No Meat, No Life.

2012-11-23

2012年11月5日 よろにく

私の中では最もリスペクトしている焼肉屋さん"よろにく"。

通いだしてから数年経つが、ここ数年はVANNEさんのお任せばかりで、通常のコースを何年も食べていなかったのだが、今回は通常のコースを食べてみた。

前菜

イチボの炙り、ローストビーフのユッケ風、センマイの3種類が盛り合わせになっている。

イチボの炙りは、炙りにありがちなパサパサ感などなく、しっとりした食感と香り高い風味がある。

満足度 4

f:id:BMS12:20121105192927j:image

ローストビーフのユッケ風は、色々な食感が入り混じっており、甘みのあるタレに負けないお肉本来の味がある。

満足度 4

f:id:BMS12:20121105192922j:image

シャキシャキのセンマイで旨い。

お任せのセンマイとは味付けが違うので、この味付け自体も懐かしい。

満足度 3

f:id:BMS12:20121105192932j:image

ヒレ

薄切りで塩の味付け。

厚切りで味わえるような沸きあがる旨みには及ばないが、繊細で極上の食感と十分な旨みがある。

満足度 4

f:id:BMS12:20121105193421j:image

タン元

タン元はトロタンと呼べるような脂の乗りで、口の中で脂がはじける。

旨みというよりも、とにかく噴き出す肉汁が凄い。

満足度 4

肩ロース

絶妙な塩加減で引き出される赤身の旨み。

コクがあって、最後の一片まで旨い極上の部位。

満足度 5

f:id:BMS12:20121105193755j:image

シンシン

鉄分を感じさせる味わいで、そこにサシの甘みも加わる。

食感が驚くほどしっとりとしている。

満足度 4

ツチノコ

薄切りのタレで食べるヒレ。

最初に食べた塩も旨いが、やはり薄切りはタレかな。

この全体のバランスが良さは100点満点。

満足度 5

f:id:BMS12:20121105200734j:image

ハラミ

硬いわけではなく、心地良く歯を押し返す弾力。

濃厚な旨みを閉じ込めた肉繊維の食感はハラミ特有のもの。

満足度 4

ミノ

貝柱としか言い様のない食感。

心地良すぎる。

満足度 4

f:id:BMS12:20121105201631j:image

ミスジ

お任せコースにもちょくちょく登場するミスジは、定番の希少部位と言える。

他のお店でも食べる機械は多いが、"よろにく"や"ジャンボ"の完成度には及ぶお店はなかなかない。

満足度 4

シルクロース

タレをじゃぶ漬けにして、一口ご飯と一緒に食べる。

初めてこの食べ方をした時の感動が蘇る。

満足度 5

f:id:BMS12:20121105203145j:image

サーロイン

厚切りのサーロインの旨い食べ方は少ない。

そして、ポン酢にあうお肉の部位も少ない。

この両方を満たすのが"よろにく"のサーロインだ。

満足度 4

ザブトン

とにかく力強い。

お肉とタレのマリアージュを心の底から楽しめる。

満足度 4

f:id:BMS12:20121105205437j:image

久しぶりに通常のコースを食べて感じるのは、その考え抜かれたコースの内容。

お肉の厚さや味付けの順番一つ一つに意味が感じ取れる。

そして〆の素麺やかき氷

ここまで満足度の高い通常コースは、未だかつて出会ったことがない。

本当に恐ろしい。

(おまけ)

ヒレカツ

唯一ヒレカツだけは通常コース以外で出してもらった。

相変わらず言葉にならない旨さ。

説明不要だろう。

f:id:BMS12:20121105211848j:image

f:id:BMS12:20121105214925j:image

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/BMS12/20121123/1353683191