Hatena::ブログ(Diary)

祇園のワインバー「ぶどうの蔵」のつぶやき

2018-05-28 ニアミスなのか?

休日は、月末ですので 次男祇園町界隈の ダイレクトメールのポスティングを。もう 夏日ですので 二人で 短パン Tシャツ で ベスパに 跨り 祇園へと。観光の外人さんだらけですが 相変わらず あの ご近所のお米屋さんの 行列は 凄まじい!羨ましい限りです・・・・。
で 先週末の晩は
・Chateau Quinault L釻Enclos釻06 St Emilion
・Krug Grande Cuvee Brut
f:id:Budounokura:20180528192336j:image:w360:right
前半から お越しのムッシュは 先日の女性を 伴われて。再度の女性のリクエストは 嬉しいもので 何時もの先生は まま 変わらずです。
前回の3本は 飲み過ぎた!とのことでしたが 大抵は2本は お飲みいただけるので 今宵も?の予定でしたが。
前回回避した ボルドー サンテミリオンの 若い しっかり目の ヴィンテージ'06の シャトー キノーランクロ ですが 明らかな モカカカオの 上質な薫り高いメルローに 幾分明るい時間帯には 早いかな?ですが。
そして 賑やかな扉を開ける前から その存在が 解る かなり久々の歯医者さんです。今宵も 奥様と お初の お連れのマダムの 存在が 有難くも どうやら 先の 他の女性との 面識が 有られたようで・・・・。
片方は 気付きもせず ですが 気になられる方は もう 中々難しいもので サンテミリオンからの 2本目とは 至らぬ 月末の 後押しは 為されずで・・・・・。
そして 歯科医の こちらは これもまた 久々の クリュッグを。中々 最近は 飲む機会を 逸しておりましたが 流石の 熟れた味わいは シャンパーニュの 王の印象は 相変わらずです。滑らかな 泡の質感は 溜息ですが オールド ヴィンテージシャンパーニュとは どっちが よろしいでしょうかね?
その後は 静かで 残念でしたが 朝方の チャンピオンズ リーグの決勝は 何とも 力の差が・・・・。
Sommelier R.Imamura