Hatena::ブログ(Diary)

Bijim DIARY

2013-06-28

[]大友良英さんのサントラについて

大友さんはアヴァンギャルドな音楽に携わっている傍ら、90年代に中国映画の音楽を手掛けていたことを知り、大友さんの過去の映画音楽を探して聞いたりしていました。

普段ノイジーな音色を奏でる大友さんが作り出す映画音楽が大変美しい…と発見、なんて面白い!と注目していました。

D

「蓝风筝 The Blue Kite」(1993年 )私が音源を手に入れて聞き出したのは2001年頃のだいぶ後なのですが、サントラが美しくて素晴らしい。

「女人、四十」(1995年 香港映画)は動画が探せませんでしたがこれも気に入って聞いていました。

D

風花(2001年)相米慎二監督の遺作になった映画。

やっと、リアルに大友さんの出来立てほやほやのサントラを聴ける!なんて当時思いながら映画館へ足を運んだものです。

D

魚喃キリコの漫画が原作となった映画「blue」。この曲が大好きで大好きで…もう何度聴いたか分かりません。切ない感じが本当に好き。

「blue band」として何度かライブをされていたので、もちろん観に行きました。

大友さんが物販を自らしていたのでその時にCDを購入し「ファンです…。」とサインを貰い、話しかけたら凄くびっくりされて「…俺のファンは野郎ばっかなんだけどな〜女の子に言われることなんて無いよ!」と仰られ。

D

確かに、これをかっこいいと思って聴く人って少数だったのかもしれない…そんな気はする、悲しいけれど。

当時の大友さん、世間ではバリバリアヴァンギャルドターンテーブル、ギターリストで知られる方。私が野郎みたいな音楽の趣味なのです…と、ちょっと思ったり。そんなやりとりがあったことは凄くいい思い出です。

D

アイデン&ティティ」は大友さんに声をかけてもらって夫が初めて映画音楽に参加した作品。好きな映画です。

その後「東京島」「鈴木先生」でも誘って頂きサックスで参加しているという、不思議なご縁を個人的に感じたりもしていて。

大友さんのライブを観に行った時に初めて夫と会場で出会うきっかけになったり。

鈴木先生」のレコーディング中に3・11の震災が起きて、たまたま近くに居た私もスタジオにかくまってもらうことがあったりと、大友さんは何かと私の人生の節目のキーパーソンだったりもします。

不思議なご縁、こういうことあるんですよね。

とにかくあまちゃんでお忙しそうな大友さん、朝ドラ用にまだまだ書き続けてらっしゃるようだし、他のプロジェクトも積極的にされているしでお忙しそうではありますが、よりいっそう沢山の人に大友さんの存在が知れ渡っていることが本当に嬉しいことです!

あまちゃんクドカンの脚本が最高だし、9月で終わっちゃうなんて今から悲しい。。。

最後までしっかり見届けようと思います!

2013-06-27

[]「大友良英サウンドトラックス」@新宿PITINN

連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック

大友良英サウンドトラックス」として『あまちゃん』の劇伴参加メンバーを中心に大友の手による映画やテレビドラマのサントラを演奏。

【MEMBERS】

大友良英(G)今込 治(Tb)大口俊輔(Acc)近藤達郎(Key、Har)江藤直子(P)かわいしのぶ(B)芳垣安洋Ds

うわ!これは観に行かないと…!と、私にとっては絶対のライブだったので観に行ってきました。

今、「あまちゃん」は本当にヒットしていますね。毎日楽しみです!

D

潮騒のメモリー。この曲は大友さんは携わってないのかな〜歌謡曲だしなんて思っていたら…携わっていたことがこの日発覚。

過去のサントラ音楽を演奏する合間に、あまちゃんの音楽を演奏し、楽しい時間はあっという間で、ライブのアンコールで「潮騒のメモリー」っていう曲をやります!と…

会場がざわめき!

大友さん「ゲストボーカルに、キョンキョン能年ちゃんも橋本愛ちゃんも来ませんから」

会場ざわざわ。まさか、大友さんが歌うのかな?と思いきや…


大友さん「「潮騒のメモリー」の作曲者でもあるSachiko Mが歌います、どうぞ〜」

えええええ!

こ、これは事件です。アヴァンギャルド音楽界にありえない…ことが起きている訳なんですよ…。

というのも、Sachiko Mといえば「サインウェーブ」の演奏者。

(下の動画をご覧下さい)

D

大友さん×ジムオルーク×Sachiko M

この、サインウェーブを演奏している長髪のかっこいい女性がSachiko M

この方が「潮騒のメモリー」を作り、そして振り付きで目の前でのりのりで歌ってるよ…!?というギャップ。

ちょうどあまちゃんお座敷列車の回が終わった直後のライブだったのですが、この音楽シーンの方々のリリースを楽しみにずっと聴いて来た私にとっては、さちこさんがマイクを取って歌う姿を見るのは、お座敷列車に乗る以上の特別感があって…すごく楽しかったです!

アングラシーンでかっこいい音楽を作っている人達が、NHK朝ドラという表の世界で、

ブレイクぶりを見せているこの感じが凄く爽快!

普段、分かる人にしか分からない(奥の深い、とでも表現しておきましょうか)音楽を作り出しているだけに、機会さえあればこんなに大勢の人の心を鷲掴みにしてしまう…。


センスが素晴らしい人が作る歌謡曲は特に良く出来ているような気がして、普段聞くアイドルの音楽よりも耳に残る気がしてしまうのです…。

私の音楽遍歴もかなり関係し、毎日あまちゃんで大友さんチームの奏でる音楽が聴けて本当に嬉しい!

D

ちなみに…。

「暦の上ではディッセンバー」

作曲

サビのメロディ=大友良英

AメロとBメロ= Sachiko M

イントロと間奏のメロディ=江藤直子

リズム・バックトラック=高井康生

4人でバンドでもやるように作りました。とのこと…凄い!



実は昔から大友さんの劇伴ものが好きで聞いていました。

そんな話は、長くなるのでまた次の記事に綴るとします…!

気合いの入ったマニアックな話になりそうです。良かったらお付き合いくださいね♪

2013-06-25

[]ホテルニュートーキョー「YES?」

D

ホテルニュートーキョーの新譜が最高に今っぽい。

かっこいいです!

ついにホテニューの波が来たな!って感じの良さがあります。今回のアルバム。

ドライブとか、お家でBGMでも楽しい。是非聞いてみて下さいね♪

yes? [ROSE-153]

yes? [ROSE-153]

2013-05-08

[]RHYE「WOMAN」

Woman

最近よく聴いている音楽は「RHYE」の「WOMAN」タワレコの試聴機で良いな〜と久しぶりに買った一枚。

ストリングス、ホーンも入って静かに美しい。ヴォーカルは女性と思っていたのですが男性だそう。凄く美しい。

カナダ出身のシンガー/プロデューサーであるマイク・ミロシュと、デンマーク出身のエレクトロ系のプロデューサー/アレンジャー/ミュージシャンであるロビンハンニバル・ブラウンによる2人組。

BGMにもぴったり。おススメです。

D

D

MVに関しては、ちょっと意外でした。

というのも少し日本のカラオケの動画みたいだ…と思えるところも(男女が楽しそうにじゃれるとか)意外でちょっと面白いなと思ったところもあったのでご紹介。。。。ということで、良かったら見てみて下さい。

2013-05-04

[][]miceparadeのライブへ

f:id:Bijim:20130616234846j:image

miceparadeが来日するらしい、というのを公演直前に知り、しかも棚ぼた的にライブを観る事が出来て、わくわくした気持ちでライブが始まる前の時間帯に久しぶりに恵比寿をふらり。

かわいいアイスクリーム屋さん、いやこれはよく見るとソフトクリーム屋さん!

ソフトクリーム専門って珍しい…。

f:id:Bijim:20130616234839j:image

これは食べずにいられない♪

夏みかんとアーモンド、バルサミコ酢がトッピングというめずらしいソフトクリーム。

とっても美味しかったです。お店の名前をメモし忘れましたが…。旧山手通りにありましたよ。

さて、ライブは昔から大好きなバンドのmiceparade正直、最近の活動は全然注目していなかったのですが…

昨年アルバムもリリースしており、知らぬ間にごめん…アダム…。と勝手に内心謝りながら、会場でCDを購入。

ライブは良かったです!以前とメンバーも楽器の構成も変わっていて、雰囲気は変わったものの。

アダムのセンスの良さは健在で、シャツ姿にカホーンを激しく演奏しながらも歌う姿に惚れ直してしまいました。

あ〜だめですね、自分の好きなバンドくらいは常にチェックしてなくちゃ。というか、そういうバンドが多過ぎて追えないのも事実…。

2013-05-02

[][]「SAINT LAURENT MUSIC PROJECT」

トレンチを購入してからというもの、SAINT LAURENTが気になって仕方無い。

「SAINT LAURENT MUSIC PROJECT」の広告、素敵なミュージシャンの起用。こんなにも見た目もモデルもロックでコンセプトばっちり…!かっこいいです。

f:id:Bijim:20130601144739j:image

f:id:Bijim:20130601144735j:image

f:id:Bijim:20130601144738j:image

f:id:Bijim:20130601144737j:image

Kim Gordon、Ariel Pink、Courtney Love、Marilyn Manson


f:id:Bijim:20130601233051j:image

そして同シリーズの新たな広告はDaft punk!

最高にかっこいいじゃないの、エディ!

2006年に公開されたロボットが主人公の映画「ELECTROMA」のトレーラー。

こちらはエディとダフト・パンクの初のコラボレーションで、トーマ&ギ=マニュエル(ダフト・パンク)の初映画監督作品でもあるのです。

人間になりたい!と願う2体のロボットは、エディがデザインしたディオール・オムのレザーを着用しています。

"SAINT LAURENT" Full Show Autumn Winter 2013 2014 Paris"

2013-01-09

[]EGO-WRAPPIN'@「Midnight Dejavu」

f:id:Bijim:20130120172110j:image

2012年の年末、EGO-WRAPPIN'@「Midnight Dejavu」今回も2日間見に行かせて頂き、とっても素敵でした。 D

夫が演奏に参加するようになってから7年目。個人的に感慨深いです。彼らの演奏は年々素晴らしくなっていくし、よっちゃんの歌声のパワーとパフォーマンスはとにかくあのキネマでというのが特別!

よっちゃんが結婚されたことで会場からはおめでとう〜!の声援が絶えなかった♡

f:id:Bijim:20130120171959j:image

会場のキネマ倶楽部のカーペットと足元。

f:id:Bijim:20121225002226j:image

ヘアアクセはGOUTERのクリップと「Something Else」の白いワンピ−ス。靴はシルバーのPRADA。

この日はクリスマスイブだったので、ノエルっぽさを意識してコーディネート。

キネマに続きEGO-WRAPPIN'大阪のライブへ遊びに行きました!

大阪の観光も兼ねて引き続きレポートします♪