AnotherB このページをアンテナに追加

松永さんに会ってきた 松永さんに会ってきたを含むブックマーク


懇談会以来約1年4ケ月ぶりに松永さんに会ってきた。あまり長くなってはいけないと思いながらも、結局4時間ほど話してしまった。

やつれた印象があったが、とりあえずは顔を見てほっとした。少し果物を持っていった。


あの日は、滝本弁護士が駆けつけてくれたそうだ。たまたま部屋に彼がいなかったのだが、部屋の中での自殺を恐れた滝本弁護士が、警察に通報したという。警察官が6名ほど来て、ドアをまさに壊して中に入ろうという騒ぎになったが、彼が戻ってきたのでそれには至らなかったらしい。その他にネットの友達が2名ほど来てくれたそうだが、滝本さんと、彼らと一緒に食事をした以降は、余り食べていないとか。食事を誘ったけれど、まだ食べられないというので、ずっと喫茶店で話した。


当分は、休養されるということだが、仕事も結構入っていて、休んでもいられないのだがとも言っていた。しかし生きていく力が湧いてこないとも。

話は尽きなかったが、疲れておられるので、またゆっくり話そうということになったが、今後は時間はかかるけれど、こちらとも意志の疎通を図りながら、諸々のことを書いていけるような状態に、あせらずに持っていこうという話をした。「物語」の執筆についても、完全に放棄したわけではないという印象を受けた。


「物語」で触れられていた時代から、河上イチローの時代、懇談会に至る様々な話、互いの間にある齟齬についての話も少しすることができたが、彼がもっと元気になったところで、そうしたことはまとめて、互いに書いていければいいと思っている。私としては、過去の自分のエントリーについても、彼との対話で修正すべきところは修正し、疑問として残るところはやはり疑問として残しておく、といった峻別を行うのがまず重要だと思っているが、これも彼に健康が戻ってからの話として、精神的な負担に留意しながら、進めたいと思っている。彼は、私の過去のエントリーは修正しなくていいのでは、と言っておられるのだが。


そういったところまでであるが、やっと会えて良かったと今日は思っている。

トの人トの人 2007/02/24 04:14 良かった〜。本当に良かった〜。
じゃ、此処ではまた沈みます。ブクブクブク。

ぼこ。ぼこ。 2007/02/24 08:12 無事だったのですね・・・。
ああ。ほんとうに、安心しました。

nonecononeco 2007/02/24 11:08 これで、私は、ネットの表舞台を卒業できます。ありがとう。それと、BigBangさんも、仕事がいろいろたくさんあって老人の気分がおありなのかはしりませんが、青年ですよ。うまく休暇がとれることをお祈りしています。もう、電波が飛んできても、立ち寄りません。あはは。ほんとなんだって、毎日チェックしなくても、電波が飛んできて、覗いてみると、いつもとんでもないことが起きていて、流れはわからないし、どなたも冷静になれば的確に判断されることだけを信じていました。サクラをのんびり眺めてくださいね。では。

野次馬@2野次馬@2 2007/02/24 12:07 GJ!

はっかはっか 2007/02/27 16:51 友達ヅラをして本当の問題のありかを松永氏に悟らせることを妨げ、
命をベット平気な人たちはいったい何なんですかね。

BigBangBigBang 2007/03/01 02:47 そうか。もうすぐ桜の季節ですねえ。

mikomorimikomori 2007/03/17 18:01 もうじき咲きますね、桜。本サイトでの桜のエントリー、毎年楽しみにさせていただいています。「北上する2本の緩やかな曲線」は、とても美しい言葉でした。今年も是非。

BigBangBigBang 2007/03/18 03:05 どうも。mikomoriさん。えーすごいですね。そんなに毎年(といっても今回で3回目になるのかな?)読んでもらっているのですか?今まで何を書いてきたかなあ。あまり本人は覚えていないのですが・・・「2本の穏やかな・・」も忘れていました。そんなこと書きましたかね。最近筆が荒れているからなあ。
ともあれそんなこととは無関係に、今3分咲きらしいです。東京。