BigLoveの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-12-08

毎日新聞えらぼーと をやってみました

<script type="text/javascript" src="http://mainichi.jp/votematch/46shu/blogparts.php?result=2323233322242422422223223213112242221213"></script>

http://mainichi.jp/votematch/46shu/result.php?result=2323233322242422422223223213112242221213

問7 原発ゼロ が、政府方針支持・不支持の選択肢しかなく、わかりづらい。両方で答えてみて、その結果から、どうやら私の意図に近そうな「不支持」のほうを選んだ。2030年よりも早く 2030年までに 2030年以降 の3択にすべきだと想う。

2011-06-28

殺処分ゼロ・・・大切にすべきものは、なにか。

嫌な思いをさせないことが、顧客満足ではない。

「殺処分ゼロを目指す」2002年熊本市動物愛護センタ?の職員たちは実現不可能とも思えるそんな目標を掲げた。合言葉は「嫌われる行政になろう」

木田憲司所長は当時をこう振り返る。

「本来、市の窓口は市民に嫌な思いをさせてはいけないのですが、犬を捨てに来た人には、嫌な思いをしてもらおうと決めました。窓口では時には声を荒げてでも説得し、翻意してもらおうと考えたのです」


動物愛護法で、「飼い主は最後まで飼う義務がある」という趣旨文言もある。・・・の理念こそ重視すべきだと判断したのだ。

(中略)

場合によっては、飼い主を殺処分に立ち会わせる。

飼い主に犬を抱えさせたまま、獣医師麻酔薬などを静脈注射する。犬は飼い主の腕のなかで痙攣しながら亡くなっていく。そんな経験をした飼い主は「二度と飼わない」などと言い残し、帰っていくという。>NPO法人 横浜アニマルファミリー 殺処分ゼロ 熊本の挑戦 AERA記事

2011-06-27

今日気になったキーワード

http://www.google.co.jp/search?sourceid=chrome&ie=UTF-8&q=%E6%9D%B1%E5%B1%B1%E9%81%93

武蔵国は、当初東山道

上野国府から武蔵国へ向かう東山道武蔵路が設けられた。元々、東海道相模国から海路で上総国・安房渡り、そこから北上して下総国方面に向かう経路が取られていたが、その後、海路に代わり相模国から武蔵国を経由して下総国に抜ける経路が開かれた事により、771年宝亀2年)旧10月27日武蔵国東海道に区分された。

東山道 - Wikipedia

から1300年ほど昔に、武蔵国中央部を南北に通じる直線的な道が存在していました。

番外編・東山道武蔵路

http://www.google.co.jp/search?aq=f&sourceid=chrome&ie=UTF-8&q=%E5%BC%BE%E4%B8%B8%E9%81%93%E8%B7%AF

この建設(中央自動車道のこと)までの歴史をひもとけば、終戦直後静岡県沼津市の一会社社長であった田中清一が、日本列島縦断し国土を復興させようという夢の弾丸道路を発表したことによるといわれている。閉鎖的な伊那谷を救うにはこの田中プランしかないと、以来伊那谷のすべての勢力がこの中央自動車道の実現に集中してきたのであった。

(中略)

4案のルート飯田市山本竹佐から天竜峡へ通じるラインは、現在建設されている三遠南信道の山本ジャンクション天竜峡インタールートとまったく同じ

夢の弾丸道路 - Cosmos Factory

http://www.google.co.jp/search?sourceid=chrome&ie=UTF-8&q=%E5%9B%BD%E9%89%84%E4%B8%AD%E6%B4%A5%E5%B7%9D%E7%B7%9A

未成線中津川から飯田まで電化単線を予定。

工事は、伊那山本駅 - 二ッ山トンネル付近の路盤・トンネルが完工し、全長10kmに及ぶ神坂(みさか)トンネルの調査坑がわずかに掘られたのみで、そのほかは手つかずのまま終わっている。

中津川線 - Wikipedia

2011-05-20

態度・意見・正義

日本人はディズニーランドにいる自覚を持たず&持たせられずだった。門に米兵が立ち駐車場に戦車が置かれていても、(沖縄以外は)柵の外を見つめようとしなかった。ディズニーランドの内側で使われる日本語には「正義」など要らなかった。それが三島由紀夫が呪詛した「戦後」の日常性である。

Twitter / @猪瀬直樹: 日本人はディズニーランドにいる自覚を持たず&持たせら ...

意見なく態度あり、の拍手こそ日本人向けの安心Yes道具(?)なんでしょうね。愛想笑いと並んで。

Life is beautiful: 『恋はブックマーク』?ブックマーク・コメントはシャイな日本人向け?

昨日の日中、この2つの文章に接したとき、

「態度で判断して、語られる意見や正義の妥当性を観ない、それが日本の大問題だよなぁ」みたいなことを想った。

ところが帰宅後、爆問学問のホスピス、仕事ハッケン伝の餃子の王将での修行、ETV特集の牧場主さんたち、を観て。”態度”のちからを思い知った。


行き着く処は、知行合一なんだろうかなぁ。

2011-02-25

欲せざること と されたくないこと は違う気がする

Twitter眺めててひらめいたことを、Blogの記事にしてみるテスト。

果たして、うまくいくかどうか・・・


一昨日、帰宅したとき、ふと目に留まったのが、このつぶやき。

これがね、私の場合それでも上手くいかないんだなあ…。RT @daichittaX: 間違わない可能性が高いのは「されたくないことはしない」だな。 RT @fumiou 「人にしてもらいたいことを人にしてあげる」ってただのエゴだよ。だって人によって好みが違うやんか\(-o-)/

Twitter / @レロ: これがね、私の場合それでも上手くいかないんだなあ…。 ...

うんうん、そうそう。そうなんだよなぁ・・・。

僕にとっては、全然されたくないことじゃない・・・むしろ大いにしてほしいことが、

ひとによっては、されたくないことだったりする。ときには、トラウマを刺激されたり、恐怖感を呼び起こされたり。

ただのエゴだよ

ってのも、そのとおりだよなぁ。


で、元つぶやきをたどるうち、

自分は後者ですかね。嫌なことの方が共通する所が多いのが人間かな?と。RT @bn2islander: @YujiKiyota @fumiou 「汝の欲するものを与えよ」というのがキリストで、「己の欲せざる所は人に施すことなかれ」と言った孔子。この二つの対比はよく言及されてますね

Twitter / @蒼山 桜子: 自分は後者ですかね。嫌なことの方が共通する所が多いの ...

これ読んで、はっとひらめいた。

@rero70 @daichittaX @fumiou 「己の欲せざることをひとに施すべからず」と、「されたくないことはしない」とは、かなり違うんじゃないかなぁ・・・と私は想ってます。

Twitter / @田村淳彦: @rero70 @daichittaX @fumio ...

孔子の言葉、引用し間違えてますね>俺(^^;

それはさておき、

欲せざる所 と されたくないこと

欲するもの と してもらいたいこと

って、思い浮かぶものが、かなり違う。

ここにポイントが、あるんじゃなかろうか・・・とひらめいた。


少なくとも僕の場合

されたくない、してもらいたい・・・というと、具体的な行動が思い浮かんじゃう。ろくに口もきいてくれないとか、にこやかに笑いかけられるとか、真摯にアドバイスしてくれるとか、頭を撫でてもらうとか(^^)

欲するもの、欲せざる所・・・というと、平和・財産・権力・侮蔑・愛・平等・差別 なんて言葉が浮かんでくる。


敬意を欲するなら、敬意を与える。

権力を欲するなら、権力を与える。

侮蔑を欲せざるなら、侮蔑を施さない。

笑いを欲するなら、笑いを与える。

・・・ならば、具体的になにをしたら笑いを与えられるか。自分のして欲しいようにしただけじゃ上手く行くとは限らないよね。相手のツボを刺激しないと。


僕は、こころのなかの動きを、あれこれ観察し、探求し、語り合うのが好きだ。・・・これは、する・しない、のレベル。

・・・それは、なにを欲し・欲さないからだろう・と掘り下げてみる。

探求を欲するなら、探求を与える。

自由を欲するなら、自由を与える。

抑圧を欲せざるなら、抑圧を施さない。

・・・このレベルに意図を置いて、瞬間瞬間、行動を選択すれば、欲しい物を手にしたり、または、すでに持っていることに気づいたり、または、実は欲してなかったことに気づいたり、するんじゃないかな。経験上。


それでもなお、エゴだとは想うんです。

ただ、もしかしたら、

エゴから発して、それがより大きなものにつながっていくプロセスにはなるかも。

視野が狭いと、結局うまく行かないから

広く、深く、なっていかざるを得ない。


全然大人にならない私ですが、

こういうことを瞬時にひらめけるようになった・ってことは、

少しは広く、深く、なってるのかもしれませんね。うしし。




なお、孔子やキリストが、どういうつもりでおっしゃったのか、僕は知りません。

さらっとぐぐってみた限りでは、どちらの言葉も”してほしい・してほしくない”のレベルで説かれてることが多いみたい。

キリストのことばは、英語でも”do”で記述されてることが多いようで、もともとヘブライ語でなんとおっしゃったのかは、未だ見つけていません。


ただ、僕には自分のこころや経験と照らし合わせてみて、こんなふうにみえてる・ということでございます。それは事実。