『バックラッシュ!』発売記念キャンペーン跡地 このページをアンテナに追加 RSSフィード

本サイトは双風舎から2006年6月に発売された単行本『バックラッシュ!〜なぜジェンダーフリーは叩かれたのか〜』のキャンペーンブログとして設置され、5月24日〜7月31日までのあいだ毎日更新で、さまざまな企画をお届けしました。担当は「荻上式BLOG」(当時は「成城トランスカレッジ!」)の chiki と「macska dot org」の macska です。『バックラッシュ!』のご購入はこちらから。キャンペーンブログは一旦更新終了しましたが、もしかしたら追加コンテンツあるかも。

2006-07-05

[] 「男女共同参画予算10兆円」のカラクリ

 こんにちは、みなさま。今日は本書から chiki によるコラム、「男女共同参画予算とはなにか」をお届けします。やや長くなりますが、貴重な資料なので全文掲載といきます。

論点バックラッシュ3 男女共同参画予算とはなにか

荻上チキ


 「男女共同参画に10兆円!」

 「ジェンダーフリーに10兆円!」

 一時期、こんなフレーズが一人歩きしていました。「累積50兆円!」とか言い換えたりして、インパクトもたっぷりです。これを聞いて、「おお、フェミニストの陰謀じゃ」と憤慨した人も多いことでしょう。私がこのことを聞いたときも「そんなバカな」とまず思いました。但し、それは「そんなバカな(ことが行われているなんて!)」ってことではなく、「そんなバカな(こと、あるわけないじゃん)」って意味で。予算の総額がいくらかを考えれば、普通そんなことありえないわけで、何かカラクリがあるだろうと思ったわけですね。

 ここでは、本当に男女共同参画やジェンダーフリーに対して10兆円も使われているのかを見ていきましょう。そのためには、国家予算のしくみについて簡単に知っておく必要があります。

予算とは何か

 「予算」とは、前もって必要な収入や費用を見積もりすることをいいます。それは国家予算の場合も同じ。国家予算はすごい額です。18年度の国家予算の一般会計の規模は79兆6860億円です。少しわけてほしいです。

 国家予算には、「一般会計」と「特別会計」というものがあります。たまにNHKとかで耳にしますね。特別会計には、たとえば「特許特別会計」というものがあります。特許庁は発明、意匠、商標等について審査を行い、申請者に特許権や商標権などを認めていますが、その費用は、基本的には出願手数料、特許料等によってまかなわれています。これが特許特別会計。おもわず早口で連呼したくなります。この「特許特別会計」のように、ある事業について特定の収入を財源として運営するのが適当な場合などは、一般会計とは独立した特別会計が設けられています。ちなみに現在、31の特別会計があります。興味がある人は調べてみるといいでしょう。

 それに対し、「一般会計」の方は、基本的に国民からの税金でまかなうことになっております。そのため、国の一般的な行政、事業で、税金でまかなうのが適当と考えられるものが「一般会計」の対象となっています。但し、18年度予算の歳入約79兆円のうち、税収は約45兆円なので、必要な額にはかなり足りません。そこで、不足の部分は借金でなんとかしちゃいます。これがいわゆる「国債」(正式には「公債金」)で、18年度は29兆9730億円となっております。

 ちなみに国債には「建設公債」と「特例公債」があります。建設公債はインフラ整備のための借金で、橋や道路などインフラの効用は相当長期に及ぶことから、将来の国民にも負担をさせて構わない(本当か?)という考えで、いわば「善玉」の借金と考えられています。これに対し特例公債は赤字部分の補填。「特例」という名前からわかるとおり、本来すべきではない借金で、正真正銘の「悪玉」と考えられています。ところが今ではこちらが「国債」のかなりの部分を占め、18年度の場合、「建設公債」5兆4840億円に対し、「特例公債」は24兆4890億円億円です。「借金財政」といわれるゆえんです。ご利用は計画的に。

 さて、予算といえば、「歳入」と「歳出」があります。収入と支出のことですが、年度ごとに見積もりを行っていますので(「歳」は「年」を意味しますから)、「歳入」「歳出」とされています。年度とは「会計年度」のことで、1月から12月までの1年間を「暦年」というのに対し、「会計年度」は4月から翌年3月までの1年間を指します。学校と同じですね。で、「○○年度予算」というのは、○○年度の1年間の収入・支出の見積もりをいいます。このように年度ごとに予算として見積もりを立てることを「予算単年度主義」といいます。要するに、1年ごとに帳尻を合わせるってことです。では、「一般会計」の「歳出」はどうなっているのでしょうか。

国も、さまざまな行政や事業を行うためには、オゼゼが要ります。しかしながら、近年は、「歳入」に「公債金」が増えたことにより、「歳出」にも借金の元利金の支払いに充てるための「国債費」が多くなってしまいました。18年度は18兆7616億円に上ります。この部分は使えません。さらに「地方交付税等」が必要になります。国の財政は、地方の財政を「地方交付税等」で支えており、これらは総務省を通じて支払われ、直接地方自治体の財源となります。それが14兆5584億円あります。これも国として使うことができません。格好ケツカッチンですね。

 結局、約81兆円の予算から、これらをさしひいて残った額は46兆3660億円。この約46兆円が、国の各府省が実際に使えるお金で、「一般歳出」と呼ばれています。一般歳出の内訳を多い順に並べてみると、年金、医療、介護、福祉などの「社会保障関係費」20兆5739億円、治山治水、道路、港湾、空港の整備などの「公共事業関係費」7兆2015億円、義務教育、大学運営、科学技術振興などの「文教科学振興費」5兆2671億円、そして「防衛関係費」4兆8139億円となっております。あれ、「男女共同参画推進関係予算」がないっ? ここがカラクリのポイントです。

男女共同参画の予算の対象は何か

 国の「男女共同参画推進関係予算」というものがとりまとめられています。17年度の総額は、なんと10兆6045億円になります。すごい額です。宝くじが1万回当たっても足りません。そのため、「防衛関係費よりも多いなんて!」というフレーズがあちこちで見受けられました。よりによって防衛費と比べたがる人が多いのは不思議ですが、何か大人の事情があるのでしょう。

さて、これをみて「やっぱりそれだけ使われてたんだな、フェミニストの陰謀じゃ!」と騒ぐのは気が早いです。カルシウムを補充しながら、もう少し細かく見てみましょう。

 まず「男女共同参画推進関係予算」とは、文字通り、各府省の所管している予算のうち、男女共同参画に関係している予算を選び出して整理したものです。ですから、「社会保障関係費」約20兆円の次に、多額の「男女共同参画推進関係予算」のカタマリが存在するわけではありません。「社会保障関係費」、「公共事業関係費」、「文教科学振興費」などの中から、関係している事業・政策を取り出してまとめていたものを「関係予算」と呼んでいるわけです。ちょっとややこしかったですね。

 「関係予算」は、男女共同参画基本計画を元に取り出しています。平成17年度の「男女共同参画推進関係予算」の元となった第1次男女共同参画基本計画には、11の分野ごとに関係府省の実施すべき具体的施策が掲げられていました。この具体的施策の17年度予算を分野ごとに集めて、取りまとめたのが17年度「男女共同参画推進関係予算」です。

 ちなみに11の分野は次のとおりです。

 (1) 政策・方針決定過程への女性の参画の拡大、(2) 男女共同参画の視点に立った社会制度・慣行の見直し、意識の改革、(3) 雇用等の分野における男女の均等な機会と待遇の確保、(4) 農山漁村における男女共同参画の確立、(5) 男女の職業生活と家庭・地域生活の両立の支援、(6) 高齢者等が安心して暮らせる条件の整備、(7) 女性に対するあらゆる暴力の根絶、(8) 生涯を通じた女性の健康支援、(9)メディアにおける女性の人権の尊重、(10) 女共同参画社会を推進し多様な選択を可能にする教育・学習の充実、(11) 地球社会の「平等・開発・平和」への貢献。

 このうち、ずばぬけて多いのが (6)「高齢者等が安心して暮らせる条件の整備」で、ここには介護給付費の国家負担金約1兆9518億円、厚生年金の国庫負担約4兆5394億円、国民年金の国庫負担約1兆7201億円が含められ、(6) だけで約8兆9854億円です。その次が、(5)「男女の職業生活と家庭・地域生活の両立の支援」で、児童手当給付、母子家庭等対策費、保育所運営費などが含められ、約1兆3988億円となっております。3番目は、(10)「男女共同参画社会を推進し多様な選択を可能にする教育・学習の充実」で、専修学校教育の振興、放送大学の拡充・振興などが含められ、約1378億円です。これら3分野で約10兆5220億円です。残りは、それぞれにちょびっとずつ配分されています。

 特筆すべきは、(6)「高齢者等が安心して暮らせる条件の整備」に、厚生年金、国民年金の国庫負担が含められ、これらが約6兆2595億円に上っていること。これは、「男女共同参画推進関係予算」全体10兆6045億円の約6割を占めています。要するに、関係予算の6割が「年金の国庫負担」(支払う年金の足りない分を税金で負担するということ)だったのです。

 じゃあ、なんで (6) が「関係予算」に含まれているのでしょうか。それを知るためには、関係予算がどのように決まったのかを知る必要があります。

男女共同参画推進関係予算はどう決まったのか。

 「男女共同参画推進関係予算」は、各府省の予算の中から、男女共同参画基本計画に掲げられる施策に該当するものを取り出してとりまとめたものでした。ご承知のとおり、国の財政は火の車です。そのため、毎年度予算の編成についても厳しい対応が求められています。「男女共同参画推進関係予算」も例外ではありません。男女共同参画社会基本法では、前文で「男女共同参画社会の実現を21世紀の我が国社会を決定する最重要課題と位置付け」と書かれていますが、だからといって「男女共同参画推進関係予算」に該当する予算経費の査定が甘くなるものではありません。必要性など、財務省からしっかりとチェックされます。えこひいきはいけません。

 予算は国会で決められます。そのプロセスは省略しますが、年末に政府の予算案が決定された後、新年になってから「男女共同参画推進関係予算」のとりまとめ作業が始まります。具体的には、内閣府から男女共同参画基本計画に掲げられた施策の次年度予算について各府省に対して問い合わせを行います。そして各府省から回答が集められ、それをもとに内閣府男女共同参画局でとりまとめられるわけです。

 さて、その「男女共同参画推進関係予算」の基本となる男女共同参画基本計画についてですが、17年12月に改定が行われ、新たに第2次男女共同参画基本計画が策定されました。リニューアルってヤツです。基本計画は5年おきにリニューアルされるのです。

第2次基本計画では、この「男女共同参画推進関係予算」について「取りまとめにあたっては、男女共同参画の推進の見地から当面特に留意する事項と、それ以外の事項に区分して行う」とされました。どういうことでしょうか。

 先ほど述べたように、「男女共同参画推進関係予算」に含まれている国民年金と厚生年金の国庫負担の予算額は、他の事業に比べて規模が大きく、全体額の約6割を占めていました。この予算額の毎年の増加は、高齢化に伴う支払対象者数の増加等によるものです。そのため、他の関係予算の増減や、関係予算の全体像を分かりにくくしているのではないか、というような指摘があったことから、今後は「当面特に留意すべき事項」と「それ以外の事項」に区別して行うという方針が示されたのでした。

 そんなわけで、この第2次基本計画に沿って取りまとめられた「男女共同参画推進関係予算」は、次のようになりました。


○平成18年度男女共同参画推進関係予算

「当面特に留意すべき事項」として約4兆4千億円

(主な内訳)

・「高齢者等が安心して暮らせる条件の整備」(介護給付費を含む)約2兆9千億円

・「男女の職業生活と家庭・地域生活の両立の支援」約1兆2千億円

・「男女共同参画社会を推進し多様な選択を可能にする教育・学習の充実」約1400億円

 また、「当面特に留意すべき事項」のほかに「それ以外の事項」として年金の国庫負担等の経費が掲げられています。要するに、平成18年度以降は「当面特に留意すべき事項」の額として約4兆3千億円が示され、年金の国庫負担等はこの「当面特に留意すべき事項」に含められないこととなったということです。ちょっぴり分かりやすくなりました。

 ちなみに、なぜ「関係予算」に高齢者の予算が含められているかというと、「男女」も年をとること(高齢者も「男女」であること)、高齢者介護がこれまで「嫁」の仕事とされていたりしたこと、男性と比べて女性の平均寿命の方が長く、つまり高齢者には女性が多いことなどが理由のようです。但し、「関係予算」に組み込まれるか否かというのは、あんまり使い道には関係がありません。「これだけ仕事やってまっせー」という国民へのアピールみたいなものです。

本質的な議論をしようよ。

 これまで、男女共同参画推進関係予算に対して、「約10兆円!」というフレーズをつかった批判があちこちで見られました。例えば「男女平等バカ」(宝島社、2005)という、タイトルの通り男女平等についてのバカな意見をバカが書いてバカが読む本(え、ちがうの?)の表紙にも「年間10兆円の血税を垂れ流す“男女共同参画”の怖い話!」と書いてあります。もちろん予算の妥当性については吟味が必要ですが、ほとんどの批判が予算の意味を分かってないか、あるいはフレーズだけ繰り返して煽るような議論であるという印象を持ちますよね。対象をしっかり知らないで批判していると、空疎な議論になるか、結局自分は損をして、みんなを扇情して儲かる人だけが笑う結果になってしまいます。特に「防衛費の3倍!」みたいな議論を高齢の方が行っているのをよく見かけますが、保障なんていらないからワシを軍隊に入れてくれってことなんでしょうか。不思議です。

 そんなわけで、これからは見せかけの金額の大きさではなく、政策の「質」とそれに必要な「量」についての充実した議論を期待したいと思います。

 いかがでしたか? 『バックラッシュ!』にはほかにもクオリティの高い分析記事が満載です。バックラッシュ論者も、これを読んだ以上はいい加減「男女共同参画の予算は年間10兆円」とか言うのはよさんか!(ウソ)

kirikokiriko 2006/07/05 08:02 「TVタックル」で、数年前「男女共同参画予算に9兆円?」という話が出ました。ところが先日の同番組では「4兆円」になってました。
おやおや、数年で半分以下になったの?(笑)と思ったら、男女共同参画局の仕分け方が変わったんですね。
9兆円だの、10兆円だの言う人たちは、内訳の確認もしないのでしょうかね。ダントツに多い「高齢期の所得保障」とは「年金のことか?」くらい、気がついてもよさそうなものです。中にはわかっててあえて10兆円と言っている人もいるでしょうが。

純子純子 2006/07/06 06:35 逆に言えば、
各府省の予算を足し算してるだけのムダな役所はいらない。
国民感情を無視し、フェミイデオロギーに基づいて、10兆円もの国家事業に余計な口出しするだけの共同参画局などいらない。
という批判はありそうにゃが?
そんな役所がなくても、日本は十分に男女平等であるとか?
そんなことより、早くイージス艦にSM-3を……とか?

kirikokiriko 2006/07/07 19:44 男女共同参画局がムダな役所かどうか今は判断できませんが、「予算の足し算」はムダなお仕事だと思います。
各府省の事業に口出ししていると批判するなら、具体的に挙げていただきたいですね(純子さんが、でなくて、批判する人が、ですよ)。

純子純子 2006/07/09 14:23 >各府省の事業に口出ししていると批判するなら、具体的に挙げていただきたいですね

それはむしろ、参画局やジェンダーフリーを支持してる側が明らかにしなければ、「僕は、参画局なんか無くても十分、日本は男女平等な社会だと思ってるし、欧米に比べて遅れているように見える分野でも、徐々に女性が進出してきてるしね。それは各省庁にまかせておけばいいんじゃないの。参画局の必要性って何? 」(石原都知事っぽい口調で^^)と批判する側に言われたら、どう答えます?

地球市民地球市民 2008/03/27 13:55 >(11) 地球社会の「平等・開発・平和」への貢献

ちょっ!www

なまえなまえ 2008/09/20 17:32 内訳が老人介護用なのだったら初めから社会保障費で計上しておけばいいだけの話。わざわざたいそうな名前付けなくてもいいのになぁ。
予算取りの都合上別の企画が必要とか言い訳するんだろうか

wdwd 2009/09/10 16:22 >男女平等についてのバカな意見をバカが書いてバカが読む本(え、ちがうの?)

こんなことを言ってしまうのではその本の著者と変わらないのでは?
「本質的な議論」をする態度だとは思えません。



>内訳が老人介護用なのだったら初めから社会保障費で計上しておけばいいだけの話。

全くそのとおりだとおもいます。

macskamacska 2009/09/10 16:52 いやだから、はじめから普通に社会保障費で計上されているに決まってるじゃん。男女共同参画予算として計上されているわけじゃありません。なんでわからないの?

で、それとは全然関係なく、役所が「男女共同参画に関連した予算って、いろいろな省庁にまたがっていて統一して計上されてないけど、合計したらどれくらいになるんだろね」と、ただ関係しそうだと担当者が判断した予算額を全部足していったらこうなりました、というだけ。

たとえるなら、「海に関する予算ってどれくらいあるのかな」という疑問が浮かんだとして、その中には海上自衛隊も海上保安庁も入るし、漁業に関連したものや、科学的調査に関するもの、環境保全、観光、その他いろいろ入るわけ。そうすると全体で膨大な金額になるだろうけど、その全体を見て「海にこんなにお金をかけるなんて!」と騒ぐのも、「海上自衛隊の予算ははじめから防衛費に計上すべきだ」なんて言うのも、どっちもバカ丸出しなわけ。

コメント書くまえに、どうしてエントリ本文をちゃんと読もうとしないのかなぁ。

やすやす 2009/09/25 17:32 結局、「男女共同参画予算」という予算枠が実在しているわけではなく、いろいろな予算枠の中に「男女共同参画関連費用」として計上されているわけでしょう?
しかし「男女共同参画」のために、数兆円が使われていることに変わりはなく、「職業技能訓練」を複数の省庁で別々に行っているのは無駄だという議論と同じで、「男女共同参画関連の支出に(トータルで)4兆円も使うのは多すぎでは?」という意見は真っ当だと思います。
本質的な議論は、他人の著作物云々ではなく、セミナー開いたりセンター作ったりする必要性・重要性がいかほどかという「(誰にでもわかる)説明」が必要とされている、という部分にあるのではないでしょうか?

macskamacska 2009/09/26 01:44 えー、なんでまだわからないの?
「いろいろな予算枠の中に『男女共同参画関連費用』として計上されている」のではありません。もっとよく読んでからモノは言ってください。

ていうか常識的に考えて、男女共同参画に4兆円もかけているはずがないじゃん。騒ぐ前に、「そんなバカな、ありえない」とまず思うのが普通では。どれだけセミナー開いたりセンター作ったら4兆円も使えるんだよって。

ヘドロヘドロ 2009/10/20 21:48 4兆あれば父子家庭への補助金ぐらい出せますよね。でも出さないんですね。

macskamacska 2009/10/21 00:53 ヘドロって、名前がピッタリすぎ。

通りすがり通りすがり 2009/11/16 16:16 国立女性教育会館
ttp://www.nwec.jp/jp/about/facilities/
> テニスコート、室内温水プール、体育館
> 宿泊施設、日本庭園、茶室付超豪華施設

不景気のなかこんな豪華施設なんていりません。
日本国民は重税のなか苦しんでいます。日本の消費税だって世界一高く、公務員の給料額の高さも世界一の日本です。その上に天下りなんて言語道断。
いい加減、天下り禁止法も作ってほしい。

ここのブログ主さんは関係者ですか?必死ですね。
10兆円どころか4兆円でも多すぎですよ
もっと減らして、余った分を福祉にまわして、男性にも利益になるようにしてほしいです

macskamacska 2009/11/16 16:46 だっからですねー、4兆円も出ているわけがないでしょーが。
なんでそんな馬鹿げた話信じちゃうの?
しかも「関係者ですか?必死ですね」とか、お前の方がよっぽど必死だろと。勝手に無関係の人を関係者にしてしまうなんてね。

通りすがり通りすがり 2009/11/18 15:37 > ヘドロヘドロ 2009/10/20 21:48 4兆あれば父子家庭への補助金ぐらい出せますよね。でも出さないんですね。
>macskamacska 2009/10/21 00:53 ヘドロって、名前がピッタリすぎ。

このやりとりで自分の都合のいい事にしか耳を貸さない人間ってのが分かります。

竹 2009/11/21 21:02 本記事を投稿された方は、もっと理解されるように文章を綴る努力をした方がいいと思いますけど・・・。
所々感情が挟まっていて、不快に感じる部分もあります。

まるで、「馬鹿文に馬鹿なレスをされて馬鹿さを際立たす」かのようです。お大事に。

学生学生 2009/11/22 03:14 本文読んだかどうかすら怪しい人が居ますねぇ
まあ読解力の無い人には何を説いても無駄というもんですな(嘲笑

TACTAC 2009/11/22 08:43 ダラダラと長い文章書いてるから同じような勘違い?コメントが続くのですよ。
読解力云々の問題ではない。
http://www.gender.go.jp/yosan/pdf/21yosan-overview.pdf
↑この最後のシートにあるグラフを見れば、推進派も反対派?も同じベースで議論が出来るでしょう。
このテーマ、着眼点は面白いのですが、竹さんと同じ感想を持ちました。

#9#9 2009/12/07 10:39 ざっと読ませていただきました。
なるほど、男女共同参画を銘打たなくとも必要な予算が多いのですね。男女共同参画予算がなくなっても、10兆円をそのまま減るものではないことはわかりました。だけど、男女共同参画を銘打ってやらなければならない意義は分かりません。この項目は予算には必要ないと思いました。子育てや老齢者などへの配慮をきちんと行なえばいいだけです。共同なとと掲げながら、母子を父子に優先してきた体質も払拭すべきです。母子共同参画などと唱えるよりも、児童虐待問題などにきちんと向き合い赤ちゃんポストなどを全国に広げることのほうがはるかに重要だと思います。本当に必要なところに予算をつけるべきだと思います。
事業仕分けできちんとメリハリをつけてほしいです。

TTTT 2010/02/25 08:46 申し訳ないけど実は予算に関してはこうこうだからどうのこうの以前に、
女と仕事をしていて必要ないとしか言えません。
立場に甘え、優しくして貰って当然と勘違いしている未成熟な人に必要なのはお金ではなく、苦労です。
女の人は分別がなく、公私の区分けが出来ないため、
今のように豊かで平和な時代になってまで蝶よ花よとおだてる必要はありません。

がらむがらむ 2010/10/15 22:23 フェミニンが仕事してますってアピールするために、余所の予算を自分の所に抱え込んだって事でOK?

macskamacska 2010/10/15 23:51 逆でしょ。本当はそんなに予算をかけていないのに「日本は男女共同参画のためにこんなに予算をかけています」と内外にアピールするために、なんでも関連予算として計算上含めているだけでは。

通りすがり通りすがり 2010/10/18 02:55 いまさらだが、こういう仕組みを説明する文章に感情的なニュアンスが入ると説得力がガタ落ち、とくに批判表現があった場合、逆効果が生じる恐れがあると思う。そういう意味で、読者が一旦「なるほどね」と納得したものの、よくよく読みと「本当はどうなんだ?」と再び疑ってしまう。

こわいこわい 2010/11/09 10:59 恐ろしいことに、この共同参画予算のほかに
地域や県、自治体などにも個別で出させてるため
実際はまだまだ使ってるお金があるんでしょうね

こわいこわい 2010/11/09 10:59 恐ろしいことに、この共同参画予算のほかに
地域や県、自治体などにも個別で出させてるため
実際はまだまだ使ってるお金があるんでしょうね

子孫にツケを残すな子孫にツケを残すな 2010/12/25 11:44 いずれにせよ、現状の赤字財政において無駄を省く=「国民の財産(国土)、安全を守るのに必要のないものを削る」という観点では女性の社会参加に対する支出を正当化することは出来ません。
世界の流れやら国連決議やら気にしている間に日本国の経営は傾き続けます。
本当に真剣に必要最低限の歳出だけにする努力をしないと21世紀は暗黒の時代になります。意味わかりますか?感情論じゃありませんよ?

竜蔵竜蔵 2011/01/12 14:33 予算の内容を複雑化させる真の意味は、無駄遣いを分かりにくくさせること。シンプルにするほど利権者たちは都合が悪いんだよね。

国防と比較するのはおかしいと書いてるけど、国民を守ることができない国では、男女平等すらあり得ない。中国が侵略の意思をありありと見せつけてるのに、国防を削るのは愚かなことだ。中国人でいっぱいになって、中国共産党の支配下に入ったら、男女平等の前に人権すらなくなるよ。

ジェンダーフリーとかフェミを優先して、国土と国民を危険に晒すつもりなのだろうか。すでに危機はすぐそこにきてるのに。

それから、日本が数年内に財政破綻するというガセを信じている人が多いけど、財務省自信が「それはあり得ない」と言ってるのを知らない人多いよね。財務省は、国内に向けては「破綻しそうです」と言い、国外に向けては「破綻はあり得ません」という、ダブルスタンダードをやってるわけだ。もちろん、国内向けは「増税(利権増)」のためにね。

だけど、それで日本の国債の評価が下げられるのは困るから、国外に向けては本当のことを言うわけ。

こういうのはマスメディアからは伝わらないから要注意。

優先順位は国防が上優先順位は国防が上 2011/01/12 14:33 予算の内容を複雑化させる真の意味は、無駄遣いを分かりにくくさせること。シンプルにするほど利権者たちは都合が悪いんだよね。

国防と比較するのはおかしいと書いてるけど、国民を守ることができない国では、男女平等すらあり得ない。中国が侵略の意思をありありと見せつけてるのに、国防を削るのは愚かなことだ。中国人でいっぱいになって、中国共産党の支配下に入ったら、男女平等の前に人権すらなくなるよ。

ジェンダーフリーとかフェミを優先して、国土と国民を危険に晒すつもりなのだろうか。すでに危機はすぐそこにきてるのに。

それから、日本が数年内に財政破綻するというガセを信じている人が多いけど、財務省自信が「それはあり得ない」と言ってるのを知らない人多いよね。財務省は、国内に向けては「破綻しそうです」と言い、国外に向けては「破綻はあり得ません」という、ダブルスタンダードをやってるわけだ。もちろん、国内向けは「増税(利権増)」のためにね。

だけど、それで日本の国債の評価が下げられるのは困るから、国外に向けては本当のことを言うわけ。

こういうのはマスメディアからは伝わらないから要注意。

ひ★はやしひ★はやし 2011/02/09 14:47 本文とここまでのやりとりを読んで、とりあえず「男女共同参画事業」なるものが全くの無駄であることは良く分かった。

ぽんぽん 2011/02/15 07:00 勉強になりましたm( __ __ )m

はぁはぁ 2012/03/18 10:38 支離滅裂で、冗長で、読むのが面倒臭すぎ。難しい問題ついて書いた文章なら文章自体も難解にならざるえをえんだろうけれど、そうじゃないしねぇ…中学生の作文みたい。悪文の見本だわ。

marsmars 2012/05/14 07:45 ワンフレーズポリティックスに比べて非常に判りやすかったです。
どうりで防衛費(中身が非常に明瞭)なものが削られて不明瞭なものが手付かずなのか、また年金の消えた先が不明なのかよくわかりました。
誰も使わない変な所の公園(これがびっくりするほど多いのなんのって!防災にすら役立たない)と同じく子供を持つ女性に使えない男女共同センターとかはいわゆる「特別予算の無駄な箱物」なわけですね。
防衛予算はMD関連以外はびっくりするほど安いんだけどこれって明瞭な予算で頑張った結果なんだけど誰も評価してくれない。

nuonnuon 2012/08/27 19:11 内訳はどうあれ男女共同参画局が「○○年度予算の概要」として発表してる時点でそれだけ使われてるって思われてもこれはしかたないでしょう
これが批判してる側の責任とは思わないです

ee 2013/03/01 16:44 今7兆ですよ
女性には4兆使ってます

uncle-tom007uncle-tom007 2013/08/29 06:42 既に決定された予算の中で、男女共同参画の事案に寄与していると考えられるものを抜き出してみると、約10兆円という額になった。
とでも説明すればいいだけの話ではないでしょうか。
当初の説明者の頭悪すぎ。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。