Hatena::ブログ(Diary)

祇園のワインバー「ぶどうの蔵」のつぶやき

2017-09-12 ヴィンテージ’02

本日のお昼間は、雨の為にゆっくりと。ですが、忘れておりました 仕込みの 豚肉のスペアリブトマト煮込みを。途中の作業までは順調だったのですが トマト缶のストックが切れていたとは・・・・・。急遽、ベスパで近所まで買い出しでしたが 下駄の存在は やはり助かります。
で 昨夜の イタリア
・Il Carbonaione’02 Poggio Scalette
f:id:Budounokura:20170912185801j:image:w360:right
昨夜はグラスの晩か。
最近、失礼ながら オープン直後の 完全にリラックス・モードの段階に 扉を開けていただける 若いムッシュが。週1のような感じのお言葉ながらも さくっと グラス2杯を くいっと。しかも何時も赤の上質なアイテムをセレクトされるので こちらも可能な限りは。しかも 大抵がイタリア好みのようで。
今回は トスカーナの キャンティ・スタイルながらも 実際は上質な やや しっかりめの味わいの逸品です。
今回は、プリモパラテュームのグラーヴの’03との比較になりましたが やはり スタイルの違いはあるものの どちらも 深く 産地の個性を発揮する 2種にて。
カベルネ・ソーヴィニヨンの 収斂も 残しながらも熟れたヴィンテージの’03は 優雅で 柔らかく。
’02のトスカーナもまた しっかりながらも 果実の甘みの主張する 愛らしさも兼ね備えた 優美さかと。
来週にも 対応可能なアイテムを持ち込んでおかないと!
Sommelier R.Imamura