Blackcomb (黒こんぶ) の日記 RSSフィード

  Stay Cool, Fool. Take one day at a time. Go ahead, make my day. Glory through suffering
  Everything will be okay in the end. If it's not okay it's not the end.

2018-04-07 (Sat)

[] ProBikeKit のサポートでひどい経験をした (前編)

f:id:Blackcomb:20180407210714j:image:rightご存知の方も多いとは思いますが、UK の自転車用品のオンラインストアProBikeKit というところがあります。去年の8月にこの ProBikeKit で Giro Empire ACC というロードシューズを購入しました。

f:id:Blackcomb:20170911105122j:image:w400

ところが履いて2回目でシューレースを留めるゴム紐が根元から千切れてしまったのです。このシューズはまったく同じものを愛用していたので、2代目となります。扱い方も心得ており、シューレースをゴム紐に通すときはいつも慎重にかつ丁寧に扱っていました。今までこのシューズを1年9か月使用していましたが、ゴムが切れたことは一度もありませんでした。このゴムが根元から切れたのは縫製の問題もあるかもしれませんが、それだけではなく何かゴムの劣化のように思われました。

f:id:Blackcomb:20171021163539j:image:w500

商品に付いてきた Giro の保証規定は以下のように書かれてありました。

Giro™ cycling shoes are guaranteed to be free from defects in materials and/or workmanship for a period of one (1) year from the date of purchase. Giro™ will, at its option, replace or repair defective shoes. To receive warranty service, within one year the original owner must return the shoes to an authorized Giro™ dealer along with the original sales receipt.

この規定に従って販売店に修理または交換を依頼したのが今回の「長い長い闘い」の始まりでした。以下 ProBikeKit とのサポートエージェントとの長きにわたってのやり取りと私の心の声(叫び?)です。このやり取りは一語一句そのまま記載しているわけではありませんが、内容は変な脚色なしです。途中から英語でのやり取りに切り替えましたが、ここでは便宜上日本語にしました。

日付私からProBikeKitより心の声
2017/8/29Giro Empire ACC White/Black サイズ44 注文 クーポンも使えていい買い物ができた!商品到着が楽しみだ〜
2017/9/M商品受け取り
2017/10/21シューズの結んで余ったシューレースを留めるゴムが、2回目の使用時に切れてしまった。返金ではなくGiroのWarrantyの範囲で修理または交換してほしいとリクエスト。切れてしまった個所の写真とWarrantyの文面の画像を同時に送信
2017/10/22 担当: Habura - 返事できるまで2日間お待ちしてください。遅いなぁ
2017/10/252日間待てと言われ、3日待ったけどアップデートがないので、状況はどうなっているのかを質問 約束は守ろうよ
2017/10/26 担当: Michal - もしお客様は靴ひもが地元の店舗で購入することが出来る場合、私達はその値段を返金します。靴ひもが購入されると、請求書の写真を送っていただけないでしょうか。
2017/10/26一番最初に問い合わせをした時に添付したのは写真は見ましたか?切れたのは靴紐ではありません。靴紐を結んで余った部分を留めるゴムの部分です。このシューズを知っている方なら何のことかはすぐわかると思います。靴紐は切れていないので買う必要はありません。切れたゴム紐またはシューズをGiro shoesのWarrantyに従って修理または交換して欲しいのです。返金ではなく交換または修理をして欲しいです。シューズを履いて自転車に乗れない期間が続いていますので1日でも早い回答をお願いします。 がっかり
2017/10/28 担当: Habura - 靴紐を結んで余った部分を留めるゴムの部分をよくわかるような写真一枚送っていただけませんか?先日送っていただいた写真から商品の損傷をわかることをできませんでした。
2017/10/28そもそも事象が確認できていないということなんですね... 1週間経過したけど1歩も前進していなかったとは非常に残念です。ファイルをアップロードしましたので再度確認ください。この写真でもよくわからない場合はすぐにお知らせください。別の写真を撮影してアップロードします。 待たされた挙句にそもそも事象がわからないという答えとは... orz
2017/10/30 担当: 新田 - お送りいただきました写真とともに、靴紐を結んで余った部分を留めるゴムの部分の破損について担当部署に連絡をいれております。大変恐れ入りますが、回答がはいりますまで2−3営業日ほどお待ちいただけますでしょうか?既に2〜3日待ってるので更にここから2〜3営業日かかるのか...
2017/11/2 担当: 新田 - この度お送りいただきました写真にて商品の不備を確認させていただきましたので、今回の商品に関しましては交換を行わせていただきます。下記の住所まで商品をお送りいただけますようお願い申し上げます。なお、返送いただきます際には、商品の情報として「破損商品の返品」と明記いただけますようお願い申し上げます。 また、お手数ではございますが、領収書のコピーをこちらまでお送りいただけますでしょうか?確認させていただき次第、送料を返金させていただきます。 (中略) 返送いただきました商品が弊社の倉庫に到着したことが確認出来次第、再送の手続きを行わせていただきます。「商品が弊社の倉庫に到着したことが確認出来次第、再送の手続きを行わせていただきます。」とあるけど、これは真っ赤なウソだった...
2017/11/4返送代金の領収書をカメラで撮影して、その画像をこちらからアップロードすればよいか?を確認
2017/11/6 担当: 新田 - カメラで領収書を撮影したものでOKです
2017/11/9破損したシューズをEMSで発送して、領収書の画像を送信
2017/11/10 担当: Michal - 請求書を送っていただきまして、ありがとうございます。保証チームはお客様のシューズの状況を確認して、クレームが承認されるなら、私達は送料を返金しております。請求書じゃないけど、細かい日本語ミスはいいや。クレームが承認されるならという表現も気になるけど、そこもまあ大きな問題ではないだろう。
2017/11/16Any update? トラッキング番号付きで送ったので、私が送った荷物はもう届いているはず。でも何も連絡来ない
2017/11/19 担当: Habura - 保証チームはお客様のシューズの状況をご報告しておりますが、まだ御返事をいただいて降りません。大変申し訳ございませんが、もう少々のお時間を頂きたく存じます。返事が来るまでにすでに3日待っているけど対応が遅いなぁ。11/2に「商品が弊社の倉庫に到着したことが確認出来次第、再送の手続きを行わせていただきます。」と言ったけどあれはやはりウソだったね。
2017/11/28放置されている気がします。時間がかかり過ぎていませんか??GiroのシューズはWarranty が付いているので保障されるはずです。ロードシューズがなくてバイクに乗れない期間がこれほど長く続くことに大きな不満を感じています。いつまでに解決するのか至急期限をお知らせください。そして交換品もしくは修理品を至急送ってください。もう十分待ったと思います。
2017/11/29 担当: 新田 - この度は大変お待たせして誠に申し訳ございませんでした。Giro Empire ACC Road Cycling Shoes - White/Black - EU 44/UK 9.5 [Sports Footwear] 商品に関しまして、再送の手続きが完了いたしました。後ほど、発送完了のお知らせメールをお送りいたしますので詳しい到着予定日などご確認いただければ幸いです。
2017/11/30連絡ありがとうございます。承知しました。発送メールを待ちます。 ちょっと蕎麦屋の出前っぽいけど、ようやく交換品が発送された!長かった〜
2017/12/111月9日に返送した時の領収書の写真を送りましたが、そちらの返金の件はどうなりましたでしょうか?それから、もし交換品のパッケージを受け取る際に税金がかかった場合はその領収書の写真をアップロードすれば返金されますでしょうか?
2017/12/511月29日16:38 に交換品を発送するので発送メールを待ってくださいと言われました。現在 12月5日18:43 なので146時間程経過しましたが、何のメールも届きません。さすがに我慢の限界です。こんなひどい対応を受けたのは初めてです。まだ発送していないのであればその理由をお知らせください。最初に問い合わせしたのが10月21日です。それ以来、ロードバイクのシューズがない状態でずっと我慢させられ続けている人の気持ちをもう少し考えてもらいたいです。シューズ代金以上の損害です。まずはすぐにシューズを送ってください!対応できないのであればエスカレーションして対応できる人を出してください。それから返送の領収書を送ったのですが、そちらに関してどうなりましたか?という質問も無視されています。こちらの回答もすぐにください。
2017/12/7何も返事が来ないので改めて催促 なぜ放置されているのだろう??ひどい対応だ... 日本語対応のスタッフが少ないから対応が遅いのかもしれないと思い、ここから英語に切り替えた


毎回のレスポンスも遅いが、待たされた挙句の回答がこれまたひどい。このやり取りの続きは後編につづく.....

2016-11-27 (Sun)

[] fabric リアライト FLR30

f:id:Blackcomb:20161127175157j:image:w150:right10月上旬に fabric リアライト FLR30 を購入して、使ってみた感想などを書いてみます。

fabric と言えば Scoop に代表されるサドルが代表製品ですが、ライトやツールなどもなかなか優れものです。今回のfabricのリアライトは、必要十分な明るさで防水性能が高く、シートポスト以外にも装着でき、とにかくみた目がカッコいいという贅沢な要件を満たすものを探した結果です。

明るさは、30ルーメン。私の用途ではこれで十分です。ジテツウのときは、Apidura のサドルパックを付けているためシートポストにはライトは装着できません。私はシートステーにこのライトを付けて、もう1個のリアライトはサドルパックに付けています。

防水性能はIPX5と明記されているので、雨の中を数時間走る程度ではまったく問題ないでしょう。

そして、スイッチもシンプルで本体も極めてシンプル。みた目のカッコよさはなかなかのものです。

f:id:Blackcomb:20161001205544j:image:w320 f:id:Blackcomb:20161001205659j:image:w320

このライトのユニークなところは速度に反応するというところ。点滅モードで走って、信号などで減速、停止すると、点灯モードに変わり後続に減速または停止したことを知らせます。この製品の少し後だと思いますが、CATEYEも同じような製品を出しましたね。ただ、ブレーキランプのような機能ではないので、ブレーキと厳密に連動するわけではありません。もっとゆるい感じですね。そういったセンサーが組み込まれている割りには通常のライトと変わらない価格なのは嬉しいですね。

以上、良い点を並べましたが、個人的には致命的(?)と言えなくもない問題点が1つあります。この製品はシリコンのマウント部とライト本体がカチャッと着脱できるようになっています。USB充電式なのでそれはそれで便利なのですが、この着脱が曲者でとっても外れやすいです。カチッとしっかりはめると少し引っ張ったくらいでは確かに外れませんが、割と簡単に外れてしまいます。ですから、キチンと装着されていることを慎重に何度も確認してから乗るようにしていました。ところが、5回目くらいでしょうか。自宅に到着してみるとマウントのみがシートステイに残っており、ライト本体はありませんでした。きっとガタガタしたところを走ったときに外れてしまったのでしょう。MTBではなくロードバイクです。舗装路です。1週間ほどしか使っていないのに紛失してしまいました。泣きそうです...

その点以外はとても気に入っていたので、カッとなって同じものをまた購入(高くついた... orz)。今度は瞬間接着剤で完全にマウントに固定するつもりです。ライト本体の着脱はあきらめて、充電するときはシリコンバンドごと外すことにします。knogもそうやっているので対して苦ではありません。

fabric様、このマウント部分はぜひとも改良してください。ユーザーが注意すれば外れにくくはなっているでしょうが、ユーザーに強いる部分が大き過ぎます。気を付けていてもこれでは外れてしまいます。他の人のレビューでも似たようなことが書かれているので、個体差とか私だけの問題ではなさそうです。

2015-08-17 (Mon)

[] 風張林道からの風張峠

東京屈指の劇坂峠の風張林道からの風張峠に行ってまいりました。

藤倉まではしょっちゅう行っていたのですが、そこから先は初めてです。和田峠よりキツイと聞いていたのでかなりビビッておりましたが、できることは手持ちではもっとも大きなギヤが付いたカセット12-27を装着することだけでした。

藤倉のところの手書き地図の下側にひっそりと「檜原きのこセンター 左へ3.9K」の看板が...

f:id:Blackcomb:20150816104206j:image:w270

そこからきのこセンター方面へ向かって出発。ゆるやかでのどかな道が徐々に勾配がきつくなってきます。でも大きく右へ曲がったところからが本格的な登りが始まるというのは事前にわかっていましたが、そこにたどり着く前に既にインナーローになって上半身を揺らしながら登っていました。こんなんで大丈夫だろうか (^^;;

そしてスイッチバックのごとくヘアピンカーブを右に曲がると劇坂が始まります。ここで一旦全員揃うのを待っていたけどアコちゃんは既に発射しちゃいました。

f:id:Blackcomb:20150816110259j:image:h260 f:id:Blackcomb:20150816110325j:image:h260

全員揃ったので、そこからは各自のペースで頂上を目指します。きのこセンターまでも十分キツイけど、その先もこれまたさらにしんどい坂が続きます。きのこセンターは通り過ぎただけ。地味な建物という印象しか残っていません... 当然写真を撮る余裕もなく通過。

その後、まるで酔っぱらいの千鳥足のごとく蛇行を繰り返しながら登っていきます。距離もよくわからず登っていたので、一体今どれくらい登ったのかが分からない状況だったので、精神的にもきつかった。せめてあとどれくらいで頂上なのかとかがわかると少しは違ったかもとか思ったりもしましたが、結局あれだけ勾配の厳しい坂が続くのであれば結局いっしょかも知れません... ガードレールがなく景色がぱっと開ける区間は絶景でしたね。

f:id:Blackcomb:20150816120534j:image:w280 f:id:Blackcomb:20150816120258j:image:w280

f:id:Blackcomb:20150816120224j:image:w280 f:id:Blackcomb:20150816115339j:image:w280

でもそこからもまだもうちょっと坂は続きました。しばらくすると、オートバイのエンジン音が聞こえてきたので、奥多摩周遊道路が近いことがわかり、ゴールもさほど遠くないなというのがわかりました。シッティングで圧倒的なパワーで登るアコちゃんを射程距離に捕えて、ゴール手前50mくらいで追い越せるかなと思って追走。もう少しで追いつくというところで左脚がぴきっと攣りました orz 今度リベンジしなきゃいかんな。

f:id:Blackcomb:20150816114746j:image:w280 f:id:Blackcomb:20150816114355j:image:w280

ちなみに坂の写真は、すべて一旦登頂した後に徒歩で下って撮ったものですので、後半のものしか写っていません。

鋭角の右カーブの劇坂区間開始から頂上までは約3.7kmで獲得標高514m、平均斜度13.8%でした。1kmで139m登る計算になりますね。

どうにか無事足をつかずに登頂したけど、私の貧脚では 39-27 のギヤの組み合わせでは足りませんでした。滅多に使わないと思うけどいざというときのためにもうちょっと大きいカセット買おうかなと考えてしまいました。

f:id:Blackcomb:20150816140004j:image:h280:rightその後は都民の森で休憩してからダウンヒル。下りの途中、こけしが目印のかんづくりでお蕎麦ランチ。建物は味があっていいのだが、値段の割には蕎麦の量が少ない。大盛りを注文すると、そばの量に限りがあるのでできませんと断られたかと思うと600円の追加そばなら大丈夫という意味不明な感じ。しかもお勘定は別々の支払いは拒否された。たぶんもう行くことはないかも。

ダウンヒルで役場まではギヤをかけて踏みまくったので、くたくた。帰路の多摩サイを走っていると遠方に真黒な雲が立ち込めていた。雨が降る前に帰宅してハリーの散歩に行かなきゃと頑張ったけど、ラスト3kmで土砂降り。あっという間にシューズの中までぐっちょりでなんとか帰宅。

えぐい峠だったけど、とてもよい練習になりました。お付き合いいただいた皆様、お疲れ様 & ありがとうございました!

  • Distance: 126.12 km
  • Avg Speed: 24.1 km/h
  • Elevation Gain: 1,551 m
  • Normalized Power (NP): 173 W
  • Training Stress Score (TSS): 277.3
  • Avg Bike Cadence: 76 rpm

2013-02-16 (Sat)

[] 猿ケ島〜湘南平〜逗子〜境川

ゆうきとひろしと7時に待ち合わせて猿ケ島に向けて出発。氷点下?と思うほどの寒さだったけど、この3人で走るのってなんだか久しぶりだなぁなんてことをゆっくり考える暇を与えられず、2人がやけに調子いい。

風は強いけど、とちゅからは追い風区間もそれなりにあってちょっと気持ちいい。それの意味するところは行はよいよい帰りは恐い、なんですけどね...

猿ケ島の少し手前で O15さん合流。猿ケ島に久しぶりに来たけど、圏央道はかなりできていましたね。でも土曜日のせいかいつもより少し工事関係?の車両が多いけど、周回コースは健全でひと安心。今年は会社の自転車部で東京エンデューロにエントリしたので、3月上旬にでも1度みんなで練習に来よう。ここはいつも向かい風区間と追い風区間があるけど、今日の向かい風はひどかった。パワーのない私はもう全然進みません。今日はもともとくるくるする予定ではなかったので2周で切り上げて、湘南平に向かって南下。相模川沿いの高速ローテはやはり今日も避けられませんでした。もう既に脚パン。

湘南平を登ったのは実は初めて。短いけど結構斜度もあって予想以上にきつかった。恐らく6分ちょいで登ったと思うんだけど、後で Strava を見ると 7:33。頂上付近でひと安心してくるくるしてたのがいけなかったのかな。真相は不明だけどちょっとショック orz

今日は、この辺りはずっと曇っていて風も強くて寒くて残念な天気。せっかく景色のいい湘南平に来たのに残念。でも辛うじて富士山の辺りだけは雲がなく、ぎりぎり拝むことができました。

f:id:Blackcomb:20130216204255j:image:h320 f:id:Blackcomb:20130216204256j:image:h320

湘南平と言えばカップルの南京錠。カップルたちは永遠に結ばれたのでしょうか。:-)

f:id:Blackcomb:20130216204257j:image:w300

その後 R134 をひろしが軽快にひいて、そのまま逗子のゆうき食堂で少し早目のランチ。三崎口へ行くのは風が強いのでキャンセルして、境川経由で帰路へ。ところがここからが地獄の始まりでした。

境川CRに入ると、言い換えると周りに何もないような場所で進路を北に向かって走り始めると、物凄い北風の向かい風との戦いが始まりました。私はど平坦でもアウターローで走ったし、ひろしは途中でインナーに落としてたし、3人で全力でローテしても時速 20-25km/h で走るのがやっと。脚が悲鳴を上げっぱなし。町田に入って進路が変わって少しましにはなったものの、もうその時点では脚が消耗しきっており、かな〜りへろへろ。挙句の果てに鎌倉街道の多摩卸売市場に向かう登りの終点でハムストリングが攣ってしまった。こんな攣り方するのは珍しいのでかなり弱っていた証拠ですね。

今年は全然乗れていなかったので、久しぶりの 100km 越えでみんなと走れたのは楽しかったけど、風がきつ過ぎた。200km 走るより峠をいくつも超えるよりよっぽどしんどいど平坦強風北風ライドでした。

  • Distance: 145.73 km
  • Time: 5:30:46
  • Avg Speed: 26.4 km/h
  • Elevation Gain: 882 m
  • Avg HR: 140 bpm
  • Normalized Power (NP): 209 W
  • Work: 3,622 kJ
  • Avg Bike Cadence: 90 rpm

2012-10-08 (Mon)

[] 藤倉〜小河内峠

6:00 是政橋待ち合わせ。5分程前に到着。すっかり日の出が遅くなりましたね。

f:id:Blackcomb:20121008194824j:image:w300

と思ったらひろしが待ち合わせ場所を関戸橋と間違えたらしいので、さくっと移動。多摩サイ〜睦橋通りはいつものコース。今日はトレラン応援メンバーと 7:30 に五日市駅で合流するとのことだけど、トレランに出ている Tさんのゴールはもう少し後だということなので、先に藤倉に行ってから戻ってくることに。

藤倉までは、まったくと言っていいほど車が走っておらず舗装路も綺麗でとても走りやすかった。緩斜面とアップダウンを繰り返して進むけど、結局藤倉までは峠のような登りはなく到着。これなら登りが苦手な人にも問題なく走れるコースですね。↓の写真は藤倉で見た手書きの地図看板なんですが、「除毛」っていう地名があるというのにびっくり。サイクリストはそういう方が多いだけにちょっとウケたw

f:id:Blackcomb:20121008082939j:image:w270 f:id:Blackcomb:20121008084023j:image:w270

せっかくなのでまずは雨乞いの滝方面へ登ります。ここもそんなに大した登りじゃないし、川沿いを走ってとても涼しげな感じですね。ただ、この道に限っては暴走(?)トラックが走っているので注意が必要。突き当りまで行くと雨乞いの滝の看板があったけど、そこからさらに3分程歩くようです。今日はクリートカバーを持っていなかったので、また次回の楽しみにとっておこう。この辺りはこんな感じの風景でとってものどかですね。

ここで、サイコンが動いていないことに気づきました。せっかくここまで登ったのに... 五日市駅でコースをロードした後に一回ハングして、リセットをかけたんですが、どうやらそのときにスタートを押さなければならなかったのを忘れてしまったようです。がっくり orz

f:id:Blackcomb:20121008194830j:image:w270 f:id:Blackcomb:20121008194825j:image:h250 f:id:Blackcomb:20121008194826j:image:h250

一旦下ってから次は小河内峠方面へ。穴ぼこのなかなの斜度の坂が続きます。距離は短いけどせっかくなのでここはぜひ登っておきたいところ。先週の梅ノ木峠に比べれば斜度も大したことはないですね。しかし、今日はひろしが終始いいペースで走ってたなぁ。TTバイク + Zipp 404 ということもあったんだろうけど調子は結構よさそうだった。それに比べて私はひーこらひーこらで着き切れしそうになりながら着いていくのがやっとという走り。今日はペダリングも駄目だった気がする。

f:id:Blackcomb:20121008194827j:image:h220:leftその後一気にトレイルのゴール地点の市役所・小学校(?)まで戻って、トレイル応援部隊と合流。ここでマラソン部の方々とだべったりしながら大休憩。ここで2人合流して復路は4人でまったりと。

途中、以前から一度立ち寄ってみたかった「一丁庵」で小休止。3種類の豆腐、おからドーナツ、豆腐のお菓子などなど沢山試食させてもらった後におからドーナツと豆乳ソフト(ブドウミックス)を買って、テラス席でみんなでモグモグ。この店はいいですね。これからこっち方面に来る時の私の定番休憩ポイント確定です。(^-^)/