A Goofball

ハロプロ関係はこちら

2017-05-25

[]夜は短し、恋せよ乙女

4月の封切りを楽しみにして小説をもう一度読み返していたのだが、愛媛県では

新居浜で最初に上映され、今週になって郊外の重信シネマサンシャインで2週間の

限定上映である。


この時点で嫌な予感はしていた。

久しぶりに書くブログであまり悪口は言いたくないのだが、このアニメは原作とは

違って面白くなかった。


原因は脚本にある。

小説のとおり、素直に春夏秋冬をじっくり描写すればよかったのに、無理やり

一晩の出来事にしようとして破綻しているのだ。

100分にしなければならなかったのは、予算や時間が限られていたからだろうか。


気に入らなかったのは、

詭弁踊りが変な形に改変されていたこと

・パンツ総番長が一目惚れした女性が改変されていたこと

・ジュンパイロの入手手段が改変されていたこと

だった。


声優はがんばっていたし、作画もとてもよかったのに残念でならない。

2017-03-30

アニメけものフレンズ」に感動したので、急遽とべ動物園に行ってきた。

夕方に到着したので、子供連れの人はほとんど帰っており、動物も寝床に入っている

ものが多かった。


お目当てはもちろんサーバルちゃんである。

外に出ていなかったらがっかりだが、ラッキーなことに3頭のうち2頭が出ていた。

f:id:Boaz:20170331051340j:image:w360

サーバルちゃん?

f:id:Boaz:20170331051341j:image:w360

サーバルちゃん……

f:id:Boaz:20170331051342j:image:w360

サーバルちゃん!


この子は気性が激しいみたいで、絶えずウロウロして近くに来るとシャーッと

威嚇してきた。


もう1頭はおとなしい子だった。

f:id:Boaz:20170331051343j:image:w360

横になって寝ているので写真を撮りやすい。

f:id:Boaz:20170331051344j:image:w360

ときどき立って歩いてくれる

f:id:Boaz:20170331051345j:image:w360

ありがとう、サーバルちゃん!


こんな田舎の動物園にも「けものフレンズ」を見ているらしい人が来て、

あっ、サーバルちゃんだ、と言いながら写真を撮るのを何人か見た。

四国の動物園は全部サーバルキャットを飼育しているらしい。

さすがジャパリパークは四国ではないか、と考察された所以である。

2017-03-02

Boaz2017-03-02

[]みんなの道徳解体新書

本書は、学校が正式な教科として道徳を教えることが決まったが、そんなことを

するのは全く意味がない、ということを論証した一冊である。


私が石油王なら、自費で全国の中学生に配りたいのだが、そんなお金はないので

こうして細々と誰も読まないブログに感想を書いている。


読みやすくて論理もしっかりしているので、中学生だけでなく大人のみなさんにも

お薦めだ。


こうした道徳教育の押しつけは、いま問題になっている大阪の極右幼稚園に

つながっていくと思う。

それは極端だという意見もあると思うが、道徳教育をプッシュしている連中は

他人を思い通りに動かしたい人ばかりなので、そう考えざるを得ないのだ。


道徳を教える時間があるなら、論理的な文章の読み方・書き方とか数学や

理科をやった方がいい。

2017-03-01

Boaz2017-03-01

経産省が庁舎内のセキュリティを強化した、というニュースを耳にした。


昔、業界紙の記者見習いをしていたとき、よく旧通産省にプレスリリース

統計資料をもらいに行ったことがあったが、当時は誰でもまともな格好を

していれば入れた。


セキュリティが強化されたら、そういうこともなくなるのだろうし、そもそも

プレスリリースなどはネットに上げているのでわざわざ紙を取りに行くことも

ないのだろう。


togetterに松浦晋也さんという人のつぶやきがまとめられていたのを読んで、

なんとなく昔のことを思い出してしまった。

https://togetter.com/li/1086176



それにしても、このところ経産省に対する風当たりが強い。

日経ビジネスオンラインでは「すべる経産省」という記事が連載されているし、

朝日新聞でも安倍内閣の側近が経産省出身者で固められていると報道されている。


多くの人がモヤッとしたのは、プレミアムフライデーを流行らそうとしたこと

ではないかと思う。経産省は本気で流行ると考えたのだろうか。

なんというか、受験勉強はできるがあまり頭は良くない意識高い系くんが考えた

プランなのだが。


次のプレミアムフライデーは3月31日だそうで、年度末最終日である。

一年で最も忙しい人も多かろうというのに、誰が午後3時に退勤できるのだろう。

流行らせたいのなら、5月ぐらいからスタートさせればいいのに。



そもそも、戦後の傾斜生産方式で鉄鋼業を育成した以外で、旧通産省・現経産省の

産業政策が成功した例はあるのだろうか? 

オタク関係だとクールジャパンも経産省が関わっているが、費用と効果について

検証しているかどうか怪しい。


昔は旧大蔵省が悪者にされることが多かったが、批判の矛先は経産省に移って

きたようである。

2017-02-28

Boaz2017-02-28

[]劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-

公開10日目のレイトショーで観客は30人ぐらい。

ファンにとっては迫力ある佳作だったと思う。

私はアニメ版を全部見ていたので楽しめた。小説も読んでいる人はどうだった

のだろうか。


気になったのは、鹿賀丈史はまあいいとして、エイジ役の井上芳雄で、声優と

してはちょっと違和感があった。

神田沙也加の歌はさすがにうまかった。


ちょっとだけ細かいところに文句を言うなら、終盤のライブ会場でSAOサバイバー

襲われるところは、オーグマーを外せばいいやん、と思った。

そして、ユナとSAOのラスボスがリンクしていることは、もう少し前で明かさないと、

大混乱の会場の中で敢えてフルダイブする必然性が分からないのではないかと。

小説ではどのように描写されていたのだろうか。


オタク以外の観客を呼び込むのは難しい作品で、ロングランも厳しいと思うが、

ファンなら劇場に行って迫力ある音と映像を楽しめると思う。