Hatena::ブログ(Diary)

祇園のワインバー「ぶどうの蔵」のつぶやき

2017-04-15 Nocturne Rose Sec

本日のお昼間は、晴れ間覗く時間帯に 次男とお犬様のお散歩に。
少しだけ 少しだけ ゆっくり出来たような気もいたしますが 今週は 先週同様に 店舗の営業が 不甲斐なさすぎて 何とも落ち着かない日々かと。
そんな中での 子供とのお散歩は 心癒される最上の時間でもあります。
桜吹雪舞う 夏日のような時間もまた この季節の最後の芽の保養かと。それにしても 子供に関係する事件の残念さには 心痛く 親御さんのお気持ちに心より。ご冥福を。
で 昨夜の ご夫婦でのご利用は 本当に丁度1年ぶりかと
・Taittinger Nocturne Rose Sec
f:id:Budounokura:20170415185608j:image:w360:right
お電話では お二人でとのことでしたので 敢えてご確認は。お越しのマダムも ご出産からも 大分落ち着かれてかな?2歳になられたようですので 今夜は夫婦二人でのお食事後のご利用に。やり手のあのソムリエさんのイタリアンからの流れでしたが 今夜もシャンパーニュで。
桜散る今宵の シャンパーニュのロゼも まま定番かもしれませんが パッケージ的にも 素敵なボトルでもあり。
先日のセックとの比較もなされる意味合いも ソムリエ的には重要なことで こじんてきにはボトル差かもしれませんが やや白のほうが 熟成感を感じさせる味わいだったような印象です。この辺りが やはりデゴルジュの時期を記載されていないNVの銘柄の やや 気掛かりな所ですが まま全ての生産者のこの思惑は 通じないでしょうが。
淡いサクランボの要素も感じさせる 泡立ちは いずれにしてもこんなシーンが よくお似合いです。末永く このご縁もまたで。
Sommelier R.Imamura