヒレにくっついたカイノミの柔らかな部分。

肉繊維を噛み切ると、切断された断面から肉汁が湧き出てくる。

ヒレに近い肉繊維の食感を残しつつ、バラのジューシーさも存分に感じられる。

f:id:BMS12:20100824085749j:image

シビレ

ここ最近食べたシビレの中では断トツの旨さ。

新鮮な白子を彷彿させる食感は官能的。

f:id:BMS12:20100824085757j:image

ハラミ筋

筋部分をこんがりと焼き上げ、筋の甘みを引き出す。

カリッとした筋部分、ギュッとしまった赤身部分、そして一緒に食べるトロロご飯の組み合わせは絶妙。

f:id:BMS12:20100824092144j:image

ヒレ筋

筋とはいえ、こんがりとまでは焼き上げない。

ヒレは筋まで柔らかい。

f:id:BMS12:20100824092127j:image

テール

冷凍のスライステールではなく、"ゆうじ"のような生のテール。

冷凍では感じることのできない、奥歯に反抗するような弾力は非常に心地良い。

f:id:BMS12:20100824092115j:image

タン

タン元からタン先まで水平にスライスされたタンが2種類。

プレーンと塩ダレで揉んであるものだ。

薄切り過ぎて、ジューシーさがちょっと弱いのが残念。

やはり黒タンは厚切りが一番かな。

f:id:BMS12:20100824092806j:image

f:id:BMS12:20100824092816j:image

ヒレカツと新たまねぎのサラダ

衣が薄くて重たくないヒレカツと、甘みが強い新たまねぎが実によくあう。

サラダといえども、重量的には95%がヒレカツなのが、肉好きには嬉しいところ。

それにしても、ヒレカツがやばい位に旨い。

f:id:BMS12:20100824094430j:image

トウガラシ

お肉自体の旨みが、ちょっとタレに負け気味なのが残念。

肉汁は十分。

f:id:BMS12:20100824095907j:image

ランボソ

鼻に抜ける風味が心地良い。

この食感と旨みのバランスは、極上のランボソの証。

f:id:BMS12:20100824095922j:image

シャトーブリアン

トウガラシとランボソの下に隠れていたのが、惚れ惚れするほどのシャトーブリアン

厚みもほどよくあり、なんとも贅沢なカットである。

んんんん、、、う、旨い。

全く非の打ち所のないシャトーブリアン

願わくば、塩とタレの両方で食べてみたい。

f:id:BMS12:20100824100338j:image

ヒレのケサディーヤ

生地と中のヒレの食感の違いが面白い。

焼肉屋さんでのサプライズ。

これをお昼に食べたい。

f:id:BMS12:20100824101141j:image

サーロイン

薄切りタレのサーロインは、口に入れたときの爆発力がすごい。

個人的には、この肉質で"くにもと"のような柑橘系のタレで食べてみたい。

f:id:BMS12:20100824102545j:image

イチボ

細かなサシが入った見事なイチボ。

しっとりとした食感で、強めのタレでもお肉自体の旨みが隠れない。

f:id:BMS12:20100824102047j:image

オムライスwithヒレとサーロインデミグラスソース

〆は焼肉屋さんで初めて食べるオムライス

ただ、デミグラスソースはヒレとサーロインで作っているというのがなんとも贅沢。

〆の前にだいぶ満腹であったが、サッと食べれてしまうのが恐ろしい。

f:id:BMS12:20100824103232j:image

素晴らしい焼肉に大満足だが、焼肉以外の肉料理もすごい。

いったいどこまで進化し続けるか、末恐ろしい。

それにしてもヒレ祭りって本当に素晴らしい。

プロ・ビーラープロ・ビーラー 2011/04/26 17:23 さすがに先日の我々のメニューとは大違いですね!
我々の時は初訪だったせいか,肉料理と言うより肉そのものを楽しんだ感じでしたから.
しかしこのシャトーの美しいこと!
コレは焼き応えもあるし,見ただけで美味しそうなのが伝わってきます.

いずれは私も通い詰めたら,こんなステキなサプライズメニューをいただけるようになるのかな?(笑

BMS12BMS12 2011/04/26 23:00 >プロ・ビーラーさん
私も最初は通常のコースでした。
それが旨かったんで、お任せでお願いするようになったんです。
料理長のお任せは、毎回内容が違ってサプライズがあるので、ぜひ通ってみてください。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/BMS12/20110426/1303771910