Baatarismの溜息通信 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-08-08 この案は支持したいですね

「靖国に弥栄(いやさか)あれ」を読んで

21:53 | 「靖国に弥栄(いやさか)あれ」を読んでを含むブックマーク

数日前から麻生太郎氏が靖国神社についての私見を発表するという報道が出ていましたが、今日「靖国に弥栄(いやさか)あれ」というタイトルで自身のホームページに発表されていました。


http://www.aso-taro.jp/lecture/talk/060808.html


靖国神社に対して政治が介入しようとする時の問題点として、憲法の政教分離原則との矛盾があったのですが、麻生氏の基本的なアイデアは、宗教法人としての靖国神社と護国神社が自主的に解散することで、この問題を回避するということのようです。そして最終的には特殊法人として国の元に置くことを提案しています。

僕も靖国問題がここまで混乱した大きな原因として、戦後、靖国神社が国から独立した宗教法人となってしまったことがあると考えています。もし靖国神社が戦後も国の元にあったならば、元A級戦犯を合祀するかどうかの判断も政府の決定として行われていたでしょう。元A級戦犯についてどちらの判断が出たとしても、それは民主主義に基づく正当な決定ですから、堂々と国の方針として主張することができたと思います。

靖国神社が独立した宗教法人となってしまったことは、靖国問題における最初のボタンの掛け違えであり、問題の根底に横たわっていると思います。麻生氏が分祀や首相参拝と言った派生的な議論ではなく、靖国神社を国の元に戻そうという本質的な問題を取り上げたのは、さすがだと思います。

ただ、この手法に危ういところがあるとすれば、政教分離原則を宗教法人か否かという問題に置き換えていることでしょう。靖国神社が宗教法人でなくなったとしても、やはり神道の形式に基づく神社なので、それを特殊法人とすることについては左派の反対が強いでしょう。また、靖国神社を特殊法人とすれば、政府の決定で元A級戦犯の分祀や遊就館の内容変更が可能となりますので、それを恐れる右派からの反対もあると思います。今の靖国神社上層部にとっては、特殊法人化によって神社を追われる可能性もありますしね。左右双方の反対をどう抑えるかが、この案の実現の鍵となるでしょう。

僕は靖国神社が国から独立した宗教法人となっていることが問題だと考えているので、この麻生私案は支持したいと思います。今更靖国神社が特殊法人になっても、国家神道が復活するとは思えません。この私案が実現すれば、元A級戦犯分祀や遊就館の問題についても民主主義に基づいた解決が可能となるでしょう。だから実現して欲しいと思います。


(追記)

今日、麻生氏がこの件について行った記者会見の記録がありました。報道が信用ならない以上、こういうのも目を通しておかないといけませんね。w


外務省: 外務大臣会見記録(平成18年8月)

トリルトリル 2006/08/08 23:44 面白かったので、良かったら行ってみてください。

官僚の宗教無知を悟れぬ麻生氏はシナに勝てないだろう
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2006/08/#a000707

麻生さんは好きなのですが、今日の解決方法では、半分だけ問題をクリアーにするために、全体としてより複雑化するだけのような気もしてます。
仮に敵対していても、死者の霊に対してはお互いに敬意を払えるモノにしたいな、と私は願います。

BaatarismBaatarism 2006/08/09 00:05 >トリルさん
軍学者兵藤二十八氏の見解ですか。なかなか面白いですね。
霊璽簿廃止というのもなかなか良い案かもしれませんね。で、防衛庁管轄の特殊法人にするとか。

mahalmahal 2006/08/09 22:10 無名戦士の墓との絡みでは、これなども論考としては左右に傾かず興味深いですね。霊璽簿廃止というよりは、千鳥ケ淵から一握の無名戦士の遺灰を掘り出して、それを靖国の御神体として魂移しするというのが良いのかも知れません。
http://www.iisr.jp/hiroikenl36.html.html

個人的には、「慰霊」という文脈にするならば現在の靖国のような軍人に限定したような形態は今ひとつ適さないけど、8月15日の慰霊と全く別の文脈で、将来の自衛官の戦死者を含む「軍人の顕彰」が出来る施設は必要である、という観点から麻生さんには靖国案を出して欲しかったな、というのはありました。

BaatarismBaatarism 2006/08/09 22:51 >mahalさん
もし千鳥ヶ淵戦没者墓苑が当初の構想通り「無名戦士の墓」となっていたらというIFを考えてみるのも面白そうですね。
今の代替施設反対論は、このときの「無名戦士の墓」反対論の流れなのかもしれませんね。
あと、何らかの形で将来の自衛官の戦死者に敬意を表す施設は必要でしょうね。

トリルトリル 2006/08/12 20:09 いや、実際あまり話題にこそなってないけど、イスラエル絡みで「初・戦死者」出そうな気が・・・
そうなってから急転直下で決めるのもアレなんで、そもそも論からちゃんと抑えて欲しいょ。

BaatarismBaatarism 2006/08/12 20:40 >トリルさん
イラクから撤退した今、一番危なそうなのはゴラン高原ですよね。レバノン紛争があっちに飛び火したら、その可能性はありそうですね。

sonicsonic 2006/08/13 13:06 いやぁ、靖国神社の真の問題はそれが戊辰戦争の招魂社であることです。ようするに元々「東北の人達を殺して良かったね」とするために作られた。中国がどういって来ようが、天皇が何と言おうが、薩長のテロリストたちを顕彰するような場所を日本人の聖地であるかのように持ち上げることは赦せませんね。
靖国問題の本質は1200年にわたる西日本人の独善的な歴史観と日本観、それをまかりとおす文化的暴力の是非ですよ。

BaatarismBaatarism 2006/08/13 19:57 >sonicさん
そう言えば、薩摩でも西郷隆盛は逆賊なので祀られていないんですよね。
だから西日本人というよりは、明治〜昭和前期国家のために亡くなった人達を顕彰する施設であると言えるのかもしれません。

トリルトリル 2006/08/14 05:13 こういうエントリーも見かけました。

靖国を「問題」にしているのは誰なのか
http://www.jimbo.tv/videonews/000296.php

BaatarismBaatarism 2006/08/14 22:47 >トリルさん
この文章も面白いですね。
靖国神社について考えているうちに、この組織が宗教組織としての側面と公的な役割の側面の両方を持っていることが問題の根幹かなと考えるようになってきたので、この文章の言いたいことも分かります。靖国神社が宗教組織としての側面を捨てられないのなら、最終的には公的な役割を剥奪するしか解決策はないのかもしれませんね。

kogekoge 2006/08/15 15:33 >sonicさん
いっそのこと靖国は3つに分けましょうか?
1.戊辰・西南といった「大日本帝国を統一するための戦争」の死者を祀る神社→鹿児島か山口に移転
2.日清から太平洋戦争にかけての海外進出による戦死者を祀る神社→完全な一宗教法人化。
公式参拝できるところとして日本軍の戦死者のみならず原爆・空襲による死者や日本軍が殺した中国・米国人も同時に祀る戦争記念館のようなところを新しく作る。
3.警察予備隊〜自衛隊の戦死者(あるいは戦後の警察・消防その他の公務による殉職者も含む?)を祀る場所→防衛庁か厚労省管轄に

BaatarismBaatarism 2006/08/15 23:38 >kogeさん
それができるような権限が政府にあれば苦労しないんですけどねえ…とマジレスしてみたりして。w

kogekoge 2006/08/16 13:10 いちおう3は「権限」はあるでしょう。今までの公務殉職者を分祀するのは困難かもしれませんが(それでもA級戦犯に触れずに自衛隊以降に限れば妥協してもらえるかもしれない)、「これからの死者は靖国ではない場所で祀ることにする」という決定にはただの一宗教法人には何の力もないでしょう。勝手に祀るかもしれませんが、公式な別の場所があるのだから「公式参拝」はありえないわけで。
余談ですが、戦争責任問題も女帝問題も、日本国は1952年にサンフランシスコ条約によって独立した新しい国で今の天皇が2代目であると考えれば全部解決すると考えるのは私だけ?

BaatarismBaatarism 2006/08/16 15:32 >kogeさん
確かに戦後の殉職者だけに限って追悼する施設を作るのなら、靖国神社は何も言えないでしょうね。苦々しくは思うでしょうが。w

FujisawaFujisawa 2006/08/31 14:08 憲法改正を待つか、さもなければ、そういう事態になった時に、厚労省が淡々と名簿を送付するか、どちらかでしょうね。

BaatarismBaatarism 2006/08/31 15:52 >Fujisawaさん
さすがに厚労省も淡々と名簿を送るわけにはいかないでしょう。
石破茂氏が防衛庁長官だったときの発言を見る限り、今の政府は「靖国神社が祀りたいなら本人や遺族の許可を取って自由にやってください」という立場のようですから。
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/yasukuni/news/20060817ddm002040008000c.html

市ヶ谷にも慰霊碑があるようですから、自衛隊の戦死者は公的にはそっちに祀るのでしょうね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Baatarism/20060808/1155041619