Hatena::ブログ(Diary)

Bijim DIARY

2013-10-29

[]『ムード・インディゴ 〜うたかたの日々〜』

f:id:Bijim:20131030002842j:image

あの名作がミシェルゴンドリーによる映画化!主演はオドレイ、とこの時点で

そんなに映画を観ない私でも映画館で見たい!と思って観に行きました。

原作は途中で読むのを挫折しましたが…代わりに話の内容は岡崎京子の漫画で把握。という感じだったわけです。

なにしろ話の中に出て来るカクテルピアノを映像で観れたり、あらゆる非現実的な表現を目で楽しめて嬉しかったです。

後半は残酷な展開。後半、観るの辛かった…。

ファッションも可愛い。途中オドレイが履いている靴が何かの動物モチーフだったり、小さいギターがびっしりプリントされたワンピースを着ていたりと、レトロで鮮やかなファッションチェックも楽しめました。

普段自分では着れないなと咎めてしまう子供っぽいモチーフものやキッチュなものも、

女優さんが華やかに映画の中で着ていると可愛いし、爽快。

映画の中で結婚式の後皆に祝福されながら乗り込むプジョーの車は「LimoVianは、ナノ構造PMMA板のAltuglas® ShieldUpを提供してつくられたそうです。

このLimoVianを組立てるために、プジョーのデザインチームは6ヶ月以上の時間を費やし、プジョー404のパーツとアクセサリーを組み合わせて車の内装を実現させたそうです。何しろいろんな人が映画に関わり、こうやって素敵なものを作り上げるって本当に素敵だな…。

丁度渋谷パルコではこの映画のコンセプトショップがオープンしており、そこで前田ひさえさんの絵によるバッチを購入しました。

f:id:Bijim:20131030002843j:image

二人のふわふわした足取りがなんとも可愛くて迷ったあげくにこちらにしました。パターンが数種類あったので悩みました…!


さて、映画を見ている最中どうしても現実と重ねてしまうシーンがあり辛くて泣いてしまったのは後半…。


このところ、私の母が食欲がなく元気も無さそうな様子で夏バテか、もしくは風邪をひくように鬱にでもなってしまったのかしら…と心配していた矢先に、10キロも痩せてしまい病院へ診てもらった所、すいぞうにガンが見つかりました。

食欲不振や疲労感といった症状だけでは早期には見つかりづらい病気だそうです。

奇跡を信じたいのですが、病院の先生は希望が持てるようなことは残念ながら話してくれません。

最近、ブログの更新が怠っていたのも、毎日が心身共に慌ただしくなってしまっていたからです。それでもたまにこのブログを覗きに来てくれている方がいて、嬉しい限り…。

そういうわけで、映画の中のクロエとコリンが両親に重なってしまって相当辛い、鑑賞の仕方になってしまいました。

病気はこうやって突然やってきて、身近な家族を苦しめる…。

母であり親友でもある母が、痩せてしまった小さな体で病気と闘っている姿を見るのが辛い…。

出来る限りの事は全て、彼女に尽くそうと思います。

映画の最後は、噓でもいいからクロエが元気になって欲しかったです。

2013-04-22

[]まほろ駅前番外地にどっぷり。

f:id:Bijim:20130505100622p:image

2013年1月〜放送していたドラマ「まほろ駅前番外地」にハマっていました。4話から見出して、すっかり虜に。


三浦しをん直木賞受賞作を映画化した「まほろ駅前多田便利軒」(2011)の続編、架空の地方都市まほろ市を舞台に、便利屋を営む多田啓介と同級生・行天晴彦のバツイチ30代の2人が、奇妙な共同生活を通して再生していく姿を描く。

瑛太松田龍平コンビが演じる「多田」と「行天」の空気感がかっこいい!演出は大根さん。ポップで気が利いたストーリーが毎回面白くて、TVドラマで久々にぐっときてしまいました。

D

このオープニングも凝っていてイイ!淡々としている様でよく見ると逆再生になっていたり不思議な雰囲気を醸し出していて好きです。

この動画は著作権の関係とかで再生しても音は聞こえません。

下のフラワーカンパニーズの曲がオープニング。

D

なんとドラマのオープニングと同じローケーションで同じ演出なのが面白い!

D

オープニングの演出元ネタは「あらかじめ決められた恋人たち」の「Back」説も。確かに!

D

ドラマの音楽は坂本慎太郎。もうキャストから関わる人から、実は全て私のツボ。それはハマらない訳が無いですよね。。。

ゆらゆら帝国」が昔から好きでした。エンディングはこの「まともがわからない」という曲。曲名もはっとさせられるし、優しい曲調が好き。サントラもちろん購入。

って、好きな気持ちをひたすら綴るのって紹介しながらも途中から恥ずかしくなってくるわけですが…。

見れていない1〜3話を見る素晴らしい機会がユーロスペースで!

f:id:Bijim:20130505102735p:image

しかも、毎回ドラマに携わった俳優さん、監督のゲストトークショー付きというレアなイベントに。1〜3話を埋めるつもりで観に行ったら、映画館で見るのが癖になってそのまま全話立て続けにユーロスペースに通いましたよ私…!

f:id:Bijim:20130505103611p:image

瑛太を始め、臼田あさ美ちゃん、加藤賢崇さん、刈谷友衣子ちゃんをこの機会に見れたし、

まほろ」映画版の監督大森 立嗣さん、大根監督の2人のトークというレアなものも見れたし面白かった。

f:id:Bijim:20130505103609p:image

f:id:Bijim:20130505103614p:image

ドラマで使っていた衣装、このトラックや看板が見れたのも嬉しかった!しばらくこの熱は収まりそうにありません…。

2011-10-20

[][]モテキ

f:id:Bijim:20111020212903j:image

モテキ見てきました。上はタワレコの宣伝のもの。それにしても出演者が豪華豪華♪目の保養となりました!

f:id:Bijim:20111020212848p:image

さてお話に少し触れると…

幸世はツイッターで趣味が合って仲良くなった男と初めて会って飲むつもりが…

美女のみゆき登場。待ち合わせ場所は下北沢のヴィレッジバンガード前。というのもなんだか良いです。

そしてこのみゆきが着ているタンクトップのフレンチブルドッグ柄は…「sea NY」じゃないの!

f:id:Bijim:20111016141655j:image

sea NYの、私が持っているジャケットの内側がこれなのです。ジャケットはショート燕尾風で、ボレロっぽくも着れて便利で重宝しています。

f:id:Bijim:20111016141526j:image

私が買った時にはジャケットしか見なかったのですが、タンクトップやワンピースもあったなんて。それもあったら絶対気になっていたと思います。

「みゆき」はサブカル趣味で「sea NY」も着るなんてセンス良し!最高!と思った瞬間でした。(お話だけども…)

みゆきみたいな女の子に出会ってしまったサブカル諸君はもうたまらないと思います。その気持ちが、男心がよくわかる(笑)

あ、実は私の夫、「モテキ」内のフェスのシーンでちらっとサックスを演奏している姿が一瞬映ります、幻のように一瞬でしたけれどね…。

f:id:Bijim:20111020211536j:image

で、一気にみゆきに恋してしまい、perfumeも出てきてこの抑えられない気持ちをダンスで表現!

f:id:Bijim:20111020211535j:image

500日のサマー状態ですね。森山くんのダンスがきれっきれで、かっこいい!


さて森山君が着ていたゴアテックスは「White Mountaineering」のでしたね〜。

スタイリングは 伊賀 大介さん、麻生久美子さんの旦那さんだし、その繋がりも面白い…。

金子ノブユキさんの着ているボーリングシャツは「ワコマリア」のものだそうです。それぞれ、らしい感じがよく出てる!

麻生久美子さん役のるみこは、B'z聴いて一人カラオケしちゃうのにDEAN&DELUCAのトート持っている感じがちょっと寂しさの演出のようにも見えてしまいます…。(考えすぎ?)

D

N'夙川BOYSがたまらなく良かったです!

D

ACOのこの曲、懐かしいし時が経った今聴いても素敵な曲ですね。

D

そしてくるり、この曲は本当に名曲。

f:id:Bijim:20111020224319g:image

名言も色々ありましたが、真木ようこさんの台詞

「黙って働けバカ!」

「自由とか自分らしさとか言えるレベ ルにお前は達してないんだから」

う〜ん、これ結構みんなドキっとしたんじゃないでしょうかね?

うん、働きます!笑


「モテキ」、エンターテイメント性がとっても高い映画でした!

モテキ2、が出来ることを期待しちゃいます♪

2011-07-23

[][]モテキ

f:id:Bijim:20110726231732j:image

久保ミツロウさんの作品「モテキ」の音楽イベント「モテキナイト」を観に恵比寿のリキッドルームへ。

観に行くきっかけは、夫がライブに出演するということでしたが、

俳優の森山未來氏がDJしたり、シークレットゲストもあるとか面白そうなイベント!とわくわく。

出演するバンドも豪華で凄かったです!

女王蜂、サ上とロ吉、在日ファンク、ACO、イースタンユース。

DJダイノジ、大根仁、やついちろう、藤本幸世になりきった森山未來。

シークレットDJ で仲里依紗。さらに、呼ばれて出てきたのが長澤まさみと麻生久美子。新井浩文氏も…。


最近芸能人の方を見ても、わぁ綺麗!かっこいい!と思っても

態度は普通を装ってしまいます。。。

本当はきゃーきゃーしたいけれど、本人を困らせてしまうのかな…とか冷静に思ってしまう自分が。。。

美しい方々を間近で拝見出来て、嬉しい夜でした〜(内心ミーハーw)

というわけで、お腹いっぱいです。。

が、お腹は空いており帰りに夫とお寿司屋へ行きました。笑

2011-05-27

[]「BLACK SWAN」

f:id:Bijim:20110529202148j:image

話題作、「BLACK SWAN」を見て来ました。白鳥の湖の白鳥を演じることへの外からのプレッシャー、どのプレッシャーよりも自分からのプレッシャーと臆病な性格が災いして、悩みを抱え込むという鬼気迫る緊迫したムードが常にある映画でした。

一緒にこの映画を観に行ったうちの夫は、人前で演奏するのが仕事なので、プレッシャーによる恐怖感など、とても共感出来る部分も多かったそう。人は鬼気迫るとやはり繊細な人ほどこうなってしまう、というのをうまく表現した映画では無いでしょうか。

「君は一通り技術は素晴らしくこなしているが、個性や面白みが薄い」といったようなことをトマに言われるシーンがありますが、特に表現する仕事の人はぶちあたる壁なのでしょうね。

とっても面白い作品だと思いました。個人的に最後はもう少し違う結末を望みましたが…。それもまた良しということで。。。

f:id:Bijim:20110529193020j:image

さて、かなり衣装が注目されています。

f:id:Bijim:20110529193551j:image

上のレオタード、コートはAmy Westcottという、映画の衣装手掛ける上で有名な方が衣装を担当したそうです。可愛いなぁと思って見ていましたが、この映画の為に作られたんだそうです。

こんなコート欲しい!もちろんナタリーという素敵な女優さんが着ている効果も高いですが。淡いピンクのアウターちょっと憧れます。

f:id:Bijim:20110529195545j:image

f:id:Bijim:20110529200244j:image

上のピンクのレオタードは「Tamara」、フレンチスリーブになって白×グレーのは「Wendy」というモデルでどちらもダンス用品専門のYumikoのものだそうです。日本人の方が手掛けたブランドが使われているって嬉しくなりました。

f:id:Bijim:20110529201514p:image

そしてこちらはニナのお披露目会の時に着ていたドレス、こちらはRODARTE。これとっても素敵でした。後ろの背中の部分も凄く凝っていて。いつか衣装の展示会やってくれないかなぁ…と切実。

あちら米国では衣装の展示がサンフランシスコの美術館で開催されたそうです。

f:id:Bijim:20110529201619p:image

f:id:Bijim:20110529201617j:imagef:id:Bijim:20110529201618j:image

そしてニナがいつも見に着けていて気になっていたピアスとアクセサリー。「ME&RO」っぽいテイスト…と思いながら観ていましたが、エンドロールで衣装協力のところで「ME&RO」と書いてありました。やっぱり!と、ちょっと一人でニマっとしてしまいました。。。可愛いです、ピアスは蓮のようなハートのようなモチーフ、ペンダントはお花のデザインがシンプルで素敵、10Kだそう。

f:id:Bijim:20110529193018j:image

そしてバレエの衣装、本当に素敵でした!RODARTEのサイトで衣装が見れます。

f:id:Bijim:20110529194712j:image

部屋着もとっても可愛かったです。ピンクのネグリジェで肩紐のところがリボンのような作りでした。


あとは気になる出演者。

トマ役のヴァンサン・カッセルはモニカベルリッチの旦那様。リリー役のミラ・クニスはあのマコーレカルキンと長く交際していたとか…。

ナタリーが自ら、リリー役に良いと思う、と監督に相談してキャスティングが決まったそう。

でもリリーの背中に黒鳥の刺青入っていましたが、バレリーナにあんな派手な刺青許されるんだろうか…とか、色々気になりました。でもこんなに見所のある映画も珍しく、面白かったです。

2011-03-23

[]映画のタイトルばかりを集めたvideo

http://vimeo.com/20759580

A Brief History of Title Design from Ian Albinson on Vimeo.

音楽もいいし、ただただオープニングを眺めるのも面白いですね!懐かしい感じの映画のタイトルの書体がやたらと面白かったり凝っていたりと、気になって見てしまいます。

2011-01-18

[]「ソーシャルネットワーク」感想

f:id:Bijim:20110124001612j:image

「ソーシャルネットワーク」早速見てきました。「FACEBOOK」を立ち上げたマークは現在26歳の若き億万長者10人の中のトップらしいです。天才のお話というわけです!

物凄いスピード感があって面白い映画でした!今話題の「FACEBOOK」の出来るまでを見れるのも面白いですが、創立者の2人の気持ちのすれ違いがせつなくて、きゅんとしました。

ナップスターの創立者が絡んできて、という事実も初めて知ったのですが興味深いですね〜。

プログラマーとしては才能溢れるマークは、彼女とうまく行かなかったり人付き合いが少し苦手なところとか、そのちょっとだけそういうところが不器用なところがあまりに人間らしくて良かったです。でももうちょっと、柔軟性があると生き易いんじゃない?なんて勝手ながらにアドバイスしてあげたくなりました。映画の内容はミニシアターっぽい雰囲気すらあるのに、(私の勝手な目線です)4冠とは素晴らしい!

余談ですが、ジェシー・アイゼンバーグ演じるマーク・ザッカ―バーグの友人でfacebookの共同創設者、エドゥアルド・サヴェリンを演じたアンドリュー・ガーフィールドは次回のスパイダーマン役だそうです。

f:id:Bijim:20110124001611j:image

キャメロン&タイラー・ウィンクルボス兄弟の双子は一人が演じていたという事実を知って最近のCGって本当に自然でびっくり。またもう一度見て見たいなぁと思ってしまいました。


左の方ですがアーミー・ハマー氏はゴシップガールにも出演したとか。シーズン2のセリーナの恋人ガブリエル役ですって。まだ見れていないのでチェックせねば。