Blue-Periodさんの日記 このページをアンテナに追加 Twitter

2009-09-09 りんこ「あのさ…… 手、繋ぎたいとか 考え中?」

[]三浦半島+ラブプラス

2009年09月04日金曜日

淀橋Cameraでラブプラスを購入した。

店頭には並んでいなかったので、レジにて口頭で、伝えた。「ラブプラスをください」と。

「こちらでよろしかったでしょうか」と淀橋Cameraの店員は言う。

「はい」と俺は不機嫌そうに応える。

Googleで画像検索を行うとこんな画像が目に飛び込んでくる。

これまでの恋愛シミュレーションゲーム(笑)のように、女の子を口説き落とすことが目的のゲームではなく、

むしろ黙っていてもズンズン迫り来るところの美少女たちとどうやって遊んでいくか、それがメインである、という。

もう、女の子とつきあうために媚びへつらうのは御免だ

彼女の気持ちを読み取るマンに徹してあれやこれや

それでいて正しく読み取れるわけでもなくdisられ放題

そんな駆け引きごっこなんてリアルとメールだけで充分←!?

使いたくもないアゲアゲ絵文字upなんぞ使っている俺の屈辱感覚などつゆ知らずに

天衣無縫に振舞う彼女を崇める自分なんてすべて偽善

ゲームの中では自分の好きなように振舞わせてもらう

好きなように振舞ってなお、ズンズン迫りくる女の子たち

それがこのゲームのルールである、と認識した。

帰宅して、ワイシャツを脱ぎ捨て、パンツを履き替えると、俺はすぐさまビニールの封を破りにかかる、だろうか。かからない。

プライオリティが低いことに気づく。

買った者として、それを「所詮ゲーム」として軽んずる気持ちはないのだが、しかし事実として、ラブプラスは手元にあり、

この日を逃したらもう会えないかもしれないような、

下手なことを言えば関係がこじれてしまって二度と取り返しがつかなくなるような、そんな制約がないのだから、

いくらでも楽しみを順延できる点にまず、リアルとの相違がある、と気づく。

今日は疲れた。話をしたい気分ではない。今日は帰ってくれ、そんな気持ちで棚の上に封を開けないままのラブプラスを放り投げると、

俺は元来の休日の計画、三浦半島チャリンコ周遊の準備にとりかかる。

 

2009年09月05日土曜日

ラブプラスは放り投げられたまま、なにも言わず、しかし自分の前から永遠に立ち去ってしまうこともなく、またその可能性を示唆することもなく、あるいは他の誰かにちょっかいを出される不安もなく、またその可能性をほのめかすこともなく、不機嫌にもならず、かまってくれとも言わず、突然ブログを消すこともなく、そのまま棚の上に置かれていた。

ネットでは、いくらかの人々がラブプラスの感想文を書き始めていた。

しかしぜんぜん関係ない。他の誰かが誰になにをしようとも、俺のラブプラスは棚の上に置かれている。

彼らとはぜんぜん関係がない。

放置したまま、掃除・洗濯・クリーニング・朝飯・昼飯・夕飯・晩飯・夜飯・夜食・自転車整備・ブクマなどをしつつ、土曜日は終了した。

所詮ゲーム。気遣う必要のないラブプラスは、結局のところ、俺になんの不安ももたらさない代わりになんの喜びも与え得ないのではないか、という気がした。

自分は、ただなにもすることがなくて暇をつぶしたいと思ったタイミングでだけ関わればいい、そう思った。

まるでファッション☆ヘルスみたいに。

そこにコミュニケーションなどないし、感動もない。あるのはただ、性的なるもの、45分9000円時間内発射無制限。それだけ。

Google画像検索にかかる映像もまた、それを示している、そう思った。

 

2009年09月06日日曜日

昼過ぎに横浜曙町ファッション☆ヘルス街をスタート。

20090906t01

坂路を避けて海辺へ行くには根岸を避けて本牧を、と思っていたが、吉野町経由の運河ルートがあった。運河沿いに海岸へ出ると右折、そのまま金沢八景を経由して横須賀方面へ向かう。適当に日曜の午後だけを使って周れるルートとして、三浦半島を周遊することにした。サイクルジャージの背中ポケット中央には、ラブプラスをセットした任天堂DSLiteが入っていた。彼女が勝手についてきたわけではない。自分が連れ出したのだ。

 

20090906t33

ロードバイクに乗り出して3ヶ月目に入っている。一人で乗るのには慣れてる。もともと単独行動。しかし背中にかすかな気配を感じる。まだカートリッジをセットしてから一度も電源を入れていないラブプラスが、(ねえなぜ黙っているの?)とささやく。気のせいだ。100均仕様のマップケースに入れた地図を見ながら快調に飛ばす。

 

20090906t03

横須賀で飲み物休憩。シャッターを切る。いつものように。いつもと同じ。いつもと同じはずなのに、背中のポケットに入れた重量218gが気になる。所詮ゲーム。気遣う必要などない。いつものように、撮りたいものを撮る。撮れるものを撮る。好き勝手に撮る。好き勝手に生きる。それでいて背中に重量218gのぬくもり。重量218gの息遣いを、かすかに感じる。気のせい、気のせい。

 

20090906t04

撮りながら、ふと、もう8月オワタなのだなと思う。

どうしてこうなんだろう。どうして俺は毎月のように、6月オワタ。7月オワタ。8月オワタ。9月オワタ。10月オワタ。。。なのだろうか。

いつになったら俺の9月は、俺の10月は、ハジマッタナになるのだろうか。

(ねぇ今なに考えてるの?)とラブプラスがささやく。(なんでもないよ)という言葉が脳内に浮かんではキモい紫色に変色して消える。

返答不要。ラブプラス・クオリティ。

 

横須賀

20090906t05

この文章を書いているのは2009月09月08日火曜日の都内職場の昼休みだというのに、どうして顔がニヤニヤしはじめているのだろう。。。

節電のために照明がすべて落とされているから良いものの。

横須賀駅を過ぎて、黒人奥さんの運転する車をよけつつアメリカ軍基地をかすめ、

 

20090906t06

クロスバイク(笑)ばかりを売っている自転車屋(笑)を横目(笑)に見ながら、

 

20090906t07

半ばルーチンワークとしての個性なき「船の写真」を撮り(滞在時間25秒)、

 

20090906t08

うみかぜ公園のほうへ。

 

20090906t09

 

(ねぇ、怒ってるの?)

 

(怒ってなんかいないよ)

 

20090906t10

人ごみを抜けて車道に戻ると、さらに飛ばす。

ラブプラスが僕をつかむ手にギュッと力が入る。

 

観音崎

20090906t17

砂浜が見えてきた。

今週で最後かもしれないし、そうではないかもしれない夏の終わりの。

 

20090906t13

所詮、オンナなんて、

 

20090906t15

布で包んだ肉入り袋にすぎないじゃないか。

 

20090906t12

そうだ。

オトコだって同じ。

ただの肉入り袋の分際で、

メンヘルだのうつ病だの、

聞いてあきれる。

 

ラブ・プラス(笑)

 

20090906t11

リアル・ラブ・プラス

 

20090906t14

ポケットの中のラブプラス(笑)はしかし、

その肉入り袋を表現するためのゼロとイチの電気信号の集まりでしかない。

いつからこうなってしまったのか

いつからこうして、ゼロとイチだけを相手にして生きる

そういう人生に転落してしまったのか

 

20090906t16

ゼロとイチだけを相手に働く俺たち

ゼロとイチだけの指令が飛んできて

ゼロとイチだけで回答を返す

それをあざわらうかのようにリアルの鳥は見切れ、

 

20090906t19

うき輪をくぐったリアル女子からは、インビジブル

 

20090906t20

リアル・ラブ・プラス

 

20090906t21

家に帰ればネット浸け。

満員電車でドラクエ9。

ラブプラスのスイッチを入れるタイミングがないから、

三浦半島の先ッぽで、ひと気のない砂浜で、ラブプラスをやれたらいいのに、そう思っていた。

 

20090906t22

海岸を走る。ラブプラスに最適な砂浜を求めて。

 

20090906t23

しかし走れば走るほど、

 

20090906t24

そこには、リアル・ラブプラスが。

 

20090906t25

リアル・ラブ・プラス

 

20090906t26

トゥルー・ラブ・プラス

 

20090906t28

Love.

 

20090906t29

Plus.

 

20090906t30

気がつくと、丘の上へ出ていた。

岬の突端が近い。

 

20090906t65

おまいらなんか、

 

20090906t66

 

20090906t67

 く

 

20090906t69

  は

 

20090906t70

   つ

 

20090906t71

    し

 

20090906t72

     ろ

 

20090906t68

      !

 

 

20090906t31

 

 

20090906t32

 

 

20090906t34

 

 

20090906t35

城ヶ島大橋へ

 

20090906t36

城ヶ島大橋を渡りながら、自分の中で、ラブプラスへの関心が薄れていくのを感じた。

 

20090906t37

ラブとは何だろう?

プラスとは何だろう?

こうして、リアル・ラブ・プラスを目の当たりにしてメンタルヘルスを病みながら俺が考えるのは、ラブプラスが小さな218gの箱の中の出来事であってその外部に対してはなにも有効な力を持ち得ないのと比較して、リアル・ラブ・プラスの破壊力が二人の関係に留まらずに外に向けて力を放つオーラ。

オーラは空間のみならず、時間軸をも駆け巡る。

次に会う日時の約束が成った瞬間に、それまでまったくの暗闇であると思われた俺の過去に灯りが燈されすべてが照らされ今の今日のこの瞬間をつくるために不可欠な一つ一つの試練や運命や偶然を形成する要素としての存在を主張しはじめ、同時に同様まったくの漆黒、完全な暗黒であったはずの一寸先からその先の未来へ向けてまばゆい光をはなち、その可能性の一つ一つが俺の生きる指針・実行計画をつくるためのレシピとして浮かび上がる。そのおびただしい光量が、当事者たる肉の袋とそれを包む布の隙間からあふれ出て、まして海辺で半裸、覆い隠す布面積も少ないリアル・ラブ・プラスの輝きはどんな少子化対策よりも強く、目がくらみ、それを持たざる者としての俺はただひたすらに眩暈うばかり。

 

20090906t38

光を放つことなく、ただ光を浴びせられることにだけ慣れた目には、釣りをたしなむその心の余裕が、奥田民生的なるものが憎い。

 

20090906t39

俺以外全員リアル・ラブ・プラス

 

20090906t40

海辺はダメなんだ。

 

20090906t42

ここはどこだ。もうすぐ夜なのか。ラブプラスはどこでやればいいんだ。

 

20090906t43

リアル・ラブ・プラス

 

20090906t45

トゥルー・ラブ・プラス

 

20090906t46

オールユーニード・イズ・ラブ

 

20090906t49

ラブ・ウィル・キーパス・アライブ

 

20090906t48

ラブ・イズ・ブラインド

 

20090906t50

ザッツ・ザ・ウェイ・ラブ・ゴーズ

 

20090906t51

話が尽きないカップルの由比ガ浜。

右折。

 

20090906t54

やれやれ。また鎌倉か。

 

20090906t55

鶴岡八幡宮

 

20090906t56

ローソン

 

20090906t57

ラブ・ホテル

 

20090906t58

上・大岡

 

20090906t59

吉・野町

 

20090906t61

ファッション☆ヘルスの街へ戻ってきた。

 

20090906t62

メンタル・ヘルス

 

20090906t63

華隆餐館が有る限り、目の前のラーメン二郎 関内店に入ることは出来ない

 

20090906t64

そして、関内

 

 

 

三浦半島+ラブプラス

 

 

 

走行距離:約110km

平均時速:約21.5km

最高時速:約49.20km

走行時間:約5時間

※サイコンがスリープしていたり、した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ねぇ、)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(目を覚まして、)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(目、 覚めた?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

inspired by

いっそのことラブプラスで殺してくれ - ○内○外日記プラス

横須賀へ、自転車で - 日毎に敵と懶惰に戦う

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証