Hatena::ブログ(Diary)

機動戦士Vガンダム 全台詞集 このページをアンテナに追加 RSSフィード



0000 | 00 |
2009 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 05 |
2153 | 06 |


ご指摘・添削等はこちらからお願い致します

 

2009-10-17 第17話 帝国の女王

第17話 帝国の女王

| 第17話 帝国の女王を含むブックマーク


ズガン ここに集結した艦隊は、ザンスカール帝国第一に強力な艦隊。名付けてムッターマ・ズガン艦隊である


ザンスカール兵たち おおおー
ムッターマ艦隊
ムッターマ艦隊


ゴメス ギロチンで国民を脅して軍人にすれば、何でもできるよなぁ
ロメロ こんな宣伝放送をするというのはよほど自信があるんだなぁ


ナレーション ハイランド。それは、地球に電力を送っていた巨大な太陽電池で、現在は使われていない。ウッソ達は、このハイランドに暮らす家族達と合流していた


ズガン 我がザンスカール帝国のマリアの心を広めるために、戦力を使うしかないのは残念ではある


ウッソ ザンスカールの軍人て、自信あるんですね
マーベット でも、ギロチンに反対している人は、もっともっといるのよ
ウッソ そうですよね


ズガン …我々は艦隊を押し出さなければならないのである


サブタイトルコール 帝国の女王


ナレーション 現在リーンホースは、ハイランドのある静止衛星軌道に向かっている。その遙か上空の月の前後に、スペースコロニーの集まる2つの場所があった。サイド1とサイド2である。ザンスカール帝国は、そこの最も月に遠いコロニーを、その本国にしている


ズガン 我がザンスカール帝国のマリア主義という理想を理解できず、我が帝国の成功を妬む者達が、艦隊を組んで、攻め入ってくるというのであれば、我々も立たなければならないのである。そして女王マリアの母なる御心を、人々に投げ与える機会を、全世界に広げて頂けなければならないからである


カガチ ムッターマ・ズガン将軍の後で、女王陛下にも、親しくお言葉をいただければ、将兵の士気も高まりましょう
マリア その前に、わたくしに報告があるというのは、そのドゥカー・イク少佐からでありますか?
イク はっ。地球でのパトロールが失敗続きでありながらも、このように謁見できますことは光栄であります
マリア モトラッド艦の発案者であれば、当然であります
イク 畏れ多いお言葉です。このモトラッド戦艦重巡洋艦は、カガチ閣下がお考えになったものに、いくつかの技術的アイディアを提供させて頂いたのです
この特異な形は、これだけで敵を恐怖に陥れて、戦わずして敵を降伏させることができます
マリア 戦わずしてとは結構なことであります。わたくしはギロチンと、今日までの戦いは、好きではありません
イク その上、弟君のクロノクル様の奮戦ぶりをお知りになれば、この船の必要性はご理解頂けましょう
マリア それを聞きたい
イク はい。イエロージャケット部隊が、ヨーロッパの中央にあたるラゲーンに進出いたしまして、ラゲーンからウーイッグに至る場所で、クロノクル・アシャー大尉は、地球上で使用するモビルスーツ、シャッコーのテスト飛行中に、リガ・ミリティアという抵抗分子のマシンと出会って、これを捕らえようとなさった時から、事態は急変いたしました


ウッソ おぉーっとぉぉぉっ
クロノクル ガリー、追い込むんだ
ウッソ わぁあああっ
マーベット うっ…うう
クロノクル 実射テストをやらせてもらう
何だ?…ええぃ
ウッソ うわあっ、だっ、ふあっ…、くっ…、ぐっ。ふっ、くっ、ぐっ。あっ…ぐっ、あぁ…。うぅっ、あぁ
クロノクル 何だあれは。何なんだ
ウッソ わぁあああ
クロノクル なにか貴様
ウッソ ふっ、あ。人が乗ってるっていうのに、ザンスカール軍が来るなんて
クロノクル 貴様こそ
ウッソ こんなところに
クロノクル このっ
ウッソ がはっ
クロノクル うわっ、ぐあぁっ
ウッソ 宇宙へ帰れよ
クロノクル 抵抗する貴様こそ
ウッソ うわっ…。お前達なんか。ぐっ、ああっ、あぁぁ…
クロノクル こいつ、落ちろ
ウッソ この、このこのこのこのこのこのっ
クロノクル 落ちろぉーっ
ウッソ うわあーーっ
クロノクル わああーーっ
ウッソ ぷはぁっ
クロノクル ぷはっ…はあ、はあ、…ああ…。うっ。当て付けという訳か…。リガ・ミリティアがパラグライダーが接近して来るとは思いもしなかった。奪い返さんと


イク この敗北は大尉の体が、重力に慣れていなかったことが原因だったのです。しかしこのことがありながらも、始めの予定通り作戦は続きまして、ウーイッグは我が手に落ちました


ナレーション ウーイッグは、地球に住むことを地球連邦政府から認められた人々の住む、特別の町である


ウーイッグの住民A 助けてくれー
ウーイッグの住民B うああああー
ウーイッグの住民C だああああー
カルルマンの母 ああっ、…あ
ウーイッグの住民D だあああーっ
ウーイッグの住民E うわああーっ


マリア ウーイッグの町を全て焼き払ったのは何故でありましょう
イク リガ・ミリティアの秘密の地下工場が、旧世紀時代の地下鉄の施設の中にあったための、已むを得ない処理でありました
しかし、住民には、町の外に逃げてもらった後の事ですので、人的な被害は出ていないと、自分は確信しております
マリア 確かですか?
イク はっ
マリア その直後に、弟のクロノクルは救助されたのですね
イク はい。このカサレリア辺りは、ウーイッグの北西という所ですが、大尉はこの付近の反乱分子を探し求めて、現地の人々とも接触しております


クロノクル 待て、止まるんだその女
フランダース ウウ〜〜…
シャクティ フランダース、やめなさい
クロノクル 少女、一つ聞きたい事がある
シャクティ は、はい
クロノクル この辺りに怪しい大人達を見かけなかったか?
サバト、早過ぎるぞ
サバト隊長、シャッコーが出たぞ
クロノクル機はブーツとドッキングをする
動きがよくなっている
あんな大型機など
サバト、どこだ。サバト隊長
シャッコーだ。サバト1機でやれるのか?
ウッソ …や、やった…。えぇっ?
クロノクル コックピットだけをやったのか。あのシャッコーのパイロットは…
私のテスト機だったものは返してもらう
次はコックピットを狙うぞ、パイロット
ウッソ ビームシールド、出てくれ
クロノクル ぁあっ、脱出ポッドか。えぇぃ…
ウッソ うわあああっ、あっ、だっ…


イク クロノクル大尉が、シャッコーの機体を回収して下さったために、機体の問題点がわかり、その後のモビルスーツの開発に大いに役に立っております
マリア クロノクルも、パイロットとして育っているのですね…



イク その後の、大尉の活発な働きによりまして、ウーイッグの東、コリンの郊外に、リガ・ミリティアの最大の地下工場を、発見したのであります


クロノクル ここにも大型トラック
工場跡からの反応はないのか。ああっ、あれは
どこから出て来たっ
弾切れ?
ウッソ うあぁあぁあ
クロノクル しぶといな…。なにっ?
ブーツを低空に待たせていたから、地上から狙われているだと?
こちらがドッキングしてる間に、あの小型機も
やった。残った1機を
ちぃっ、地上砲火に惑わされている間に
白いモビルスーツだと
センサーを潰してくれたっ


イク 大尉は、我が軍で初めて白いモビルスーツと対決なさり…
マリア そのモビルスーツは、民間の少年が操っていたと聞いておりますが、事実でしょうな?
カガチ 抵抗分子達は、子供を使うことをなんとも思っていない、異常者の集まりなのです
マリア それぞれのスペースコロニーが、自分達の独立を望んで勝手に戦争を始め、宇宙は、戦国時代になってしまいました。この混乱を纏め、収めたいというのが、わたくしの考えなのです
カガチ おっしゃる通りです。しかし、マリア主義の温かさを理解できぬ地球連邦軍は、とんでもないことをしでかしたのですぞ
マリア とんでもないことを?
イク はい、それは私がこの目で見たのであります。ここのベチエンという古い飛行場で、反乱分子のリガ・ミリティアと連邦軍が合流しました
この時、地球連邦軍の輸送機があの宇宙引越公社のマークをつけていたこと
マリア それは妙な。地球に残された人類の遺産を、宇宙に運び出すことを仕事にしている引越し公社は、もともと中立でありましょう。我が帝国に従うことを、拒否した筈です
カガチ それが裏切られたのであります
イク 私の大型戦闘バイク・ガリクソンは、モトラッド艦の原型というべきもので、基本データを収集していたのですが…


イク 新型のモビルスーツも集まっているというのか
白いやつも数を揃えている
輸送機が2機もいた?


イク 彼らの戦い方は、まさに軍隊そのものでありました。いや、それ以上かもしれません
カガチ リガ・ミリティアという名前
マリア 神聖なる軍事同盟、という意味でありましょう
カガチ 明らかに彼らは、マリア主義に反逆する者です。ですから、彼らはアーティ・ジブラルタルを中継基地にして、宇宙へ上がろうとしたのです


ナレーション アーティ・ジブラルタルは、宇宙引越し公社のヨーロッパ地区の発進基地で、宇宙へ移民した人々が地球に残した財産を、宇宙へ運び出している施設である


イク クロノクル大尉は、アーティ・ジブラルタルに絶対中立を求めるための交渉に当たっておりました。ファラ・グリフォン中佐とともにであります。しかし、あろうことか…


クロノクル モビルスーツだと?


イク この事実は説明するまでもないことで、引越公社が裏切りをしたということです。リガ・ミリティアはアーティ・ジブラルタルで、ファラ中佐、クロノクル大尉を煽り立てたのであります
ファラ・グリフォン中佐にいたしましても、これを排除しなければ、アーティ・ジブラルタルの中立性は守れないと考えて、必死に説得を試みました
カガチ ファラ達は施設を破壊しない戦いに苦労したようです
イク 更に。許せない違反は、公社が白いモビルスーツを、宇宙へ上げようとしたことです
マリア 公社のシャトルがでしょうか
イク 大尉は、それを確かめるために、シャトルに取り付いて、そのために宇宙に戻られてしまったのです


クロノクル 我が軍が宇宙で優勢だ。この力でマリア主義を広めて、地球の人々を包んでみせよう


カガチ 大尉の乗ったシャトルの一便の後で、白いモビルスーツは宇宙に上がりました
マリア わたくしは、白いモビルスーツの少年のことが、気になりますが
カガチ 私もです。少年達を異常者に任せてはならず…
イク 公社と連邦国際法を犯して我々に刃向うという事実。……見過ごすおつもりでしょうか


ザンスカール兵たち ワァァーーーー!
ザンスカール、マリア
ザンスカール、マリア
ザンスカール、マリア
ザンスカール、マリア
ザンスカール、マリア
ザンスカール、マリア
ザンスカール、マリア


マリア ザンスカールの将兵達。ことに、機械油に塗れている者、小さなコックピットの中で震える者こそ、わたくしの愛する者達であります。わたくしは、戦いの後、あなた方を温かく迎える事ができるよう、全力を尽くします。皆様は、世界をザンスカールの大いなる愛で包むことができるまで、その命を、わたくしに預けて頂きたい
ズガン 艦隊の出撃は号令された。全艦発進する


ウッソ ザンスカール帝国の女王も、愛のことを話したようだけど…。(あれが、僕達の敵なのか)


レオニード やれやれ、我々はすっかり怪物のようだな
ロメロ よく言うよなぁ
ゴメス ようし、こちらも全速加速だぁ


次回予告 ジン・ジャハナムさんに会えば、両親の事がわかる。ウッソはそう考えて出撃します。敵と味方が入り乱れる戦場は、ウッソには恐ろしく、私達は宇宙に放り出されてしまうのです。次回、機動戦士ヴィクトリーガンダム宇宙艦隊戦』観て下さい