Hatena::ブログ(Diary)

BritishRabbit/英国兎

2015-09-22

時は流れて。GSD5

反体制活動家の諸兄、お元気ですか。うさぎです。

以前にGetting Things Doneのツールとして、GTD style Wikiを紹介したんでしたっけ?

時は流れてFirefoxではファイルの書き込みが怪しくなり、TiddlyWikiHTML5対応になり、いろいろ生きにくい時代になりました。mGSDを使ってみたものの、入力したデータが消えてみたり。

mGSDの仕様を真似してTiddlyWikiの最新版をベースに作られたGSD5を使い始めてみましたが、どうなることやら。仕事でもDoit.imを使えればいいのですが、どうももったいない状況ではあります。

GSD5もちょっと使いやすいとは言い難く、どうにかならんもんかな。

2015-08-10

反体制活動家の同志諸君へ。うさぎ、生きてます

 反原発反体制活動家の同志諸君、ご無沙汰しております。お元気でしょうか。

 Twitterブログも年明けから急に離れて、ぽつぽつと書くだけになってしまいました。仕事のほうでもプライベートのほうでもいろいろありまして、インターネット失語症、意味のある言葉がなかなか書けない状態になっておりました。

 ゴールデンウィークは仕事の疲れで、ほぼ自宅で寝込んでいましたがお盆休みは1日半ダウンしただけで復活した感じです。国外へ逃れた活動家も多い中、少し西へ移動しただけでお茶を濁して過ごしたうさぎではありますが、ますます社会が乱れる中、反体制活動にも復帰したい。そんな思いを強くする2015年夏であります。

2014-06-06

組込み系現場と形式手法の合い間で

組込み系開発現場というのはもう、わけの分からない日本語と簡体字中国語の怒号が飛び交う、わけの分からない世界なのですが、

でもその芯には並行プログラミングがあって、そこを綺麗に安全に安く作るためにはCSPやπカリキュラスやらがどうしても必要になってくる。

それを言い出さずにUSDMだXDDPだ派生開発だとほざいてる奴らは、人足をただただつぎ込んで金をとりたいだけのヤクザであって、そんなものにはなりたくない。

どうにか100人でやっている仕事を10人で終わらせられるように組込み系開発の現場と形式手法を結びつけるというか、正面切って向かい合わせることはできないだろうか。

2014-06-01

今年のF1は面白いじゃないか

Mercedes F1のタービン、コンプレッサーの配置がとんでもないという話がようやく伝わってきました。

D

10万回転するタービン、コンプレッサーシャフトでつないで離して配置してよく動くもんですね。そしてコンパクトな水冷インタークーラーで吸気が冷えるものなのかな。

すげーなと思ったのは、他のパブリシティ用の映像、画像がぜんぶ、うそっぱちで、タービン、コンプレッサーが両方うしろにあるのを、わざわざ作っている。メルセデスでエンジンを設計したり組み立てたりしてた人、映像を見て大笑いしてたんでしょうね。そう。本気になったら、周囲を騙さなきゃいけないんですよ。奴ら、本気なんです。

いや、すげえわ。F1はこうでなくちゃ。レギュレーションで縛られて、ほかのメーカーのエンジンに冬のシーズンオフ中にエンジンを積み替えてもクルマを作れます。あ、チャンピオン取れちゃった(2009年のブラウンGP)なんていう「キットカー」のレベルじゃなくて、大メーカー、いやゲルマン民族が国家や民族の威信をかけて仕事するとこうなるという威力を見せ付けられました。

統一規格のどのメーカーもおんなじようなエンジンのレースをみたけりゃ、F3でも見てろ。

2014-05-23

もう、話せる言葉がなくなってしまった

原発事故から3年と2か月。皆様、いかがお過ごしでしょうか。

原発事故直後は必死に情報を入手して、遅ればせながら6月にガイガーカウンターを買って、どうにか海外に子供を連れて避難できないかとカナダの就職先を探したりしていたのですが、もう3年ですか。

その間、家庭内がめちゃくちゃになり、転職して愛知で1年くらい働いたりしましたがそれもうまくいかず、もう疲れた。相当疲れた。

瓦礫焼却反対の話をしていた頃は低線量被曝の英語の論文を何個か読んだりもしていました。モグメモ騒動の頃ですね。そんなこんなでパワーを使い果たしてしまった、わけではないけれど、何をやっても事態がどうにもならず、徒労感というか、なんで僕の周辺の馬鹿に引きずられてこんな生き方しなきゃいけないんだろうと思うことばかりで何も手がつきません。

相変わらず、活発なアザラシさんやらヒンズークシ君や広告屋さんには申し訳なく思います。どうも被曝忌避のためになにもできなくなってしまった。ましてや発信できる情報などない。下らないツイートを重ねるばかり。ほんま申し訳ありません。