Baatarismの溜息通信 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-03-25 やっぱり反○○というのは、悪い結果を招くんでしょうね。

WBC決勝戦における韓国の本当の敗因?

12:46 | WBC決勝戦における韓国の本当の敗因?を含むブックマーク

すでに皆さんご存じの通り、WBC決勝戦は延長10回表、イチローのタイムリーによって日本が勝ち越し、日本の連覇で幕を閉じました。

このイチローの打席で韓国ベンチは敬遠も考えていたのですが、それがバッテリーに伝わらず、結局勝負して打たれてしまったそうです。

 最も重要な場面での小さなミスが、韓国のWBC制覇を遠ざけた。3―3の10回2死2、3塁。ベンチの指示は「イチローとの勝負」ではなかった。

 試合後の会見で「われわれはベストを尽くした。勝てれば最高だったが不満は何もない」と話した金寅植監督が、唯一残した後悔。それが決勝点を与えた場面だった。

 指揮官の指示は「際どいコースのボールを投げて、うまくいかなければ歩かせる」。ベンチから捕手へ、捕手から投手へ、作戦はサインで伝達される。しかし、ベンチの意図は正確に伝わらなかった。

 サインを中継したのは、9回から守備に就いた23歳の控え捕手、姜ミン鎬。金寅植監督は「経験の少ない捕手で、作戦をきちんと理解できなかったのだろう。確かにベンチと捕手でサインの交換はしたのだが、混乱があった。はっきり敬遠を指示しなかったことが問題だった」と振り返ったが、そのツケは大きかった。〔共同〕 (00:29)


NIKKEI NET(日経ネット):韓国、痛すぎた伝達ミス WBC決勝点の場面、本当は「無理するな」


この件について「セカンド・カップ はてな店」のid:Soredaさんが、勝負も敬遠も決断できなかった悪い判断だと批判しています。

これぞまさしく、やってはいけないという典型的なパターンじゃないですかね、トーナメントとかの「ここ一番」で。


重大な場面を迎えた場合、例えばアナウンサーが、


川本さん、一塁が開いてますが・・・と振る。すると解説の川本さんが、


そうですね。ここはバッテリー、歩かせるのか勝負するのかしっかり確認する必要があります。迷っているようならベンチはタイムを求める必要がありますね。くさいところに投げて、良ければ三振を取る、駄目ならフォアボールというのは、こういう場面ではとても危険です。バッターは打ちに来てますからね、甘く入ったコースは全部打たれる危険性があります。ここはしっかり、バッテリー確認して欲しいですね。


(アナ)あ、監督が後ろを振り返って何か言っています・・・。ベンチから、誰か出ますね、あ、控えのキャプテンがマウンドに駆け寄るようです。


(川本さん)そうです、そうです。ここはしっかり意思を確認すべきです。


といった展開になる、と。


冷静に考えれば、こういう処置はまったく正しい。


なぜなら、


「際どいところに投げて」というのは、勝負を避けて歩かせるのもイヤ、でも、勝負する度胸または勝算もない、と言っているからだ。いかにも戦略的なことを言っているようで守ってる側は既に精神戦で負けてる。大げさにいうのなら守ってる側は戦略を捨てているといっていいかと思う。打者の凡ゴロかフライか三振を「願ってる」になっちゃう、と。


だからこそ、もう既に、かなり前から、こういう曖昧はいけません、こういう場合は戦略を確認する、ってのがほぼパターン化されてる。で、この戦略にあっては歩かせるというのはネガティブでも弱気でもなく、立派に、根性のある戦略(場合によっては塁を埋めた方がフォースアウトを狙えるとかもある)だ。そしてこの確認の内にチームのチームたる由縁みたいなものも出て幾多の名勝負を作ってきた。江川、お前の好きにしていいよ、みたいな。


にもかかわらず、ここでこういう場面を見るのかぁと感慨深かった。


でも、youtubeに上がっていたイチローの打席を見たけど、際どいところに投げて云々というより、ファールで粘られて、もう投げるところなくなっていたという感じもした。だから、さらに、もう戦略がない、ってな状態だったのじゃまいか、あのバッテリー。


7球目だったかのアウトコースを外したところで、表面的には「一息」と解釈されるだろうが、でも、これは弱気だななど私は思った。イチローはそれを見送って、うふふ、だっただろう。


で、問題の8球目。ここはもう、勝負を決意したのなら、胸元のボール気味の早い球で振らせる、とかいうのがベストショットだとは思うが(これなら打たれても仕方がない、攻めに行ったのだから、と理解される)、やっぱりその度胸はなかなかないんだろうなぁ、いわゆる腕が縮こまる、なんだろうなぁと、何かこう懐かしい気持ちになった。こういうのはやっぱり、高校時代の工藤とかでもなかったら、見たか、この野郎的に決まることはないんだろうな、みたいな。


一応インコース狙いだったんだと思うが、打ちごろの球になっちゃって、イチロー、きれーーーにセンター返し。


だけど、やっぱり、イチローを歩かせられない、勝負を避けたら国に帰れないから、歩かせるオプションがネガティブに拒否されている、しかし、真っ向勝負するんも腰が引けてる、になっちゃったんだろうなぁなども思う。

金寅植監督は「経験の少ない捕手で、作戦をきちんと理解できなかったのだろう。確かにベンチと捕手でサインの交換はしたのだが、混乱があった。はっきり敬遠を指示しなかったことが問題だった」と振り返ったが、そのツケは大きかった。


はっきり敬遠の指示をしなかったのが問題だった、とだけ言えばいいと思うんだが、まだバッテリーがどうしたとか言っているという点で、監督も、俺の一存でイチローを歩かせました、とは言えないのかな、とか思う。試合が終わっても、まだ、監督に覚悟がない、ってのがこの試合のすべてかもしれないなぁとか思う。


何事も、戦略と覚悟だと思う。


そして、日本は日本で、積み重ねて来たものってあるよなと思った。


大げさなのはわかってる。でも潮目が変わった気がした - セカンド・カップ はてな店


この話を読んだとき、僕はイチローが韓国で長年憎しみの的となっていたことを思い出しました。このニュースなんかはその典型的な表れでしょう。

韓国悪ノリ「イチロー暗殺Tシャツ」なんと球団公認!


 WBC1次ラウンドを1位通過して意気上がる韓国で、球団公認の仰天グッズが発売され、話題を呼んでいる。

 今年は韓国統監・伊藤博文が暗殺されて100年目。日本戦で好投した奉重根投手(28)を暗殺者の安重根になぞらえ、マリナーズ・イチロー外野手(35)を標的に据えた球団公認の悪ノリTシャツが大人気なのだという。

 奉の所属するLG球団は12日、前日午後4時から発売した330着限定のそのTシャツが、ファンからの爆発的な反響を受けて約10時間で完売したと発表した。

 正式な商品名は「奉重根義士」。価格は1万2000ウォン(約790円)で、9日に東京ドームで行われたWBC東京ラウンドの1位決定戦で先発し、5回3分の1を無失点に抑えて勝利に貢献した奉の活躍を記念し、急きょ発売したものだ。

 そのデザインはなかなかに扇情的だ。日本戦を見た韓国のネットユーザーは、特に奉が日本の象徴イチローを3打数無安打に封じたことを「安重根義士が3発の銃弾で伊藤博文を倒したことと同じように痛快」と喜び、安重根と同じ名を持つ奉を「義士」「烈士」と褒めたたえた。これに着目したLG側は安重根の偉人伝の出版社に承諾を得てこの表紙をパロディー。Tシャツ前面では、安重根の顔の部分に奉の顔を合成し、「2009・3・9東京義挙 奉重根義士」の文字を並べた。

 初代韓国統監の伊藤博文は、韓国では「日本帝国主義の元凶」として忌み嫌われている。また、イチローも第1回WBCで語った「戦った相手が『向こう30年は日本に手が出せないな』と、そんな感じで勝ちたい」という、いわゆる「30年発言」が韓国では「傲慢(ごうまん)」と不興を買った。

 「悪い口を治したほうがいい」という意味で、名前の響きに似せてつけられた卑称「イブチリョ(口治療)」も広く浸透している。Tシャツには打席に入るイチローの影絵も盛り込まれ、「イブチリョ専門医/Dr.BONG」の文字も見える(「Dr.BONG」は奉の愛称)。

 くしくも今年は、伊藤がハルビン駅で安重根に暗殺されてちょうど100年目。ネットユーザーの雑談を、球団がオフィシャルの商品として転用するあたりは、日本ではなかなか考えられない現象だろう。韓国国内では前回大会でもイチローに死球を浴びせた投手を「烈士」と称賛。観客はイチローが打席に入るたびブーイングを浴びせ、「独島(竹島)は韓国領」と大書したボードを掲げてもいた。

 場外戦も含め、ますます過熱する日韓対決だが、いずれにしても第2ラウンドでイチローが韓国投手陣を打ち負かすしか対抗策はなさそうだ。


ZAKZAK - 韓国悪ノリ「イチロー暗殺Tシャツ」なんと球団公認!


前回2006年のWBCでイチローが「戦った相手が『向こう30年は日本に手が出せないな』と、そんな感じで勝ちたい」と語ったところ、それが韓国に対する侮辱であると受け取られ、それから3年間イチローは憎まれ続けました。そして今回のWBCでは、日本戦で2勝して決勝戦でも先発した奉重根投手をかつて伊藤博文を暗殺した安重根に例え、イチローを伊藤博文に例える悪質なパロディーも堂々と行われているという話です。*1


このような韓国国内のアンチ・イチローの空気が、肝心なところで韓国ベンチが「敬遠」という判断を行うのを躊躇させたのではないか、僕はそのように思います。

もしあの場面でイチローを敬遠したとして、その後韓国が日本打線を抑えて優勝したのであれば、優勝の興奮の中でイチロー敬遠も対して気にはされなかったでしょう。しかし、もし後続のバッターがヒットを打って日本が得点したら、イチロー敬遠について「憎きイチローから逃げた」として手ひどくバッシングされるのではないか、そのような想像が韓国ベンチや韓国バッテリーの頭をよぎったのではないでしょうか?

だからイチローをはっきり敬遠するという決断ができなかったのは、単に監督に戦略と覚悟がなかっただけではなく、韓国の反日ナショナリズムが韓国チームを縛ってしまった結果でもあったと思います。Soredaさんも言ったように「勝負を避けたら国に帰れない」という思いがあったのでしょうね。

*1:ただ歴史を見ると、伊藤博文は日韓併合に反対だったため、この暗殺が皮肉にも日韓併合を促進する結果になったのですが、韓国人にとってはそういう細かいことはどうでも良いのでしょうか?w

SoredaSoreda 2009/03/25 13:03 こんにちは。「イチロー暗殺Tシャツ」は知りませんでした。凄い!

イチローを倒すと義士って、いつの間にイチローはそんなに格が上がったの??という感じですよね、むしろ。

こういうのって本気で怒る人とかいるんだろうと思うんですけど、もう、なんてか、彼らの反応形式とはこういうものだとわかってりまえば、いっそこっちは楽ですよね。敬遠のオプションを潰せるんだから戦略立てやすいですし(笑)。でも、なんか、日本人はいいとしても、世の中狭くなったのでこういうのを見てアメリカ人とかカナダ人とかが本気で嫌悪しそう(対韓国で)・・・。対日本で学習した様式をその他の国に向けるとエライことになるのは諸々の事情と同じでしょうかね。

BaatarismBaatarism 2009/03/25 13:20 >Soredaさん
どっかの素人や業者が勝手に作るのならともかく、球団公認グッズですからねえ。ナショナリズムによる正当化が行き過ぎて、こういうのが悪いことだとも思ってないでしょうねえ。
まあ、そういうのが回り回って、いろんなところで韓国自身の手足を縛るわけですが。日本も歴史の中ででそれは経験したことです。

ところでアメリカ人やカナダ人は、やっぱりあの「マウンドに国旗」で韓国嫌いになるんでしょうか?Tシャツの件は知らなくても、あれはみんな知ってるでしょうから。

kmori58kmori58 2009/03/25 13:34 そもそもアメリカ人はほとんど関心なかったみたいです。日米戦の視聴率も2%台だったとか。ましてや日韓戦は。

SoredaSoreda 2009/03/25 13:57 ども。マウンドに国旗は、知ってる人しか知らないって話かなと思います。

で、旗を振るとか、みせびらかすっていうのは大喜びならいいんじゃないの、というのが一般的な反応かと思います。多少外しても。
で、韓国のケースは何事によらず日本に敵意を見せるものだというのは結構気づいている人も少なくはない昨今ってところかなので、この部分がどうなるか、彼らの行動が他国に失礼だと人々が思うかとなるか・・・。そうでもない、って感じかなど私は拝察します。ここにあるのは、一般に、大国に対して小国が無礼をするのは、逆よりも容認っていう不文律かと思うんです。(これって東アジアの中華秩序と逆ですよね。小は大に従うべき、だから。)

だから、韓国は自分たちがちょっとどうかなということをいろいろ言ったり、やったりしていてそれでスルーされているならそれは小国扱いだからと考えていていいと思うんですけど、問題はそれにもかかわらず経済主体としては大きくなっていて、そろそろこのある種のアファーマティブな取り扱いの限界が来ているんじゃないか、と私は思うわけです。

BaatarismBaatarism 2009/03/25 14:05 >kmori58さん、Soredaさん
なるほど、あれはあまり知られてないんですね。
考えてみれば日本の嫌韓感情も、韓国が小国で非民主主義国と見られていた1980年代まではほとんどなかったですね。21世紀になって、ある意味日本と同等の国だと見られるようになってから、嫌韓感情が爆発したわけで。アメリカやカナダでもそういう感じなんでしょうね。

平ちゃん平ちゃん 2009/03/25 17:47 いわゆる「嫌韓」については、韓国の経済力との関係もあるでしょうが、もうひとつには、これまでは日本のマスコミが隠していた、韓国が捏造、虚言に基づいた歴史認識で日本に対して謝罪やら賠償を求め続けたり、あるいは、日本文化の全てが韓国起源のように世界中で言いふらしたりして、韓国が(日本に対して攻撃的に)日本に金銭的、国家イメージ的な損害を具体的に与えていることが、インターネットを通じて明らかになって来たっていうのが大きいんじゃないでしょうかねえ、、、

私は2001年頃からインターネット、2チャンネルを結構みていましたけど、いわゆる「嫌韓」が広まり出したのは、2002年の日韓サッカーWC頃から。それまでは、2チャンネルでも、韓国人をちょっとでも批判すると「おまえは差別主義者だ」みたいな反応がほとんどだったはず。ところが、日韓サッカーWCで、韓国人が日本のチームが負けると大喜びをするし、日本戦のときは相手チームを応援するという話がインターネットを通じて伝わりだして、みんな、ん?って感じになり、韓国の反日の現状とか歴史問題とか日本に対する攻撃的な姿勢とかが知られるようになり始めた( 一般のマスコミでは、そんなことは、ほとんど報道していなかった、、、どころか、日韓友好を煽る報道ばかりだったような )。

韓国の反日等(事実に基づかない日本批判、中傷)の実態がインターネットを通じて知られるようになって、そのころから、いわゆる「嫌韓」がジワリジワリ広がってきている、って印象ですけど、、、

インターネットがなかったら、今でも、日本人のほとんどが中国、韓国の現状および歴史問題についての「真実」を知らず、「嫌韓」とか、あるいは、「嫌中」がこれほどまでに広がっていたかどうか、、、

インターネットが、あと、20年早く、少なくとも1980年代末頃からあれば、こうした外交上の問題以外にも、経済問題についても、広く国民の間で正しい情報、事実の交換、共有化が図られて、今の日本の政治、経済の状況も大きく変わってきていたんじゃないのかと、ない物ねだり的に残念でなりませんけど。

BaatarismBaatarism 2009/03/25 17:55 >平ちゃんさん
確かにインターネットの普及によって、マスコミとは別の情報チャンネルが出来たことも、嫌韓感情が広まった一つの理由でしょうね。
僕もインターネットは早くから使っていて、日韓サッカーWC前から2ちゃんねるも見てましたが、WCでの嫌韓の広まりはすごかったですね。あれはマスコミによる大量の映像情報と、ネットによる双方向性情報の相乗作用だったように思います。

bunz0ubunz0u 2009/03/25 19:43 単純に、次が当たってる中島だったからだと思いますけど。

BaatarismBaatarism 2009/03/25 22:16 >bunz0uさん
確かにそれも考えられますが、もしそうなら金寅植監督の発言は、単なる後付けの言い訳になってしまいますね。

bunz0ubunz0u 2009/03/25 22:47 えー、金寅植監督の「際どいコースのボールを投げて、うまくいかなければ歩かせる」というのは状況を考えればごく当たり前の指示だと思います。それに、「経験の少ない捕手で、作戦をきちんと理解できなかったのだろう」という発言は後付けの言い訳というよりは、経験不足のキッチャーに適切な指示を与えられなかった自身の責任を強調して、選手を庇っているのだと思います。
あと、今回の大会に限って数字を見れば、イチローよりも中島のほうが怖いのは明らかなので、そのあたりで迷いが生じるのは仕方がないことですよ。

へむへむへむへむ 2009/03/26 07:41 日本のマスコミ・政治家・学者・任意団体連中は
日韓友好を連呼しまってる。
韓国国内で、韓日友好なんて言ってる人・団体なんて
一つもないんじゃないかなあ・・・。
日韓友好の美名?のもと向こうの悪意を日本で報道されないなんて
不自然。本当の姿を見てこそ本当の付き合いがはじまるというに。

zz 2009/03/26 08:14 キャプテンの谷口を思い出した

かっぱかっぱ 2009/03/26 08:18 以前見たハリウッド映画で、キアヌリーブスが韓国人ギャングに向かって「ハロー、こんにちわ」と言う場面があり、
それに対して韓国人ギャングは、「こんにちわ」は俺たちにとっては最大の侮蔑だとありました。
ハリウッドでも、韓国人が日本人を敵視しているという認識はあるんだなというのが見られましたね。

BaatarismBaatarism 2009/03/26 10:24 >bunz0uさん
あの試合に限れば、イチローも中島も当たっていたので、怖さは同じくらいだったと思います。だから迷いはあったでしょうね。
「際どいコースのボールを投げて、うまくいかなければ歩かせる」という指示については、僕はSoredaさんと同じ意見で、やはり意志がはっきりしていないと思いました。

>へむへむさん
日本で日韓友好を言っている人にも2種類あって、一つは単純に「友好」という言葉を理想化している人たち、もう一つは韓国の「本当の姿」は理解してるけど、それでも北や中国のことを考えると、日韓は一緒にやっていった方が良いと考えている人たちだと思います。(もっとも、後者には「友好」という言葉を使わない人もいますが)
この2種類を分けて考える必要があると思います。

>zさん
あのマンガもファールで粘るシーンが多かったですね。普通の中学生にあんな芸当ができるのか、今考えると疑問もあるのですが。w

>かっぱさん
そんなシーンもあるんですね。
確か「世界の日本人ジョーク集」でも「韓国人は日の丸を燃やした」というジョークがあったので、韓国人が日本人を敵視しているという認識はアメリカなどでも広まってるようですね。

http://www.amazon.co.jp/dp/4121502027

ヌルヌル 2009/03/26 13:36 でも暗殺Tシャツの奉重根投手って、イチローのファンなんですよね。しかも割と行き過ぎたマニア的な。やり辛かったでしょうね。

BaatarismBaatarism 2009/03/26 14:15 >ヌルさん
そうだったんですか。それは知りませんでした。
大ファンの選手を対戦相手として迎えるのは、選手として光栄でしょうが、こんなTシャツを作られてしまうのは、ものすごく嫌だったでしょうねえ。

ニート らじ夫ニート らじ夫 2009/03/26 14:51 かーずSPさんから来ました。

読んでいて思ったのですが、あの場面で国の威信やら何やらが頭をよぎったというのはあなたの妄想だと思いますよ。実際に言った人間がいるわけでもないのに、勝負事に外野があれやこれや余計な味付けを施す(しかも結果論で)のは勝者の側にいる人間がやる行為としては最低だと思います。

野球をえさに「嫌韓」「反日」をあぶり出して何が楽しいのか知りませんが
こういった記事は誰にも見つからないチラシの裏にでも書かれてはいかがですか。

水増業水増業 2009/03/26 18:41 金寅植監督の発言は選手を庇っただけのように聞こえたんですが。っていうかよくあるオーソドックスな敗戦の弁かと。
>ニート らじ夫さん
スポーツをネタに反日とか嫌韓とか国の威信とか、私もちっとも楽しくないです。仮に煽られてもそんなもんに付き合いたくない。

野球好き野球好き 2009/03/26 19:11 嫌韓云々はどうでもいいですが、野球内在的に見て、あの場面はやはり変だと思いますよ。どうみたってバッテリーは勝負にでていて、ベンチもそれを放置している。やっていることと監督の事後の弁明がすんごいちぐはぐ。
8球でしたか、を投げる間、かなり長い時間がかかっているんですから、四球でもいいからくさいとこついていけという意図が本当だったら、コーチが飛び出してくるのが普通です。きわめてやばい場面なんですから。
これで「次打者と天秤をかけて勝負したんだけど」というコメントだったら、別に何の不思議もないんです。そうなっていないことに、何らかのこわばりを感じ取るのは、野球をよく見ている人なら当然ではないかと思います。

cabinessencecabinessence 2009/03/26 21:14 あそこで敬遠しなかったことが昨日からずっと不思議だったのですが、かなり腑に落ちました。そう考えるとあそこでイチローっていうのはすごい巡り合わせだよなー。まあ、送りバントやら犠牲フライやら、日本が決めるところ決めていれば、延長もなく楽勝だったような気もしますがw

forrestalforrestal 2009/03/26 22:05 こんばんは。私もあの試合見てないんですよ。夜のNEWSで見たぐらいです。

名前は、忘れましたが英語の実況では「イチローと勝負したのが間違いだあー」って言ってましたね。

ちなみに、携帯ストラップにイチローつけてる私も暗殺されるんでしょうか・・・ww

とまあ、野球の細かい話はさておきWBCの日本における経済効果が540億〜550億ぐらいだと聞いてます。少なからず、日本国民が元気になり、経済効果があったのならそれでいいのかなあなんて思ったりもしてます。

BaatarismBaatarism 2009/03/26 22:34 >ニート らじ夫さん、水増業さん
韓国に対する好き嫌いは別にしても、あの国がいつもスポーツと国の威信を結びつけていたのは事実ですからねえ。
だからスポーツの論理だけで説明できない事が起きたとき、国の威信やナショナリズムの視点で考えるのは、それほどおかしな事ではないと思いますよ。

>野球好きさん
あの場面のベンチやバッテリーの行動をよく見ていても、やはり試合後の監督のあの説明はしっくりこなかったですか。
もし僕の推測が外れていたとしても、他に何か隠さなければならないことがあるのかもしれませんね。

>cabinessenceさん
しかも最初の頃の不調なイチローではなく、完全に復調したイチローでしたからねえ。
あの試合、日本はヒットを15本も打ってるんですよねえ。せっかくのチャンスを何度も併殺で潰してしまったのが悔やまれますね。

>forrestalさん
英語ではそんなことを言ってたんですか。やっぱりみんな思うんですねえ。
まあ、韓国人は言葉や示威行為はすごいですが、日本人に対して人命に関わることはほとんどしないので、その点は大丈夫かと。ソウルの日本人も安全に暮らしてますし。
ちなみに経済について勉強すると「経済効果」というのがいかに適当に計算されているかが分かります。だから、あまり期待しない方が良いかもしれません。w

ボブボブ 2009/03/26 22:48 岩村を無警戒で走らせたのだから敬遠のサインが出ていたと思うんですよね。
ただ、イチローだったのでおおっぴらに敬遠できない。「勝負と見せかけての敬遠」
だけど2球目が逆球となり思いがけず1ストライクをとったことで「勝負」に変わったのでは?と僕は思ってるんですがどうでしょうか?
ただその2球目で岩村は走っているんですが。
「勝負に見せかけての敬遠」も「敬遠から勝負への変更」も本来ならありえないことですがイチローへの特別な感情があればない話でもない気がします。

高島高島 2009/03/26 23:02 うーん、明確な敬遠のサインではなかったと思いますよ?
あんだけ球投げてベンチがサインの確認にも行かなかったのだから
ただ単に監督が決断できなかったんだと思います

BaatarismBaatarism 2009/03/26 23:19 >ボブさん、高島さん
サインが出てたかどうかは分かりませんが、いずれにせよ、監督は明確に敬遠とも勝負とも決断できなかったのでしょうね。

野球好き野球好き 2009/03/26 23:42 Baatarismさんのご推測でだいたい合っているんじゃないかと思います。
実際のシーンとつき合わせれば、それほど不可解な監督のコメントでした。そもそもマウンドにいた林投手は、四球もありにしてくさいとこついて誘っていこうなんてことのできるタイプではないのだし、説得力がないですw。

金監督は優秀な戦略家ですから、頭では敬遠が合理的と分かってはいた。でも、韓国民が敵視しているイチローとの勝負から「逃げた」と言われると、あとがどうなるかがわからない。
だから、確信なく攻めさせた。
攻めた結果打たれたわけですが、勝負しにいって打たれたともいえない。自分たちの力が憎きイチローに劣っていると承認することになるので、また責任問題になってしまう。
それゆえ、何とも意味不明の、モゴモゴしたコメントになった。
そうでも考えないと、ほんとうに理解のできない弁明ではないでしょうか。基本的に、国内向けのコメントだと感じます。

nabezo-rnabezo-r 2009/03/27 00:20 知り合いの元プロの人曰く、「後半チャンスを生かせず9回の裏に向かって嫌な流れだったけど(実際同点になって延長)、そこまでに韓国チームはピンチランナーを出しすぎで打線がズタズタに切れていた。対して、日本はピッチャーがまだ余っている情況なので、サヨナラにならなかった以上延長は安心してみていられた。あそこでイチローが打たなくても結果は同じ。」だそうです。

BaatarismBaatarism 2009/03/27 10:17 >野球好きさん
金監督もWBCで準優勝するくらいの監督ですからねえ。野球の試合として考えれば、あのくらいの修羅場はいくらでも経験してきたはずですし、何をすればよいかも冷静に考えられたはずなんですよね。
しかしそれを実行もできなければ、後で事実を説明することも出来ない、不合理な社会の空気の中で自分の立場を必死に守らなければならない、金監督はそんな状況に置かれてしまっているのでしょうね。

>nabezo-rさん
なるほど、日本の方が後のことを考えて選手を大切に使っていたわけですね。
そう言う意味でも、ナショナリズムが韓国の監督から気持ちの余裕を失わせていた、というのは考え過ぎかな?w

野球好き野球好き 2009/03/27 11:06 野球話をあまり続けるとこのブログの趣旨から外れるでしょうからこれで最後にしますが、一言だけ。

言葉足らずでしたが、私の推測が当たっているとして、金監督は自分の立場だけを守りたかったのではなくて、打たれた/負けた責任をなるべくうやむやにすることで、世論からチームを守ろうとしたのだと思います。
ただし、「四球でいいという指令が捕手にうまく伝わらなかった」という弁解だと、世論次第では「経験不足の若い捕手」が犠牲者になる可能性がありますが…。このあたりは、儒教のお国柄だなあと思いました。

野球好き野球好き 2009/03/27 11:43 一言だけといいながら、すみません。
日本と比べて韓国が選手を余らせられなかったのは、端的に戦力の差であって、ナショナリズムとは無関係です。そう解釈してしまうと、それこそ「嫌韓」になってしまいます。

この試合でも韓国チームはヒット5本ですから、得点チャンスはほとんどなかった。延長を考えた選手起用ができなかったのを責めることはできません。それくらい、日本とは戦力差があった。それで決勝までこれだけがんばったのだから、すごい監督、すばらしいチームだったと思います。
nabezo-rさんも言われていますが、おそらく延長の時点で、監督は95%くらいは負けを覚悟していたのではないでしょうか。問題のシーンに関しても、そういう諦めが関係していたかもしれません。

nanashinanashi 2009/03/27 12:18 冗談の通じない、教養の無い国と、関わると酷い目に合いますよ。
韓国とは、はやく普通の国の関係になること
過去の歴史的関係や在日の存在をあまり重要視せず、適当な距離を持つことですね

BaatarismBaatarism 2009/03/27 12:22 >野球好きさん
なるほど、確かに自分の立場だけを守ろうとしたというのは、間違った考え方でした。チーム全体を守ろうとしたと考えた方が良いですね。
あと、確かに選手層の厚さの違いという問題もあったでしょうね。これについても、ナショナリズムよりも選手層・戦力差の方が原因だったという見解に、僕も賛同したいと思います。
韓国チームや韓国の選手、監督については、僕もすばらしかったと思います。日本以外のチームは、ほとんど相手にならないような勝ち方でしたからねえ。
そういうチームの足をナショナリズムが引っ張ってしまったことが、非常に残念ですね。

nabezo-rnabezo-r 2009/03/27 13:28 為念補足すると、日本が選手を大事に使っていたというより、先発の岩隈が頑張ってくれたのと、終始リードをしていた事が差になりました。決勝戦ですから、負けてる側は同点・逆転チャンスにピンチランナー使っていくなどの攻撃的采配をしていくのは当然だと思います。9回裏に追いつかれたのはご愛嬌ですが、あそこでサヨナラにならなかったから、その余裕が生きてきたという事で。韓国側は9回裏のチャンスに賭けて、惜しいところまでは行ったが力及ばずという感じでよいのではないかなと。その結果が出た後で、防御的な采配をすることにあまり意味があるとは思いません。

ああいう所でしっかりヒットを打つイチローも凄いですが、あの場面でイチローにチャンスを回した前の打者たちと、先発の岩隈ももうちょっと評価してあげたいなぁ。敗者の敗因を語るより、勝者の勝因を語りましょうよ。
というか、韓国民の粘着を苦々しく思う面はありますが、だからといってこちらも色眼鏡で批判する必要はないかなと。監督の言い訳なんてしょっちゅうある事です。そんな事を言ったら、前五輪代表監督なんて・・・

ところで、サッカーのワールドカップ予選なんかで、ホンジュラスとエルサルバドルあたりの対戦で、勝ったチームがピッチに国旗を立てたら、ガチンコで戦争になっちゃうんじゃないかと思ったりするのですがねぇ。奴ら舐めすぎ。

BaatarismBaatarism 2009/03/27 17:31 >nabezo-rさん
岩隈はすごかったですよね。100球ギリギリで8回まで引っ張るんですから。
他の試合を見ると韓国の攻撃陣も悪くはなかったはずなのですが、日本の投手や守備がその上を行っていたんでしょうね。それで韓国が駒を使い果たしてしまったのでしょう。

ホンジュラスとエルサルバドルって…それは洒落にならないでしょうねえ。(汗)

MUTIMUTI 2009/03/28 13:29 野球とは直接の関係はなく、
かつ、Baatarism さんは既にご存じでしょうが。

「韓日の架け橋役30年、電通の成田豊最高顧問」
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=113072

たなとすたなとす 2009/03/28 17:55 はじめまして。
スポニチの記事ですが、2chにスレ立ってましたね。

WBC韓国代表の金寅植監督(61)が、29日放送の韓国MBCテレビのインタビュー番組で「イチローを懲らしめたかった」と本音を漏らしたと聨合通信(電子版)が27日、伝えた。同監督は「大会中一番悔しかったこと」に決勝でイチローに浴びた決勝打を挙げ「一晩中眠れなかった。不振だったが、決定的場面で打ったのはさすがだ。イチローは汚い言葉を(マスコミ上で)発していたので一度懲らしめたいという気持ちがあった」と話している。

Baatarismさんのおっしゃるとおりでしたね。
ただこういう本音を金監督が言えただけでも進歩したのかなと思うのは甘いかな・・・

BaatarismBaatarism 2009/03/28 23:18 >MUTIさん
ネットで指摘されていた韓国と電通の関係が、こういう形でちょっと垣間見えたというところですね。

>たなとすさん
やはり金監督も韓国を覆うアンチ・イチローの空気に影響されてしまっていたんですねえ。
ただ、これでアンチ・イチローの空気が間違いだったという結論になるわけでもないでしょうから、結局ますますイチロー憎しに走っていくのでしょうね。

josephjoseph 2009/03/29 08:00 なんだか、竹島の件も同じ失敗をしているような気がします。

韓国政府は国民に向けて派手なプロパガンダをうった手前、日本に竹島を寸土も踏ませるわけにはいかないので、戦略的価値がないあの島を、必死こいて守らざるをえない状況にあるわけですが、それはどう考えてもきちんとした戦略を立てるための妨げにしかならないな、と。

私はアンチ韓国ですが、そういう思考は今後自重しようと思います。

BaatarismBaatarism 2009/03/29 15:14 >josephさん
竹島についてはその通りでしょうねえ。おかげで国家の存亡に関わる38度線の問題に集中できなくなってますよね。
アンチ韓国を突き詰めていくと、いつの間にか韓国と同じような思考に陥ってしまうことがあるんですよね。実は韓国に限らず、アンチ○○という考え方に共通する罠なのですが。それだけは避けなければなりませんね。
韓国自身もアンチ日本を捨てられない国ですが、彼らがアンチ日本を追求すればするほど、彼らが憎む日本のナショナリスト(彼らが言うところの「右翼」)に似てくるんですよね。これもその一例でしょう。

べっちゃんべっちゃん 2009/03/29 17:49 反○○というのは相手からの入力待ちですので、どうしても行動が後手に回っちゃいますよね。それに先方が正しい選択をしたら必然的に間違った方向に進まざるを得ないわけで。最初から選択の幅を狭めるのは何であれ下策です。

BaatarismBaatarism 2009/03/30 10:05 >べっちゃんさん
その通りですね。
あと、「反○○」を基準にすると、その「○○」の鏡写しのような行動をしてしまう傾向があると思います。だから相手が間違っていた場合でも、正解が「中庸」にある場合は、やはり自分も間違ってしまうんですよね。

お伊勢参りお伊勢参り 2009/03/30 16:57 Baatarismさん、皆さん、こんにちは。
皆さんの分析、面白く拝見しました。私なんぞ、ただ興奮していただけですが、こういう分析は勉強になります。
Baatarismさんのタイトルの「反○○・・・」というのは、皆さんのコメントを見るにつけ鋭い、と感心しました。
結局「憤兵は敗る」という中国の故事は今でも通用するということですね。
公的資金注入はケシカラン!、9.11テロのイスラム原理主義は・・・、消費税増税はわれわれの血税を・・・、など興奮して血気にはやると、ますます傷口を広げるという教えでしょうかね。
歴史と身近な出来事を結びつけて世に問う、という啓蒙活動は、日本をあるべき姿に導くために大変重要なんですよねぇ。

BaatarismBaatarism 2009/03/30 17:17 >お伊勢参りさん
>結局「憤兵は敗る」という中国の故事は今でも通用するということですね。
憤ると物が見えなくなりますからね。最近だと、欧米の銀行批判(AIGボーナス問題とか)が、そんな雰囲気ですね。あれも傷口が広がりそうです。
もっとも、憤らずに批判するというのも、なかなか難しいものですが。僕もときどき自戒することがあります。

kogekoge 2009/03/31 01:44 >電通
しかし、陰謀論者に聞きたいんですが、韓国は「日本を支配する」程の人材を輩出する国なのに、なぜ本国はああなんでしょう?日本が陰謀を仕掛けてるからでしょうか?(w

陰謀ついでに。
「うえくさ氏に続いてたかはし氏まで捕まった、これはにちぎんのいんぼうだ!」
「いや、もし日銀にそんな陰謀を成功させられるような能力があったら今頃デフレのままで景気回復してるよ…orz」

鷹馬鷹馬 2009/04/15 16:29 遅まきながらコメントを。
私も金寅植監督の「敗戦の弁」に違和感を覚えた一人でした。
金寅植さんというのは実にクールな方で、前回のWBCでも「日本に勝ったといって浮かれていてはいけない。韓国は代表レベルのチームを1つ作るので精一杯だが、日本なら2つも3つも作ることができる。それだけの違いがある。」というコメントをされていたくらいです。
今回のWBCの監督を引き受けるにあたっては韓国でも候補者が次々と辞退するという騒ぎがあったようです。日本でも似たような騒動があったわけですが事情は似たようなもので、国民の期待があまりにも高くプレッシャーがきつすぎるためです。それで、一時健康を害しておられた金寅植監督が再度指名されたという経過があったものです。
おそらく、金寅植監督が「選手を世論から守る」ということを自分の使命と考えておられたということは十分にあり得ることです。そういう意味で、「イチローを懲らしめたかった」と言う発言は、「本音」ではなく「計算されたもの」と思われます。こう言えば、韓国の世論はもっとも納得する。しかしそれを世界に向かって言うわけにはいきません。日本人を怒らせることは、もちろん金監督の本意ではないわけですから。
勝負師である金寅植監督が「負けたときのこと」を考えておられたとは思いません。しかし、中島もイチローも危険度では一緒。ではどっちと勝負した方が韓国世論対策が容易か?というような計算があった可能性は十分にあると思っています。もちろん、金監督の頭の中が覗けるはずもありませんが、このあたりは見物人の勝手な憶測の世界に過ぎませんが(笑)。憶測も楽しいですよね。

BaatarismBaatarism 2009/04/15 22:16 >鷹馬さん
金寅植監督がそこまで冷静に考えられる人なら、韓国のナショナリズムを計算して発言していた可能性もありそうですね。
金寅植監督の苦労が一番分かるのは、実は原監督だったのかもしれませんね。