Hatena::ブログ(Diary)

ぼちぼち日記 RSSフィード

Jiemamy Project
 | 

2009-03-07

第2回Wicket勉強会に参加してきますたw

| 第2回Wicket勉強会に参加してきますたwを含むブックマーク 第2回Wicket勉強会に参加してきますたwのブックマークコメント

404 Not Foundに参加してきますた


主催のid:t_yanoさん、幹事のid:Yamashiro0217さん、会場を提供頂いたGREEのいちいさん、

参加された皆様お疲れ様でした。

また、80名という人数が入れる会議室をご提供頂いた株式会社GREEさん

本当に有り難う御座いました。


GREEパネェ


ちゅうことで勉強会の内容とせんえつながら私の感想をまじえまとめます。

はじめにおことわりしておきますと勉強会に慣れたのか一番前に席を陣取り

id:bose999さん、id:cactusmanさん、id:Yoshioriさん達

java-jaクラスタの間にちゃっかり座ってました^^;

聞いて理解することに徹していたこともあり、メモ部分はかなぁり薄いですが

勉強会ではこいぃ〜いWicketの世界を楽しめました^^

2009/03/06 wicket-ja勉強会 At GREE

プレゼンテーション

1.id:Yoshioriさん:AjaxComponent

  ・Gxpすごい!!

   http://gxp.co.jp/

   グロースエクスパートナーズ株式会社:Growth xPartners

  ・ソース嫁

  なぁんて冷たいことはなく、ちゃんとソースをもとに

  AjaxComponentの使い方とJacvaScriptをどこに記述すると

  どう稼動するのかとか詳しく説明されました。

  JavaScriptに依存することなくJavaWicketで実装するのに

  カッコよさを感じました^^

  それよりなにより初の生Yoshioriさんスピーカーをお聞きし

  すごく分かりやすい説明で聞き入ってしまいメモするのも忘れていました><

  Java=カッコゆすを改めて認識致しました^^

  提示されたサンプルソースは今度Blogで公開されるとか

  超楽しみにしておりますwww

2.たけうちさん:Wicketを使った開発

  ・SPEEDA

   金融系の会社さんのプロダクト

  ・Ajaxでいろいろとやるようなアプリ

  ・デザイナ指向とコンポーネント指向を混同しない

  ・縦横スクロールグリッド

    GridPanelを作成された

    公開時期:考えている

  ・プログレスバー

    内部でスレッドと通信してバーの伸び率を指定できる

    ProgresDialogを作成された

  ・他にもサンプル各種

  第一回でもお話されていた方と覚えております。

  本当にいろいろと便利そうなサンプルを作られてて

  縦横スクロールもOSS化されるとか

  超期待しています><

LT

3.Yuroyoroさん:Wickext

  資料:http://www.slideshare.net/yuroyoro/20090306-wicket2

  ・WicketJQuery

  ・JavaScriptのソースを生成される

    http://wickext-sample.yuroyoro.staxapps.net/

  ・バージョン0.9

    http://www.wickext.com

  前回懇親会で目の前にいらっしゃったかと覚えておりますが、

  java-jaでいろいろとされているということで

  実はネットストークというか結構気になって見させていただいておりました。

  これからも情報収集させて頂きます^^

4.akrさん:src/main/webapp

  ・htmlファイルとjavaファイルが混在している

    分離

      addResourceFolder

      ResourceStramLocator

      ※MLで検索するとでてくる

  ・オフラインで確認ができない

    オフラインhtmlからの相対パス

    オンライン:コンテキストルートからの相対パス

    解決:webapp直下に置く

    フィルタセキュリティを守る

5.id:kishiさん:WicketアプリケーションをWebで公開する前にやっておく3つのこと

  こうなるの中の人

  1.エラーページを変更する

    PageExpiredErrorPage

    方法1:ExpiredPageを継承したHTMLを変更

    方法2:WebPageクラスを継承したPageクラスを作成

  2.robots.txt

    Webサービスを公開するにあたりクローラがアクセスしまくりなので

    robots.txtを作成した

    各社のクローラでは無視するものもある

  3.jsessionid

    Tomcatに初アクセス時にURLについてくる

6.id:nagaseyasuhitoさん

  ・Gxpさんすごい!!

  ・日本語が表示されない

    setEscapeModelStrings(boolean)

  ・value="0"

    KDDI端末のブラウザチェックボックスが0となってしまう

  ・RFC違反なメールアドレス

    バリデータを変える

  ・電話番号をリンクにする

    SmartLinkMultiLineLabel

      URLメールアドレスなどをリンクにしてくれるラベル

      これを継承すると電話番号でリンクにさせられる

  ・getパラメータ

    onComponentTag()を継承して

    actionの末尾に付加できる

  ・http://www.crazy-angel.com/i/index.htm


7.加納さん:自社フレームワークへのWeicket適用事例のご紹介

  関電システムソリューションズ 株式会社

  ・学習コストをWicketにかけた

  ・DBまわりはSQLを主体とした開発

  ・DIコンテナも見送り

  ⇒Wicket+iButis

  ・トランザクションにはCGLIBを利用

  ・採用するうえでの課題

    ・不安感?

  ・既存部品のコンポーネント

8.bose999さん:Wicket+EJB3onJBoss

  ・J2EE準拠のJBossをお勧め

  ・現在5.0.1

  ・http://www26.atwiki.jp/memotech/pages/84.html

    こっち嫁

  ・S2ConWhiteで詳細に説明します^^


とまぁ勉強会は、終わり『懇親会に行かれる方は4列に並んでwww』って

ほぼ全員並んで会費を集められて会場に向かいました^^


懇親会では、前回同様喫煙者席を設けられていたので

地豆のshin1ogawaさん、昨年までお仕事でご一緒していたid:yuki_maroさんの

近くに座らせていただき、Wicketをメインにいろいろとお話させて頂きました。


隣に座られた方のWicketで10万アクセス/hをサーバー8台で

余裕でまわされたとかっていうお話を聞く限りWicketパネェ


第一回で大学の技師さんで学内のシステムを学生と一緒にWicketで作られていたという

あの大学の学生さんにお会いできましたw

やはり、勉強しやすさはあるとのことでかなりきになりました。

また、彼が『無名クラスを教えるには・・・敷居高くねぇ』

とかってお話がでましたが、私の考えでは、確かに敷居は高いけど

理解させて作らせるのか、そういうもので作らせるかで理解レベルを調整すればいいのではと思っています。

Java弱者ですみません。スミマセン。。。


その後、席を移動していろいろとお話をさせて頂き、

第一回に続き今回もいろいろと刺激を受けることができました。

いやぁ楽しかったです^^


終電の時間があっという間にきてしまいかえっちゃいましたが、

帰り際、世界のやんやんこと矢野先生に次も必ず参加します!!と挨拶がてら言ってみたら

『5,6月には!!』

って皆さん楽しみにしておきましょうwwww


最後に、java-jaクラスタの方々は、どうみても帰りそうな雰囲気ではなかったです><

今度懐具合と時間があえば、そういった場でいろんなお話を聞いてみたいなぁっと

※翌日のことを考えずに。。。

gishi_yamagishi_yama 2009/03/11 09:03 初めてコメントさせていただきます。技師です。
この度は本学の後輩達がお世話になりました。
無名クラスは、昨年は「とにかくこう書けばいいんだよ!」的に教えましたが、
今年は実験的に、無名クラス自体の説明や簡単な実習を挟んで、少しレベルを上げてみました。
昨年と今年で何か明確な違いが見えるといいんですが、意外とすんなり理解する学生もおり、仰るとおり、やはり学生に併せて教え方を使い分けるしかないのかなあと思います。
……教育機関の本音としては、しっかり理解した学生を育てなきゃなあと思うのですが;;

BlackyManBlackyMan 2009/03/11 09:23 > gishi_yamaさん

 コメント頂き有り難う御座ます。
 勝手ながら内容で書かせて頂いたのに
 コメント頂き、本当にうれしく思います^^

 Webアプリーケーションを主として開発してきた私自身に
 とって実は理解しづらかったので御校の学生さんから
 質問された時に確かにネっと思っておりました。

 理解すること、できること、作れることって実はレイアが違い
 学生さんがどういう状況なのかも難しいところですよね。
 私達システム会社でいえば、新入社員の育成の部分と
 かなりシンクしますし、また機会があればいろいろとお話してみたいものです

 いろいろと大変とは思いますが、これからもご活躍を期待しておりますwww

 |