Hatena::ブログ(Diary)

祇園のワインバー「ぶどうの蔵」のつぶやき

2011-07-28 豪雨

f:id:Budounokura:20110728064139j:image:w360:right凄い夕立でした・・・・。本日のお昼過ぎの豪雨は、一時ながらも涼を呼ぶ形になりながらも不安も感じさせられ。
なにせ出勤前の時間帯だったためシャワーをしており、丁度シャンプー中でした。激しい雷が鳴り続けておりましたので自宅は停電に。まま、夏場の停電はシャワーでも水で問題ないのですが。
ブレーカーの復旧で、直ぐに問題は解決ですが地下のセラーの動力は再稼働してあげないといけませんので確認に行きましたがまま涼しかっただけに数分の電力切れで温度変化は全く。それにしても電力の問題はセラー・ストックには非常にナイーヴに為らざる負えません。
で昨夜のシャンパーニュ
・Pommard’97 La Pousse d’Or
・Delamotto Brut Rose
中休み?そんな晩で。穏やかな展開で、月末のデスク・ワークは順調にこなされていったことは有難いですが7月ももう少し頑張りたいな!そんな気持ちもいなされる感で。
プスドールのポマール、所有者の血が変わる直前の時代ですが個人的にはこの辺りのヴィンテージの拘りたい。しかししかしですが、新たな血に変わったドメーヌも順調に評価を得ているようで近年の彼らのボトルの価格も素晴らしいもので。特に近年の’09の評価も素晴らしく熟成した同銘柄よりも大きな数字が掲げられております。超A級の造り手のイメージでは無かったのですが、将来的にも彼らプスドールももう’05までしか扱えないかもしれないな・・・・。
そんな危惧をしていても仕方ないのですが、柔らかく淡いブルゴーニュのエレガンスを体感されるこのポマールもお勧めしたい上質な1本かな。
深夜のシャンパーニュは、久々のロゼで。基本的にはブラン・ド・ブランの名手の存在ですがロゼもほのかな甘みが愛らしい優等生です。骨太なスタイルとは、一線を画す姿ですが空調は効いておりますが外の蒸し暑さを越えてお越しのゲストには涼を呼ぶシャンパーニュ

               Sommelier R.Imamura