AnotherB このページをアンテナに追加

松永さん、それは違う。 松永さん、それは違う。を含むブックマーク


私の認識では、BigBang氏は「民主党」を守ろうとしていたのだと思っている。だからこそ「教団」と「党」の関係ではなかった、ということを証明させようと必死だったのだろう、と。彼がこの問題を「問題」にしたのは、その動機が強かったのではないかと感じている。純粋に「松永の未来のため」だけでは、あそこまで「懇談会の参加者として」責任感を感じる必要はないのだ。

これは別に責めたりしているわけではない。「あの人なんであんなにこだわるんやろう」ということについて、私が個人的に分析した個人的な考えであって、BigBang氏の真意は彼にしかわかるまい。ただ「BigBang氏は民主党に帰属意識がある」と考えれば、単にその場に顔を出しただけの他の懇談会参加者たちが私の問題についてほとんど興味を示さなかったことも含めて説明がつくと思う。ただし、「説明がつく」=「事実である」とはいえないことには留意すべきだけど。(id:eshekさんのところの松永さんのコメント


松永さん、それは全く違う。確かに私は今までのエントリーを読んでいる人なら誰でも知っているように「アンチ自民」であるので、自民党よりは民主党に親近感を持っているのは確かだ。しかし、敢えて民主党を守らなければならない理由は何もないし、そういう精神性も持っていない。ましてや「帰属意識」なんてさらさらない。騒動の後、R30氏もあなたと同じようなことを言っていたが、これは大外しである。なぜそんな風に思うのかもわからない。もちろん全ては「松永の未来」のためであった(笑)と言い切るほどの、お人よしというか、偽善者でもない。

あのとき私は、泉さんに向けてこう書いた。もう一度読み返してもらいたい。


私たちは、公党を囲む陰謀論のコアとなる工作の可能性のある人物をあの場に招きいれてしまったのであろうか。もしもそうであればいくら民主党のチェックが甘かったとは言え、信頼して胸襟を開いてくれた民主党に対しても多大なる迷惑をかけ、そして他のすべての人に対しても重大な問題を発生させることに立ち会ってしまったことになる。同時にもしも松永氏がきっこであった場合、政局に与える影響は計り知れないほど重い。もちろんすべてが冤罪であった場合、あなたの、松永氏の、そしてあの場を利用して発言を行った私たち参加者の名誉も回復されなければならない。

その重みに比べて、あなたの処理の仕方はあまりに軽すぎると私は思う。あえて言う。それでもあなたはジャーナリストを志す人であると言えるだろうか。(BigBang 民主党ブロガー懇談会・アーレフ関与問題----GripBlogと松永氏に問う


あなたは前半部、「公党を囲む陰謀論のコアとなる工作の可能性のある人物」という表現にばかり引っかかったようなのだが、これは元々Flashの記事のトーンである。少しこの一節の後段にも目を向けて欲しい。

あの記事が出たとき、私は参加した全員の(もちろんあなたもだ)名誉が傷つけられたと私は思った。そして民主党もだ。この件に関して民主党に過失はほとんどなかったと思う。事実無根であれば全員の名誉は晴らされなければならない。そのための努力を速やかにするべきだと思った。

他の参加者は、R30氏はああいう感じ。小飼さんは過去は一切問わないとしてこの問題を切り捨てた。安曇さんもそれに近いと思う。Aaさんは、問題に触れること自体に傷ついて去った。徳力さんや他の2名がこの件についてどう考えているのかは知らない。


そして、これはあなたははたぶん知らないと思うけれど、例えば会を仕切った民主党の大塚代議士は名指しで取り上げられていたので、Flashが出た直後に選挙区へ帰ったら、インターネットなんて見るはずもない年老いた支持者が数人、会うなりFlashを彼の目の前に突きつけて、一体どういうことか説明してくれと血相を変えて迫ったそうだ。大塚氏は、だいぶたってから、苦笑しながら教えてくれた。「結構みんな読んでるんですね。あんな雑誌。いやあ参りました」とも言って笑っていた。だからといって彼はあなたを責めたりはしない。もちろん泉さんのことも、我々のこともだ。そんなことをいちいち気にしていたら政治家はやってられないとも言っていた。


だからどうというのではない。会に関しては、彼らにも一定の責任があるのだし、というか責任を問うこと自体に意味が無くても、起きたことの「結果責任」を引き受けなければならない。政治家というのはそういうものだと思う。そして、それ以上に民主党というのは何て「お人よしで脇の甘い」政党なんだろうと思った。そしたら案の上、その後永田メール事件だ。(苦笑)


少し話がそれたようだ。話を戻す。


とにかく私は、民主党をかばったわけでも、「あなたの未来」を気遣うなどという、あなたの大嫌いな「おせっかい」のみで、動いたわけではない。多くの人が注目している会合について、ああいう報道がされたら、その記事が正しいのか、間違っているのか、それを説明する努力をする責任が我々全員にあったと今でも思っている。

事実無根の記事であれば、一刻も早く泉さんがあなたに取材して、堂々と反論してくれればいいと思った。全員の名誉が傷つけられたと私は思った。(あなたに、ではない。あの記事にだ。これは言うまでもないけれど、あの記事はあなたの素性を暴いただけではなく、悪意ある意図を持った人物が政治に近づいたというトーンになっていた。きっこ=松永説も、今は本気で信じている人はいないだろう。例えば松永さんの経歴は本当だけれど、その内容は全くでたらめであると、泉さんとあなたが声をあげてくれればいいのにと思った。今になってみれば、記事には無用の悪意も込められていたけれど、完全な誤報とは言えない内容であったわけだから、特に野田氏に格別の思いは持っていないが。)


だが、そうした気持ちや行動を不要だと感じていた人がいることも、今では知っている。私は、多少なりとも縁を持った人が攻撃されれば、それをまるで自分に対する攻撃のように受け止める性質がある。友人が侮辱されたり名誉を傷つけられれば、それを自分への侮辱のように感じる性向がある。それは認める。だが、自分のその苛立たしさををいくら伝えようとしても、伝わらないものは伝わらない。それもわかっている。しかし、これが人格だからそう簡単に変えようがない。あなたが「見せかけの社会正義」を極端に(と見える)嫌悪するのと同様に、私はこうしたときの「人間の卑怯」を嫌う。それだけのことだ。人はみな別の人格なので、こだわりのない人には、いくら説明してもその生理的不快感は伝わらない。それでも何回も伝えないと伝わらないのも事実だけれど。


もちろん徒労感も持っているが、はっきり言えることは、関わった者全員が、それぞれに彼の事件では、それぞれなりに傷ついたということだ。

もちろんあなたは、群を抜いて多大なる傷を受けたし、もしかしたら、それが全てだと思っているかもしれないけれど、多くの人が傷を受けたということも、もう少し思ってくれればいいと思う。

懇談会の件は、全てがあなたの責任だとは今は思っていない。(責任がないとももちろん思っていない)不幸なことがいろいろと重なってしまった面もある。もちろん、それはわかった上で、どうすれば一番いいのか考えている。

LondonBridgeLondonBridge 2007/01/31 03:14 参加者の一人、ネクスト防衛庁副長官・政調会長松本剛明のプロフィールに「好きなTV番組 電波少年」と有るのを見つけたとき、かなり脱力した。

BigBangBigBang 2007/01/31 03:16 笑 松本さん、すっとぼけているからね。w そういえば例の細野さんも出席者だったんだが。

nonecononeco 2007/01/31 08:05 人はそれぞれ成長の過程にあります。それと、誰もがBigBangさんを理解したり理解できるわけでないことをよく知ってください。政治にブロッガーが関わるということ。そこには姿を見せないBigBangさんが書かれたような支持者の方たちがいて真剣に活動されていることを大切にしないといけない。また、ネットでは安易に政治を語って自己満足を満たす人たちが多い現状に慣れきってしまっているのも確かです。この二つを明確化して、別テーマとして提示してあれば共感されたと思います。つまり、BigBangさんが何をしたいのか、誰にもわからないのです。伝わっていないのです。それと、人の心情を傷つけるので信用されないのです。それだけでなく、BigBangさんの心情を傷つけようとするのがネットです。たぶん、ネットは名誉を捨てない限り活動できる場所ではありません。でなければ、常に名誉の問題で前には進めません。その代わり、ネットのもの言わぬ読者は、BigBangさんが今回書かれた民主党の支持者のように必死に読んでいます。なかには、命がけでね。なので問いたいと思います、BigBangさんの今まで書いたことは伝わっていたのでしょうか。熱い気持ちを私は感じていましたが、その中の一つがやっとわかりました。時間がかかりすぎです。現実的に言えば、たぶんBigBangさんには時間がないのです。もし、後輩思いであり、人の成長を大切にされる方だと、私の感じ方が間違っていないなら、木の成長は枝の伸びるままに伸ばすことが大切です。誤った方向に伸びて枝ぶりが歪んでも古木になったときはその歪みが芸術になるのです。で、木が成長するには時間がかかります。見守ることです。でなければ、BigBangさん自身が成長してみせるしかありません。

美也子美也子 2007/01/31 09:28 改めて昨年3月12日の記事を読み返してみましたが、当初からBigBangさんに対して、なぜ直接松永氏に確認しないのか? という批判があったのですねえ……。
>例えば松永さんの経歴は本当だけれど、その内容は全くでたらめであると、泉さんとあなたが声をあげてくれればいいのにと思った。
いずれにせよ事実無根でない以上、それで問題が軽減されたとは思えませんが、対応としては大事な手順だったでしょう。
でも、最終段はよくわかりません。不幸なことというのが、松永氏の入院や、氏の不在に便乗した霍乱者の登場を指しているのだとしたら、そもそもが事後ですし、今はクリアされていると思いますし……。

BigBangBigBang 2007/01/31 10:24 nonecoさんのおっしゃっていることは、わかる部分もありますが、特に後半はちょっとよくわかりません。私の言っている事が、伝わっている人もいるし、いない人もいる。それはだいぶ前からわかっています。
夏の宿題のあたりから秋にかけて、同じことを何回も書いているのですが、それでも不十分なのでしょう。問題なのは、当事者である松永さんと未だにしっかりとした疎通ができていないことにある。そこは、何とかもう一歩前に踏み出すべきであると考えて、今の局面になっている。
もっとも、これは個人であるBBと松永氏という次元に落とし込ませて処理する問題ではないのです。どうしても社会的要素がある。これを言うとまた松永さんは反発するかもしれないけれど、私たちが公党に接触した時点で社会的行動となっているのですから、そこで起きた問題を処理するのに、社会の視点を抜きにしては語れないと思います。
社会を偽装していい加減なことを言う人間は私も「反吐が出るほど」否定しますが、多くの政治家にも支持者がいるし、こうしてブログを書く人間にも職業や所属する組織がある。あるいは家族がある。あの事件には被害者がいる。その全体構造の中で物事を考え、他の人からどのように見えるかを平行して考えていくことは必要なことだと私は思っているということです。
「後輩」云々とか、私の成長とかは、ちょっとよくわかりません。少し過剰な精神論のようにも聞こえます。失礼ですが。
私は教師ではないし、年齢をベースにして、年下の方に何かを語ろうというような考えも、あまりありません。それぞれがそれぞれに「生きて」(成長というのも実はよくわからない)いけばいいと思うし、松永さんの「成長」も私の「成長」も、それこそ、それぞれが考えればいい話で、他人からとやかく言われることでもないと思います。常に人の批判を聞く姿勢が重要なのはもちろんですが。

BigBangBigBang 2007/01/31 10:30 美也子さん。要は最初から泉さんの立場を過剰に「尊重」せずに、直接私が疑問があれば松永さんに聞くべきであったと。それをネットにあげるならあげればよかったではないかという意見ですね。これは当初からあります。松永さんもそういう見解でしょうね。
まあ、それは私に言わせれば結果論であり、主催者である泉さんがジャーナリストを名乗っていたのですから、そしてもっとも多くの情報を持っていたのですから、彼女が動かなくて、何で先に私が動くのかという思いがありましたね。結果的には非常によくない状態になってしまったわけですが。

>不幸なことというのが、松永氏の入院や、氏の不在に便乗した霍乱者の登場

そうですね。そういったことも含まれると思います。現在のことではありません。(現在も一部続いているが)懇談会に関しては、ということです。特に松永さんが入院されたことは大きかったですね。これはもちろん松永さんのせいでも、誰のせいでもなかった「運の悪い」出来事でしたが。
ああ、もちろん私の「手法」に瑕疵がなかったという気はありません。これも何度もいっている通り。

やれやれやれやれ 2007/02/02 14:02 わかってないのはnoneco他頭の悪い奴と松永信者だけだろに。
馬鹿は馬鹿の自覚を持てってのw
馬鹿が主張する時代ってのは面倒だねえ・・・