BigLoveの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-06-06

福島復興論 対談 農業への風評被害 どう克服

毎日新聞 2013年06月06日 東京朝刊

福島准教授 小山良太さん と JA新ふくしま代表理事組合長 菅野孝志さん との対談

菅野福島市川俣町が管内で、震災前には約232億円の農業生産量がありました。(中略)震災の年には170億円になり、まだ戻っていません。

農協では震災原発事故が起きてどういう対応を?

菅野:(前略)(2011年4月5日生産者集会を開きました。ふだんなら2000人程度なのに、3200人も集まりました。私たちは「作ろう」という方向付けではぶれませんでした。安全を確認した上で、責任をもって売る。(後略)

この判断が、大間違いだ。

安全なぞ確保しようがなかったあの状況下で、なぜ、確認でき、責任をもてると思い込んだ?


ところが、対談を読んでも、この過ちへの悔悟がまったくみられない。


こんなひとたちがつくる農産物など、危なくて買えない。

たとえセシウム含量が低くても。


風評被害ではない。

食品生産者としての実力が無いことが、2011年に明瞭になった。

食品安全を確保するに足る、判断力が無い。いまなおそこに気づいていないことも、この対談で明確になった。


まっとうな認識力を持つ農家なら、「このまま作っても、自分の孫には食べさせられない」と感じるような状況だった。

まっとうな倫理観を持つ農家なら、「孫に食べさせられないものを、客に出せない」と判断する。

認識力が欠けていたか、倫理観がゆるいか同調圧力か。そこに真因が在る。


真因が解消されたと確認されない限り、私はJA新ふくしま産の農産物を買えない。

私たちは「作ろう」という方向付けではぶれませんでした。

誇らしく言えるようなことではない。

恥じよ。

あなたたちのやりがいを、お客さんの安全よりも優先してしまったのだ。

特集ワイド:憲法よ 医師・中村哲さん

毎日新聞 2013年06月06日 東京夕刊 http://mainichi.jp/feature/news/20130606dde012040026000c.html

 <この国はどこへ行こうとしているのか>

 ◇守るより実行すべきだ−−医師中村哲さん(66)

 ◇9条はリアルで大きな力 日本人から命拾い、何度もあった

 薄暗い会場のスクリーンに1枚の写真が映し出された。干ばつで広がる砂漠には草木本生えていない。「この地に私たち用水路建設した1年後の写真がこれです」。次の写真が映し出された瞬間、会場にいる約1200人から自然拍手が湧き起こった。

 まぶしいほどの緑、緑、緑。壇上で、ペシャワール会現地代表の中村哲さんが静かに言い添える。「この地に15万人の難民が戻ってきました」。拍手が鳴りやまない。生命力あふれる大地の写真は、どんな言葉より雄弁だ。

憲法は我々の理想です。理想は守るものじゃない。実行すべきものです。この国は憲法を常にないがしろにしてきた。インド洋イラクへの自衛隊派遣……。国益のためなら武力行使もやむなし、それが正常な国家だなどと政治家は言う。これまで本気で守ろうとしなかった憲法を変えようだなんて。私はこの国に言いたい。憲法を実行せよ、と」

 「実行」という言葉を耳にした瞬間、あざやかな緑の大地の写真が脳裏によみがえった。理想は実行された時、あんなにも力強く人の胸に迫るのだ。

欧米人が何人殺された、なんてニュースを聞くたびに思う。なぜその銃口が我々に向けられないのか。どんな山奥のアフガニスタン人でも、広島長崎原爆投下を知っている。その後の復興も。一方で、英国ソ連を撃退した経験から『羽振りの良い国は必ず戦争する』と身に染みている。だから日本は一度の戦争もせずに戦後復興を成し遂げた』と思ってくれている。他国に攻め入らない国の国民であることがどれほど心強いかアフガニスタンにいると『軍事力があれば我が身を守れる』というのが迷信だと分かる。敵を作らず、平和信頼関係を築くことが一番の安全保障だと肌身に感じる。単に日本人から命拾いしたことが何度もあった。憲法9条は日本に暮らす人々が思っている以上に、リアルで大きな力で、僕たちを守ってくれているんです」

(中略)

 救おうとしてもなお、干ばつ、病気戦闘で人の命が失われていく国にいるからこそ、日本にいる人より、憲法リアルに感じられるのかもしれない。

 あなたにとって9条は、と尋ねたら、中村さんは考え込んだ後、「天皇陛下と同様、これがなくては日本だと言えない。近代歴史を背負う金字塔。しかし同時に『お位牌(いはい)』でもある。私も親類縁者が随分と戦争で死にましたから、一時帰国し、墓参りに行くたびに思うんです。平和憲法戦闘員200万人、非戦闘員100万人、戦争で亡くなった約300万人の人々の位牌だ、と」。

 窓の外は薄暗い。最後に尋ねた。もしも9条が「改正」されたらどうしますか? 「ちっぽけな国益をカサに軍服を着た自衛隊アフガニスタン農村に現れたら、住民の敵意を買います。日本に逃げ帰るのか、あるいは国籍を捨てて、村の人と一緒に仕事を続けるか」。長いため息を一つ。それから静かに淡々と言い添えた。

 「本当に憲法9条が変えられてしまったら……。僕はもう、日本国籍なんかいらないです」。悲しげだけど、揺るがない一言だった。【小国綾子】